FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
15
 大和さんがわたしの前にひざまづく・・・・ちょうど胸のあたりに大和さんの顔・・・それからわたしの胸をつかむ・・・・。
「形のいい胸です・・・それに乳首も色が薄くて小ぶりですね・・・・」
「あっ・・・ありがとうございます・・・・」
「でも固くなってますね・・・クスッ・・・」
 大和さんの指が胸の先のグミを絡め取る・・・縊りだされた胸・・・すごく敏感になっている。
「あはぁん・・・あん・・・・」
「こんなことされて感じてるんですね・・・・」
「あん・・・はい・・・美佳は恥ずかしいマゾなんです・・・」
「かわいいですよ・・・・」
「あん・・・・ありがとうございます・・・ご主人さま・・・・」
 大和さんは絡め取った乳首をひっぱる・・・伸びる乳首・・・はずかしい・・・でも気持ちいい・・・・。なんども引っ張っては離し・・を繰り返す。
「あぁぁ・・・ぁぁ・・・・・」
「敏感ですね・・・それにかわいい声だ・・・・」
 大和さんは・・細い紐・・・タコ糸で胸の先を縛る・・・・そのタコ糸を天井から伸びたゴムに引っ掛ける。胸の先が引っ張られる。それもすごい力で・・・もう一方にも同じことをする。
「ほら・・・ちゃんと立っていないと・・・乳首が千切れますよ・・・」
「あん・・・だめっ・・・・千切れちゃう・・・・」
「クスッ・・・でも気持ちいいでしょ・・・美佳さんは真性のマゾだから・・・・」
 大和さんの手はわたしのいちばんやわらかいところに滑っていく。そして、亀裂を剥がすように縦にこする。
「あぁぁん・・・はぅん・・・・」
 甘い声をマイクが拾う・・・そして部屋全体にわたしのエッチなあえぎが響きわたる。
「いい声をだすな・・・この奴隷は・・・」
「本当にいやらしいわ・・・・フフ・・・・」
 周りの人の声が途切れ途切れに聞こえる・・・・その羞恥が気持ちよさをエスカレートさせる・・・・。
「ほら・・・濡れてますよ・・・どうしたんです・・・ヌルヌルです・・・・」
 あきれたように大和さんが言う・・・。わたしの目の前に濡れ光る指を見せながら・・・。
「あん・・・ごめんなさい・・・感じています・・・・マゾの美佳は縛られて感じています・・・あぅん・・・」
「フフ・・・・よく言えました・・・じゃあ美佳さんのマゾの部分が感じるままにしてください・・・」
「はい・・・・・」
 大和さんの指がゆっくりと亀裂を広げる・・そして進入してくる・・・こんなの初めて・・愛撫がこんなに気持ちいい・・・アソコはビクビクビクッと痙攣してしまう・・・アソコ全体が神経になったみたい・・・・。
「う、あん・・・うふん・・・」
 甘い声がでて、腰を恥ずかしく振ってしまう・・・。そして、動くたびに変わる縄の締め付け・・・。大和さんの指の動きがだんだんスムーズになっていく。それからクチュクチュ言う音が静まり返ったホールに響くように感じる。最初は1本だった指が2本にされて、だんだん奥の膣壁を擦る。もう立ってられない・・・。膝を曲げると、胸の先が引っ張られる・・・そして縄の締め付け・・・ぎしぎしと体がきしむような気さえする。でも、快感はとまらない。
「あぁん・・・あん・・・あん・・・・」
 もう、声が止まらない。演技の声じゃなくて、マジの喘ぎだ。大和さんのもう一方の手はわたしのクリットを捕まえる。そして、剥くような動きをする。なんども滑る大和さんの指・・・・そしてわたしの一番敏感な部分を捉える。
「あぁぁぁぁぁ・・・・」
「ここが気持ちいいんですか?」
「あぁっ・・・はい・・・気持ちいい・・・です。」
「こんなふうに縛られて・・・みんなに見られて・・・美佳さんは本当に恥ずかしい人です・・・いえ奴隷ですね・・・」
「あん・・・はい・・・美佳は恥ずかしい変態です・・・・」
 大和さんの指が私の芽を強く摘む。
「はぅぅん・・・あぁぁぁ・・・・」
「そうですね・・・ほんとうに・・・だから美佳さんみたいなマゾは調教師が必要なんですよ・・・」
「はい・・・はぁ・・・はぁ・・・・」
 息遣いがあらくなっているわたし・・しゃべるのも苦しいくらい・・・・。
「ちゃんと言葉で言うんだ!美佳!」
 急に大和さんの声が乱暴になる・・・そしてクリットを摘む手にも力がはいる。そしてそのままねじるような動き。
「あぁぅ・・・・恥ずかしい・・・マゾの美佳を・・・調教してください・・・」
「フフ・・・いいでしょう・・・・」
「あん・・・ありがとうございます・・・・」
「では・・・最初に・・・わたしのことを呼んでください・・・」
「あぅん・・・大和さん・・・・」
「違いますね・・・」
 髪の毛をわしづかみにされる。そして大和さんの顔の方へわたしの顔が寄せられる。
「あぁ・・・」
「ご主人さま・・・ですよね・・・・」
「あぁん・・・ご主人さま・・・・」
「そう・・・・でも心がこもってません・・・もう一度です・・・・」
 髪の毛が抜けるくらい強く引っ張られる。それにつれてもっと食い込む縄・・・それに引っ張られる乳首・・・クリットをつねる指・・・。
「ごめんなさい・・・あぁぁ・・・ご主人さま・・・・ご主人さま・・・・あぁん・・・。」
「ハハハ・・・」
 わたしは、涙を流しながら・・・その甘美な名前を呼び続けた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

 
14
「どんなことをされたいですか・・・」
「えっ・・・・」
「美佳さんのしてほしいことを言ってください・・・」
「抱かれたい・・・大和さんに・・・」
 本当に思ったことを口にする。
「それはご褒美です。どんな責めを受けたいですか・・・」
「あぁ・・・わかんないです・・・・」
「じゃあ・・・縄・・・蝋燭・・・鞭・・・・バイブ・・・浣腸・・・・針・・・・」
「あぁっ・・鞭はいやっ・・・・浣腸も・・・他はわからない・・・」
「どれがいいんですか・・・・」
 大和さんが鞭を構える。
「じゃあ・・・縄・・・・」
「ちゃんとお願いしてください・・・」
「マゾで変態の美佳を縄で縛ってください・・・・」
「ご主人さまが抜けています・・・もう一度言ってください・・・」
「マゾで変態の美佳を縄で縛ってください・・・ご主人さま・・・」
「フフ・・・いいでしょう・・・・」
 後ろから縄を持ってくる。太い麻縄・・・・SMのサイトで見たことのあるような・・・いかにもって感じの・・・・。それを解きはじめる。そしてわたしの手を後ろで組ませ・・・手首を縛っていく・・・・生き物のように動く縄・・・手馴れた手つきだ・・・・。きついくらいの縛りかた・・・最後に締まり具合を確認する。
「きついですか?」
「ちょっとちくちくするけど・・・大丈夫です・・・」
「そうですか・・・じゃあ・・・・」
 胸の上に2本の新しい縄が当てられる。そして後ろに回っていく。あぁ・・・さっきの手首をちがうよ・・・・。そして一周してまた戻ってくる。今度は胸の下に回される。柔らかく食い込む縄・・・縄ってこんなに優しかったの・・・写真ではもっとぎりぎりまで食い込んでるのに、あんまりSMっぽくない・・・。そしてお腹にももう一度まわされる。
「どうですか・・・」
「うん・・・こんな感じなんだ・・・」
「じゃあ・・締めますよ・・・・」
「えっ・・・・」
 いきなり縄が引かれる・・・くびりだされる胸・・・・あっ・・・嘘・・・キツイ・・・。でも大和さんはもっと縄を引っ張る。
「あぁぁん・・・」
「きついですか・・・」
「きついです・・・・」
「でも・・・自分で縄を選んだんですよね・・・・」
「あぁ・・・・」
「こんなときはどういったらいいんですか?」
「あぁ・・・ありがとうございます・・・・ご主人さま・・・・」
 息苦しいくらいの締め付け・・・・。身もだえをするともっと締め付けてくる感じ・・・・。
「いえ・・どういたしまして・・・美佳さん・・・」
 大きな身体を折りたたんで礼をする。お姫さまに対するように・・・・。
「じゃあ・・・ご希望にお答えして・・・」
 足もとにかがみこむと、膝と足首に縄が巻きつけられる。どうするの・・・・。
「もっと締め付けてあげますね・・・・」
「あぁ・・はぁ・・・もう無理だよ・・きつい・・・・」
 天井から降りてくるロープに手首の縄を結びつける。そして、その縄が上に引き上げられていく・・・・。だんだんと持ち上がるわたしの身体。それはつま先立ちになるところでとまる・・・・。踵をつこうとすると縄が引き絞られる・・・・。
「それから・・・こっちも・・・・」
 左足の縄にまた天井からの縄を結びつける。パチン・・・大和さんが指で合図をおくるとその縄は上がっていく。うそ・・・そんな・・・不安定な上に片足まで上げて。でも姿勢を崩すと縄がわたしの身体中をきしむ位に締め付ける。そして、縄は腰の上あたりに足がきたところで止まる。身体は柔らかいほうだ・・・でもすこしきついくらいのところで止められる。
「嬉しいですか・・・縛られて・・・・もう何をされても抵抗できませんよ・・・」
「あぁ・・・ひどいことしないで・・・・」
 いろいろな想像をしてしまう・・・・。鞭で叩かれたり・・・あそこに他の人のものを咥えさせられたり・・・最悪の場面ばっかり想像する・・・。
「どんな想像してるんですか?マゾの美佳さん・・・」
「犯されたり・・・叩かれたり・・・・」
「えっ・・・そんなこと想像してるんですか・・・いやらしいマゾですね・・・・」
「あぁっ・・・・」
「でも・・・安心してください・・・・今度はわたしが楽しむ番です・・・・美佳さんの身体でね・・・」
「あぁ・・・やめて・・・・」
「えっ・・・よく聞こえません・・・調教してくださいですね・・・・」
 また鞭を構える。
「あっ・・・調教してください・・」
「わかりました・・・美佳さん・・・」
 にこりと微笑む大和さん。おびえたような顔で彼を見ていることしかできない。大和さんに対する服従心・・・そういったものが湧いてくるのを感じていた。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。