FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
PC 壊れたみたいです(_ _。)・・・
修理に出しますので、しばらくブログの更新出来ません
よろしくおねがいしますゴメン(-人-;)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 

 閑散としていた店も7時に近づくと、だんだん騒がしくなってくる。マスターの動きも忙しくなってくるように見える。でも、ピアノの流れる優雅な空間は変わらない。わたしはピザを頬張りながら、真由美さんと話をする。会社の話とか男の話とかたわいも無い話。それを微笑みながらうんうんって聞いてくれる。
「おいひい。」
「今日はイタリアンのシェフなの。パスタもおいしいわ。たのんでみる?」
「もしかして、真由美さんのお話に出てくる人?」
「うん・・・」
 少し赤くなる真由美さん。本当にあんなエッチなことされてるなんて想像できないほど初々しい仕草。でもわたしみたく何もしらないって感じじゃなくて、あくまで女の色気みたいなものが満ち溢れてる。メニューを開くわたし。えっ。全部、イタリア語?英語じゃないよね。全然読めないもん。真由美さんを助けを求めるように見る。真由美さんがわたしに身体をよせてメニューを覗き込む。真由美さんの香水の香りがわたしの鼻をくすぐる。わたしのアナスィーじゃなくてもっと大人の香り。
「これはね。シーフードのクリームソースでこれはカルボナーラ・・・」
 ノースリーブから伸びる真っ白な手、そして、青いマニキュアの爪。それで、指差しながらひとつひとつ教えてくれる。どきどきするほどやさしくて艶っぽい。わたしは同姓愛なんて興味ないけど、いつのまにか真っ赤になってしまう。
「どれにする?」
「あ・・・はい・・・じゃあえびとオマール貝のやつ」
 真由美さんが、ウエイターを呼んで、イタリア語で何か言う。べつに勝負を挑んでいるわけじゃないけど、完敗って感じ。それもダブルスコアー。ルックスとかいつもは少し自信あるんだけど、すごい敗北感。それにこの上品な空間に自分がそぐわないような感じがする。ちょっと落ち込みがちなわたし。でも、真由美さんはわたしを孤独にしないように話しかける。
「思ったとおりのかわいい子・・・」
「かわいいだなんて・・・」
 照れるわたし。口に出されると照れてしまうよ。
「レスからわかるんのよ。美佳さんの性格とか・・・いろいろと・・・」
「うん。真由美さんも想像してたとおりでした。」
「わりとあわてるタイプ?」
 真由美さんがナプキンでわたしの頬を拭く。
「ソースがついてたわ。」
「あっ、ごめんなさい。」
 真由美さんの大きな瞳にわたしの顔が映る。それくらいの至近距離。なんかドキドキしてしまう。
「とれたわ。」
「あっ、ありがとうございます。」
「うぅん、せっかくの美人が台無しよ。」
 クスッってわらう真由美さん。わたしは、たぶん真っ赤になっている。
「でも、こんなかわいい子が来てるなんて、みんなびっくりするだろうなっ。」
「うん・・・・」
「今日はプレイしに来たの?」
 いたずらっぽい笑顔。うぅん、そんな覚悟してない。ただ、真由美さんに会いたいと思っただけ。
小さく首を横に振る。
「そうなの?」
「はい、ちょっと興味あってってだけです。真由美さんみたいな勇気ありません。」
「うん、いいよ。じゃあ、お話だけ。」
「ごめんなさい。」
「いつでも、飛び込めるからね。」
「うん・・・」
 潤んだ瞳を真由美さんに向ける。わたしも真由美さんみたいに、なりたい。でも、怖いっていうのもある。普通の生活に戻れないような。
「美佳さんはどういうのにドキドキする?」
「うん、たくさんの男の人に・・・・」
「うん・・・」
「見られたり・・・おもちゃにされたり・・・・」
「そういう願望があるの?」
「願望っていうか・・・わかりません。」
「そんな感じね。最初は。」
「ここのルール知ってる?」
「はい、ハプニングバーみたいに・・・」
「そう、毎日イベントがあるの。今日は何の日かしってる?」
 首を横に振る。でも、たぶん毎日すごいことしてるんだ。
「今日はね。羞恥の日なの・・・・」
「はい・・・・」
「9時になるとね。女性はみんな全裸になるの。それが今日のルール。」
 淫靡に微笑む真由美さん。こんなところで全裸になるなんて、考えただけでも恥ずかしい。
「でも、男の人は10時になるまで、わたし達の身体に指1本ふれることができないの。」
「えっ・・・」
「だから、初心者向けだと思ったの。」
「うん、でも・・・・」
 想像しただけでドキドキが止まらない。
「9時までに店を出たら大丈夫。別に強制はしないわ。まだ、考える時間はたっぷりあるわ。」
「はい・・・・」
 消え入りそうな声。頭の中でいろいろ想像してしまう。それだけで、体中の血液が下半身に集まる感じ、ジーンとしたものがわたしを襲う。
 

「あぁ・・・お○んこ・・・して・・・おねがいです・・・」
「やだな・・・」
「おねがい・・・なんでもします・・・・だから・・・」
 美奈子さんの口から信じられない言葉が飛び出している。
「なんでもするんだって・・・さっきと全然ちがうわねっ。」
 ひとみが鞭で美奈子さんの胸を軽く打つ。美奈子さんの大きな胸がブルンと揺れる。
「あぁ・・・ありがとうございます・・・もっと打って・・・あん・・・おねがいです・・・・」
 真奈美さんの顔はもうよだれと涙でグシャグシャになっている。でも、地が美人だから、それが妙になまめかしく写る。
「あぁっ・・・狂っちゃう・・・あぁん・・・お○んこして・・・アナルにも頂戴・・・」
「ふふっ・・・本当に変態ね。」
「美奈子さん・・・」
 わたしは心配そうに美奈子さんの方をを見る。その目がひとみと合ってしまう。
「どうする?楽にしてあげることはできるけど・・・」
 その意味するところはわかる。でも、陵辱に自分から身を任せるなんてできない。すぐに目を伏せてしまう。
「あぁあ・・・見殺しか・・・女の友情なんて本当に薄っぺらいものだな。」
「我慢します・・・・あっ・・・・あっ・・・・」
 美奈子さんが、わたしを見る。その優しい瞳にわたしの心が溶けていくような感じがする。となりの聡史を見ると、じっと私を見ているのがわかる。
「わ・・・わたし・・・・」
 震える声。
「あの・・・調教受けます・・・・」
「ふふ・・・美奈子の調教をみて自分も受けたくなったか?」
 マスターが私のあごを持って上に上げる。その顔を思いっきりにらみつける。
「ただ・・・条件があるの・・・・」
「何・・・奴隷のくせに。」
 ひとみが言うのを聡史がさえぎる。
「なんだ・・・言って見ろ・・・」
「あっ・・・あの・・・私を調教するの聡史だけにして欲しいの。」
「・・・・・」
 聡史がわたしの顔を覗き込む。その綺麗な瞳にわたしの顔が映る。
「お願い・・・聡史にだったらいいよ。何でも言うこときくから・・・。」
「本当に?」
 聡史の言葉にコクンと顔を縦に振る。
「なぁ・・・マスターそれでいいだろ。」
「あぁ・・・聡史の好きにしなよ・・・まぁこの人妻で十分楽しめそうだしな・・・」
 マスターの方からわたしに向き直る聡史。そして私の顔をじっと見る。普段のやさしい聡史の表情に戻った気がする。
「いいんだな・・・・」
「うん・・・・」
 聡史の唇がわたしに近づいてくる。それから、わたしの唇をいきなり塞ぐ。
「ぅぅ・・・・・」
 べつに普通のキス。舌を入れてくるとかそういうのじゃない。横から包み込むような聡史の体温を感じる。そのまま聡史の手が左胸をもみはじめる。
「ぅぅん・・・・あぁ・・・・」
 聡史の指がわたしの胸の先を転がすように。そして、その周りをやさしく揉みはじめる。聡史ってあんまり女性経験がないと思っていた。でも、そんなことない。この人・・・女性の喜ばせ方知ってる。わたしは、雅則とレイプのときくらいしか経験ないけど・・・。もっと直線的な動きだった。でも、聡史の指は繊細にわたしを包み込む。
「ああっ‥ぃゃぁっっ・・
 わたしを奏でてるみたいに、わたしの口から恥ずかしい声がでる。だんだんアソコもジンジンしてくる。
「直美・・・・我慢しないで・・・ボクに身を預けて・・・」
「あぁ・・・・」
「感じるままに自然に・・・・」
「ぅ・・・ぅん・・・・でも恥ずかしいよ・・・・」
「いいんだよ・・・・気持ちよくなっても・・・」
 やさしくわたしの耳元で囁く。そして聡史のもう一方の手はわたしのやわらかい部分に下りていく。
「んんっ・・・・・あっ・・・・」
 聡史の指がわたしの亀裂に届く。それから、ゆっくりと亀裂にそって上下する。
「うん・・・濡れてるよ・・・・」
「ぃゃ・・・・・」
 聡史の指が亀裂をはがしていく。
「ぁぁ・・・・・・」
 恥ずかしくって目を閉じる。聡史は胸をもみながら、クリットを指先で剥く。
「あっ ひっ あっ あっ・・・・」
「ここが・・・気持ちいいんだ・・・直美の声かわいいよ・・・・」
「ぅん・・・・」
 コクンって首を縦に振る。自然に身体の力が抜けて・・・聡史にすべてを預けているのに気がつく。そして、また聡史が唇を重ねる。それと同時に聡史の指がわたしのアソコに侵入する。そのまま、聡史は舌を入れてくる。もう、私は抵抗できない。聡史の舌を甘えるように吸い始める。何やってるの私・・・・。幽体離脱したような感じ。冷静なわたしと感じるわたし。その不思議な浮遊感。聡史の指の動きが早くなる。そしてその感じがだんだん大きくなっていく。もう、わたしの身体はエッチに苦痛しか感じないと思っていた。でも心の中の氷を溶かすように聡史の指と舌が動き続けた。
 

 わたしはデジャヴに見舞われる。真由美さんのお話で想像したとおりだった。
 深い赤に統一された空間。中央に丸い形のカウンターがあり、それを囲むようにボックス席が3つ並べられている。そして、4つ目のボックスのあるべきところには、小さな丸い舞台。ライトが取り囲んでいるが今は消されて薄暗い空間になっている。でも、そこにいろいろな責め具がならんでいるのがわかる。開脚台、上から垂らされた鎖、X字に組まれた木、木馬のようなもの。壁に掛かっているのは、何本もの鞭、長いものは丸く結わえて掛けてある。他にもいろいろな道具がステージの上のトレイにあり、淫靡な空間を演出していた。
「あの、MIKAさまですね。」
 男の深い声にわたしは我にかえる。
「えぇ・・・」
「真由美さんが御待ちですよ。」
「はい・・・」
 黒服の上品な中年男性の目線を追いかける。そこには、赤いチャイナドレスの女の人。わたしの方に目を向けると、ニコッと微笑む。そして、手を振る。わたしは、真由美さんの方へ歩き出す。震える脚と飛び出そうな心臓。
「あの、美佳です。」
 近くに行って真由美さんの前に立つ。真由美さんをチラッと見る。想像通り、うぅん想像以上に綺麗な人。
「はじめまして、真由美です。」
 上品にスツールから立って礼をする。わたしもあわてて頭を下げる。がさつな子に思われたかな。真由美さんの反応を確かめる。でも、真由美さんの表情は変わらないで、すごくやさしい笑顔。
「思ったとおりかわいい人。初めて会った気がしないわ。」
「はい。わたしも。」
 ちょっと緊張が解けたのかわたしも自然な笑顔を返せるようになった。
「あっ、ごめんなさい。そこに掛けて。マスターなにか作ってあげて。」
 わたしに隣のスツールを案内する。
「はい・・・・」
 バックをカウンターに置いて、真由美さんの隣に腰をかける。脚がブラブラする高さの備え付けのスツールだ。
「何にする?」
 大きな瞳でわたしの顔を覗き込む。わたしでもドキドキしてしまう。男の人を虜にしてしまうのわかるような気がする。
「あの、分からないけど、あんまお酒強くないし。」
「じゃあ、任せてくれる?ノンアルコールのカクテルがあるの。」
「うんっ・・・」
「マスターあのカクテルをお願い・・・」
「はい・・・真由美さま・・・」
 さっきの中年男性が優雅なボーズで飲み物を作り始める。いろいろな瓶に入ったカラフルな液体をシェーカーに入れて、蓋を閉めて振りはじめる。
「でも、真由美さんの文章ってすごいです。わたし、ここに初めて来た気がしないです。」
「そうなの?そういってくれると嬉しい・・・・」
「あのステージも小説に出てくるし、このカウンターも・・・」
「うん、他のところが舞台のときもあるけどここが一番多いよね。」
「でも、今日は真由美さんに会いに来ただけなの。プレイとかは・・・」
「うん、わかってる。ここでは何も強要されないの。自分が望んだことしかされないから大丈夫よ。」
「それから、今日は誰がくるんですか?」
「もしかして聖くん?」
「うん、一度会ってみたいなって・・・」
「じゃあ、呼び出しちゃおうか?」
 いたずらな笑みを浮かべる真由美さん。携帯を手に取る。
「あっ、いいです。そこまでしなくても。」
 でも、真由美さんの手はとまらない。何度か操作した後、携帯を耳にあてる。
「聖くん・・・・」
「はい・・・真由美です・・・今日来るの?」
「はい・・・会わせたい人いるの。」
「プレイはたぶん出来ないかな・・・」
「はい・・・・わかりました・・・はい・・・・」
 携帯をたたむ真由美さん。そして、わたしに微笑む。
「彼ね。本当は聖くんっていうの。今日は8時過ぎになるって・・・・」
 あっ、そんないいよ。それに会わせたい人って私のこと?顔が真っ赤になる。でも、NO1ホストって一度会ってみたい。絶対、日常では会えないもん。うん、ただそれだけ。それに10時くらいなら大丈夫だし。
「うん・・・」
「シャーリーテンプルですが、ちょっとわたしのアレンジしたものです。」
 目の前に綺麗な飲み物が置かれる。ルビーのような赤の飲みもの。わたしは照れ隠しするように少し口をつける。本当に宝石を溶かしたような甘くて上品な味。真由美さんの言うとおりアルコールは入っていない。でも、雰囲気に酔ってしまいそう。
「じゃあ、乾杯しましょう。」
 あわてて、口から離す。本当にわたしってあわてものだよ。真由美さんがクスクスわらう。
「じゃあ、素敵な出会いに・・・乾杯・・・」
 真由美さんのグラスと私のグラスは重なり合い。とてもクリスタルな音色を立てた。
 

 いきなりわたしの手が握られる…・そしてまた彼らの強い力で…括って上に架けられる。
「また、いこうとしたの?本当にバカな奴隷」
 情けない顔でひとみを見上げる。
「本当にエッチのことしか考えられないのね…」
「こんな節操をしらない奴隷は初めてだな…フフ…」
 わたしは彼らの罵声の中、うつむくことしかできない。本当はいきたい。もう、声に出していかせてって叫びたかった。でも最後の理性がそれを止まらせていた。
「まだ、ひくひくしてるじゃん。」
「やれやれ、ちょっとは我慢とかおしえなきゃな…本当に手がかかる変態だ。」
「和馬さん、いいものがありますよ。」
 マスターがバックから何か取り出す。チューブにはいった薬みたいなもの。
「媚薬ですよ。豚の繁殖用ですが…この牝豚にはちょうどいいかも…ククッ…」
 言いながら、指に薬を出す。
「ハハ・・・これは強烈だ・・・指でもヒリヒリする・・・こんなの粘膜に塗ったら・・・くるってしまうかもな・・・」
「ハハハ・・・そういうのもいいかもしれませんね・・・精神的に崩壊させて・・・売ってしまうっていうのも・・・」
 悪魔の会話・・・・そしてその指が私の身体に近づいてくる。
「とりあえず、ここでためしてみるか?」
 マスターが私の胸の先をつまんで・・・わたしの顔を覗き込む。血走った目はいつものマスターじゃないみたいに感じる。普段、冗談ばっかやってる中年男性とは同一人物とは思えない。わたしは子供がいやいやをするように顔を横にふる。
「じゃあ・・・こっちにするか?」
 指は胸からお腹伝って、下に降りていく。
「い・・・いやっ・・・」
「じゃあ・・・別のところか?アナルがいいなんて本当に変態だな・・・」
 あきれたように言うマスター。
「ちがうの・・・・ちがいます・・・・」
「じゃあ・・・どうするんだ・・・」
 媚薬なんて使ったことはない。未知のもの・・・でも・・・本当にわたしを狂わせてしまうの。そんな薬あるんだったら、女なんてみんな奴隷にされちゃうよ。そんなに効果なんてあるわけない。わたしは覚悟を決める。
「あの・・・胸に・・・・」
「胸がいいのか・・・フフ・・・・」
「はい・・・・」
 胸の先に冷たい感触・・・ゼリー状のものが塗られる。それも丸い乳首にそってすり込むように・・・。あっ・・・何これ。ヒリヒリする。そして・・・ジーンって熱くなってくる。
「あっ・・・・」
「フフフ・・・どうしたんだ・・・・」
「あっ・・・あぁ・・・・」
 身体を出来る限りねじる。胸がむずむずする。じっとしていられない。
「気持ちいいだろ・・・」
 胸の先を触って欲しい。強くねじって欲しい。そうしないとこの疼きは止められない。それも、疼きはだんだんと強くなっていく。まだ、ふだん外に出ている乳首・・・でも・・・こんなの敏感な粘膜に塗られたら。恐怖がわたしを襲う。
「気に入ったか?」
 指先でマスターが触れるか触れないかくらいの強さで胸の先を撫でる。
「あぁ・・・・あん・・・違う・・・・」
「こうしたらどうだ・・・」
 マスターが指先で胸の先を強くはじく。
「あうっ・・・はああぁぁんっ」
 身体がビクンって跳ねる。そして、わたしの半開きの唇からよだれが垂れて喉を伝う。そして・・わたしのアソコからしぶきが飛ぶ。それはおしっこなんかじゃなくて、身体の奥からでてくるもの。
「こいつ・・潮をふきやがった・・・・おもしろい奴隷だ。・・・ほらっ・・・」
 また、もっと強くはじく。
「はッ・・・・・はひィッ・・・・・・」
 また、しぶきが飛ぶ。恥ずかしい。大笑いする三人を情けない顔で見ることしかできない。
「そんなに気に入ったのか?」
あぁ・・・だめっ・・・・」
 でも、もっと刺激がほしい。もう、わたしだめっ。
「じゃあ・・・こっちにも塗ってやる。」
 また、薬を搾り出し今度はわたしの一番大事な部分に・・・そして開ききった唇に塗りつける。
「ああ、止めて! ああ、アアアッ!! い、いや・・・」
 もう、胸とは比べ物にならない。どうなるの・・・わたし・・・・身体が動ける限り狂ったように悶える。
「本当に淫乱ですね。別に調教とかいらないような気がしますね。」
 和馬がわたしを蔑むように見下げる。でも、それで許されない。マスターは薬をアナルにも塗り始めた。わたしは、最後の理性で屈しそうな自分を抑えこみ続けた。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。