FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 わたしの胸は押しつぶされそうなほどに脈打つ・・・しかし、男達の視線は真ん中の若い女性に突き刺さる。その視線を感じた女性が立ち上がり、男達の真ん中に歩いていく。さっきの裕子さんとちがって、胸と秘部を隠すようにして・・・170センチはあると感じられるモデルのような細い体を折りたたむようにして・・・後ろに入り口で会った女将と呼ばれる人が付き人のように寄り添う。
「さあ、ごあいさつするのよ・・・」
「山本香織です・・・」
 小さな声。小麦色の長い脚が震えているのがわかる。
「聞こえないぞ!!」
「あっ・・・山本香織です・・・」
「すみません・・・この子はこういうの初めてですから・・・・」
 女将さんが丁寧に頭を下げる。
「でも、借金があって、どうしても短期間でお金が欲しいらしいのでここに連れてきたんです。」
「あぁ・・・・」
 香織さんは横を向いて視線を落とす。
「ほら、あなたもお願いするの・・・。ちゃんと気に入ってもらえたら、チップだってはずんでもらえるからね。」
「あぁ・・・・あの・・・よろしくお願いします・・・・」
 小さく頭を下げる。そして緊張した顔を上げる。雑誌のモデルみたいなルックス・・・メイクも若い子らしいくっきりした目元を作っている。
「まず・・身体を見せてもらおうか・・・」
「そうだな・・・」
 その言葉に女将さんが頷く。
「さっきの裕子さんみたいに頭の上で手を組むの。脚を開いてね。」
 やさしく、女将さんが言い聞かせる。
「ああっ‥」
 震えながら香織さんが言われたポーズをとる。やせているけど、胸はそんなに小さくない。わたしよりすこし小さい程度。でも形がよくお椀型で張りがある感じ。ピンク胸の先が上を向いている。それからお腹はすっきりしていて、くびれている。その下には薄いめの毛・・・楕円形に綺麗に手入れしてある。さらに下に閉じた割れ目・・・。後ろは締まったおしり・・・小さくて固い感じ。それから小麦色の細い太ももへと続いている。全体的にスタイルがいい。自分の身体が恥ずかしくなるとくらい。
「もっとちゃんと見せろ!!」
「オマンコを指で広げてみろ!!」
 たぶんこの子・・・SMは初めて・・・でも容赦ない言葉が飛ぶ。
「うっうぅ・・・・ 」
 小さく嗚咽をあげながら、香織さんは股間に手をやる。ピンクの花柄のネールアートを施した細い指。その指が亀裂の左右に添えられ中指と人差し指の間を開く。濃いピンクの肉が露出する。
「あぁ・・・・見てください・・・わたしの・・・あそこ・・・・」
 精一杯の声・・・身体ががくがくと震えている。
「みえないぞ・・・もっと開くんだ・・・」
 脚をもっとひらく香織さん・・・脚が萎えそうなくらい震えている。引きつるくらいに指で広げる。とろっとしたものが垂れてくる。香織さんの指がぬらぬらと光っている。
「感度はいいみたいだな。」
「せいぜいがんばって、金を稼ぐんだな。」
 屈辱にまみれた顔を伏せて・・・香織さんが元の場所に戻ってくる。もう、身体を隠そうともせずに・・・。大丈夫って顔で香織さんを見る。なんか、すごい連帯感を感じる。香織さんにも・・・裕子さんにも・・・。彼女達はわたしと同じような視線を返す。次はあなたよ・・・大丈夫っていうように・・・。香織さんが隣に座ると、わたしは、その視線に支えられるようにその場にゆっくりと立ち上がった。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 

 階段を上がって廊下を歩いて行く。足の裏に絨毯のざらつきを感じながら・・・。下を向いてマスターについていく。そして、ひとつの部屋の前に止まる。菖蒲・・・光る看板にそう書いてある。自分が裸でなかったら・・・ごく普通の温泉旅館・・・・。でも、その中で首輪をつけて歩くわたし・・・。その違和感がその空間を淫靡なものに感じさせる。マスターはその部屋の襖を開ける。明るい光が綺麗に並べられた10足くらいのスリッパを照らす。
 マスターについて中に入り、襖を閉める。よくあるステージのついた畳の部屋・・・向かいあうように1人用の脚のついたお盆が並べられている。その上に並べられたカラフルなお料理。その前に座る浴衣の男達がいっせいにこちらを向く。
「遅くなりました。」
「いえいえ・・・まだ始めていませんから・・・」
「この奴隷が用意に手間取りまして・・・」
 私の後ろにまわってわたしを突き出すようにする。
「ええ・・・では・・・はじめましょうか・・・・」
 入ったときからこの空間に違和感を感じていた。それは、はっきりとした物・・・そう木のステージに並べられた大掛かりな道と具たち・・・磔台・・・変な形の椅子・・・・それから座る部分の角ばっている木馬・・・・その他にも形容はできないが拷問器具だってことだけがわかる道具たち・・・・。そしてもうひとつの違和感・・・それは男達が向かい合って座っている中央・・・そこにはわたしと同じ全裸に首輪だけの裸の肉体が2つ座っていた・・・。後ろ姿だけど・・・長い髪と身体の線で女性だってことはわかる・・・。一人はちょっと肉感的で太めのボディ・・・それからもう一人は均整のとれた浅黒い身体・・若い子ってわかる。直美さんと同年代くらい・・・・。
「ほら・・・おまえも隣に座るんだ・・・・」
 マスターにお尻を押されてよろめくように中央に出るわたし。そして、全員の視線がわたしに向けられる・・・・。わたしは若い子の隣にすわる。それも彼女たちを横目でみて・・同じように正座をする。二の腕で胸を隠すように・・・足をぴったり閉じて、脚の真ん中に手を置く。
「では・・・宴をはじめます・・・」
 一番前の男が立ち上がる。そして男達の拍手・・・・。女では宴会の末席に座っているひとみだけが手を叩いている。
「では・・・まず・・・・」
 男は一番右の女性を見る。その視線を感じた女が立ち上がる。肉付きのいい女性・・・歳は35くらい・・・。熟れた身体という言葉がぴったりくるくらい。女性らしい色気を醸し出している。胸はFカップとかGカップとかいう感じ・・・。
「石本裕子です・・・・」
 落ち着いた声・・・。こんな恥ずかしいことに慣れているかのよう・・・。
「ほぅ・・・なかなかの身体だな・・・」
「ありがとうございます・・・」
 両手をアソコのあたりで組んだまま・・・頭を下げる・・・。45度くらいの角度になるまで・・・その姿勢の良さが知性を感じさせる。でも、彼女が全裸に首輪だけなのがすごく違和感を感じさせる。
「なかなか躾けられているようだな。」
 別の男が言う。その時、彼女の後ろに初老の男が立ち嬉しそうに目を細める。
「この奴隷は友人に借りてきたものです・・・」
 裕子さんは顔を上げ、横目で男を見る。
「普段は教師をやってるんだがね。かなりの淫乱で・・真性のマゾらしい。なっ・・裕子・・・。」
 彼女の表情に翳りが見える。教師ってばらされたことに対する戸惑い。やめてって言うように男を見る。
「あぁっ・・・」
「子供の前では聖職者・・・しかし・・・本性はマゾ奴隷なんだよな!!」
 裕子さんの弱点をみつけたかのように、その部分を言葉が責める。
「ほぅ・・・教師か・・・こんなにいやらしいマゾがな・・」
「やめて・・・・」
「奴隷のくせに口答えか・・・」
 ぴしっ・・・彼女のおしりに鞭が当てられる。
「きゃっ・・・・」
 片足を上げて鞭からガードする。
「まだまだだな・・・友人はこの奴隷をみなさんに躾けてほしいらしいです・・・なんでも言うことを聞くように・・・・」
「あぁ・・・」
 悲しそうな顔で、主の代理人である男を見る。
「ほら!!おまえもお願いするんだ!!」
「あっ・・・あの・・・淫乱で恥ずかしいマゾの裕子を・・・みなさんで・・・躾けてください・・・」
「お願いします!は・・・」
 また、鞭が当てられる。細い赤い筋が裕子さんの太ももに走る。
「お願いします・・・・」
 泣きそうな声・・・・。
「フフ・・・お願いされてやるぜ・・・」
「よろしくな・・・」
 他の男が顎を持って俯く裕子さんの顔を上げさせる。そして、家畜を見るような冷たい目で裕子さんを見る。
「ほら、いやらしい身体をお見せしろ!!」
 また、鞭が風を切る。裕子さんの身体とぶつかり弾ける音。
「あっ・・・身体ごらんください・・・」
 裕子さんは脚を開く、そのまま頭の上で手を組む。あられもない姿。腰をつきだすような格好。もちろんアソコにあるはずの毛はない。白い身体・・・お腹からお尻、太ももへと肉付きのいい肢体をさらす。胸は大きくすこし垂れた感じ・・・その先はわたしより濃い小豆色・・・でも、小ぶりで形は普通だ。後で彼女と同じようにわたしもまな板に乗せられるのだ。そして、全員の嘲笑をあびるのだ・・・彼女のすることをじっと見ているしかない。
「フフ・・・ちゃんと剃ってるな・・・・」
「もう、感じてるぜ。乳首がな。」
「オマンコももう濡らしやがって・・・・」
「縄が映えそうな身体だな。」
「縄が食い込みそうな肉だ。わたしは縄で身体を縊りだすのが好きでね。」
 数分間、彼女は男達の視線に晒される。嘲笑、嘲り、そういうのに犯されるように彼女は無言のまま震える身体でじっとしている。
「それでは、次の奴隷に移りましょうか・・・ほら、裕子座るんだ・・・」
 また、鞭が当てられる。彼女はもとの場所に戻り、ゆっくりとした仕草で正座する。その裕子さんを見ながら、次のことを考える。次は・・・わたし・・・。わたしは、泣きそうな顔でマスターの方を振り返った。
 

 お風呂から上がった私は、鏡の前の椅子に座らされる。男湯だというのに、端の一角だけ女性用の化粧道具が並べられている。さながら、美容室のような一角。そこにはわたしの化粧ポーチも用意されていた。
「今日は宴会だ。綺麗にしておくんだぞ。」
 マスターが言う。陵辱されるために、自分を飾る。わたしを弄ぶものを喜ばせるために・・・。切ない気分になりながら、半分乾かした髪の毛をピンで止める。それから、クリームを顔につけ延ばし始める。内から外へと丁寧にまんべんなく。それから・・・リキッドファンデーションをのばすようにして塗っていく。普段よりも濃く。いつもの自分を隠すように・・ペンでアイラインを整え・・・シャドーをつける・・・自分のものでなくそこに用意してあったもの・・・最近つけたことのない派手なブルー・・・そう・・・自分じゃないなにかに変身したかった。最後に唇・・・・真紅の紅を筆で丁寧に塗る。まるで、娼婦のようにつややかに光る唇が完成する。でも、鏡の中のわたしの表情は暗い翳がおりているよう・・・・。そして、ピンをはずすと・・・髪の毛が落ちる。明るい色の鎖骨までのレングス・・・前上がりのレイヤーに逆らわないようにブラシとドライヤーで整えていく・・・・。ドライヤーの暖かい風が心地よく首筋を撫でる。一時、その暖かさに身を任せる。もう、髪の毛は出来ているのに、ゆっくりとドライヤーを当てる。
「はやくしろ!」
 マスターが後ろから怒鳴る。その声に自分に返って、ドライヤーを置く。それから、あわてて化粧台の上の首輪をつけ、立ち上がって振り向く。
「フフ・・・」
 マスターが、私を見る。顔、身体・・・。そして、満足そうに微笑む。もちろん、恋人をみるような優しい目ではなくて、商品を鑑定するような目。その、冷たい視線に身体が震える。
「あらためてみると・・・なかなかの上物だな。みんな・・・喜んでくれるぞ・・・」
 マスターの言葉をじっと聴いている。そう、口紅を塗ったときから、思ってた。人形になろうって・・・・。感情を無くして・・・ただ男の人にあやつられるままに。そうでないと、これからのことを考えると耐えられない。こんな、家畜みたいな暮らしがいつまで続くかわからない・・・・。
「さあ、行くぞ!」
 マスターが後ろを向く。その、背中に向かってゆっくりと歩き出す。そう、そこでどんなことが待ってるのかわからない。でも、最低限・・・身体が弄ばれるのはわかっている。幸せな想像なんて、できない。わたしは次から次へと生じてくる悲惨な結末を頭から打ち消しながら、マスターの後を付き従って歩いた。でも・・・同時に何故か・・身体が熱くなるのも感じていた。人形であろうとする私を嘲笑うかのように・・・・。
 

 聡史がわたしの身体を洗ってくれる・・・別に自分でやるよっていったのに・・・恥ずかしいから・・・でも命令だぞっていう聡史の笑顔に拒否できなかった。ボディソープをつけたタオルで丁寧にわたしの上半身を洗う・・・このソープ・・・いい匂い・・・その花の匂いに包まれる。背中・・・・脇・・・・後ろから優しく洗ってくれる。
「直美・・・前を向いて・・・・」
「あっ・・・はずかしい・・・・」
 でも、聡史の方を向く。自然に聡史の股間に目がいく・・・もう回復して大きくなったもの・・・・。さっきはあんま見てなかったけど、明るい光の中でじっとみてしまう。それは聡史にふさわしくない凶暴さを思わせる。聡史はそんなわたしの気持ちがわかってるのかどうかわかんないけど、首筋からタオルで擦り始める。それから下に下りてくる・・・胸・・・・お腹・・・・わき腹・・・くすぐったいよ・・・・。そして、大事な部分・・飛ばして・・えっ・・・足・・・・。足を自分の膝にあげて、指1本ずつ丁寧にあらう・・・くすぐったい・・・・。でも、聡史が洗ってくれるんだって思うと・・・・嬉しいよ・・・・。タオルがだんだん上のほうに上がってくる。そして太ももを洗うとその手は止まる。
「えっ・・・・・」
「直美・・・立つんだ!」
「えっ・・・・」
「ほら・・・洗えないだろ・・・・」
「でも・・・・」
 もじもじしながら立ち上がる。聡史の顔のまんまえに大事なところが来る。恥ずかしすぎ・・・。
「足を開いて・・・・」
「あぁん・・・ダメ・・・・」
「ほら・・・早く・・・・」
「うん・・・・」
 言われたとおり足を開く・・・・。
「腰を突き出して・・・・」
 わたしのアソコに手を当てる。そして指で直に洗い始める。毛・・・そしてクリットを摘むように何度も擦る。
「あぁん・・・・あぁ・・・・」
 足が震える・・・太ももの裏に手を当てて耐える・・・・。聡史の石鹸のついた指は、わたしの中に侵入してくる。その指は膣の中を何度も擦る・・・。また・・快感に支配される・・・・。
「あぁっ・・・・あん・・・・」
「直美・・・締め付けてるよ・・・・」
 聡史の指を食い締めてるんだ。自分ではわかんないけど・・・。聡史のもう一方の手はお尻の方に回る・・・そして石鹸を伸ばすようにお尻を撫でる・・・。
「直美のおしり・・・小さくて固いけど・・・すごくかわいいよ・・・」
 やさしい声・・・でも指はおしりの割れ目に侵入する・・・だんだん下の方へ・・・そして穴のところまでくるとそこをほぐし始める。
「あぁ・・・だめっ・・・そこ・・・・」
 腰を引いてしまう。そのお尻を聡史が手のひらで叩く。パンと言う音。
「直美は奴隷だろ・・・・」
「あっ・・・ごめんなさい・・・でも・・・・」
 お尻を突き出すようにする。また聡史の指がそこをほぐす。前に入れた指・・・まだ入れたままだ。そして、後ろの指がつぼみを破るように入ってくる。石鹸がついているのでその指は簡単にすべりこんでくる。
「あっ・・・あっ・・・あっ・・・・」
おしりから、なんともいえない感覚・・・もどかしいようなせつないような形容できない感覚が襲う。
「直美のお尻すごいね・・・指が千切れそうだ・・・前も締め付けてるし・・・」
「あぁん・・・だめっ・・・だめなの・・・」
 わたしの願いはSモードの聡史には、甘美なBGMとなるのか。聡史の指はもっと奥まで入り込んでくる。そして腸壁と膣壁を隔てて前に入った指と擦り合わせようとする。
「あぁぁぁん・・・だめ・・・そんなことしたら・・・・」
 ウンチをしたいときのような感覚・・それから頭の中で何かがうごめくような快感・・・。脚がブルブルふるえてしまう。でも聡史は後ろの指を出し入れし始める。前の指も・・・立ってられない・・・もう私は膝立ちになってしまう。その場で崩れないのは、聡史の指が支えているから・・・それだけだった・・・。レイプの時、ここも奴らの餌食になった・・・でも痛みしか感じなかった。でも聡史のは違う・・・ゆっくりと出し入れされる指・・・気持ちいいところを探すように・・・わたし感じてる・・・こんなところで・・・。前の気持ちよさも倍増するような感じ・・・・。もういきそうになってしまう・・・・。
「あっ・・・聡史・・・こんなところでいきたくない・・・聡史とつながって・・・」
「フフ・・・何回いってもいいんだよ・・・」
 媚びるような目で見るわたしにいたずらっこみたいに微笑む・・・。
「あっ・・・あっ・・・だめ・・・だめっ・・・・」
 ブルブルと身震いするわたし・・・恥ずかしい穴で感じてる羞恥・・・そんなものまで快感の潤滑油となる・・・。もう聡史の指を滑らせているものが、石鹸か淫汁かわかんない。
「いっていいよ・・・直美・・・」
 聡史のやさしい声にわたしの身体はビクンと痙攣し前後にはいった聡史の指をギュッと食い締めた。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。