FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
23
「静香の負けだね。」
「うん。どうしようか。お仕置き。」
「きついのがいいよね。」
 わたしは裕美さんと優華さんの前に正座している。
 そそうをした奴隷がご主人さまの前でお仕置きを待つように・・・・
 わたしに対する罰が決定するのを待つ・・・・
「とりあえず原液かなぁ。」
 優華さんが棚のところに行って白いプラスチックの瓶に入った薬品と注射器を洗面器に入れて持ってくる・・・
「でも、この子・・・アナルマゾだって真由美さんが言ってたよ。」
「じゃあ、お仕置きにならないじゃん。」
 優華さんが準備をする。
 洗面器に薬品を2本ぶちまける・・・・・
 そのまま注射器でかき混ぜて・・・・
 吸い上げる・・・・
 昨日よりは小さな注射器・・・・・
「なんかすごい濃い薬・・・・・」
「うん、のたうち回るくらい濃いんだって。」
 楽しそうに裕美さんが言う。
 そんな・・・・・・
「嬉しいでしょ。」
 わたしを見て微笑む・・・・
 完全なSの目がわたしを見下ろす・・・・
「あぁ・・・嬉しいです・・・・」
「じゃあ、後ろを向いて・・・・」
 わたしは犬がおまわりをするように方向を変える・・・・
「お願いは?」
 優華さんが後ろに座って、おしりを撫でる・・・・
「あっ・・・・マゾの静香に・・・お浣腸して下さい。」
「いやらしい子・・・・クスッ・・・」
 少し笑って、優華さんがわたしのお尻に注射器をつきたてる・・・・
「あぁ・・・・・」
 その冷たさに、力が抜ける・・・・
 シリンダーが押される・・・・
 えっ・・・・
 なんか・・・・
 冷たい液がチュルチュルと中に入ってくる・・・・
 そして、入ったところから焼けるような痛みが広がる・・・・
 もしかして、塩酸とかそういうのじゃないの・・・・
 恐怖さえ覚えるような痛み・・・・・
 腸壁が焼かれるような・・・・
 でも、容赦なく液は染み込んでくる・・・・
「ひいいい・・・・・・」
 わたしは、お腹を駆け回る痛みを感じながら震える体で耐えるしかできなかった。

「あぁ・・・お腹いたいよ・・・・あぁん・・・」
「うるさいわね。」
 険しい顔で優華さんがノズルを抜く・・・・
「あぁ・・・痛いの・・・・あぁ・・・・・」
「これでも咥えてな!」
 わたしのおしりに何かがねじ込まれる・・・・・
 そして、空気が入れられる・・・・
 中でゴム風船が膨らむ・・・・
「はぁぁん・・・。あぁ。」
「これで、抜けないよ。よかったね。」
 ピシャピシャとおしりを叩く優華さんの手・・・・・
 もう、汗で光るわたしの身体・・・・・
「あぁ・・・おトイレ行かせて・・・・」
 でも、わたしの言葉は無視される・・・・
「じゃあ、つぎのゲーム・・・・・」
 裕美さんが楽しそうに言う・・・・
 手には洗濯場挟みに紐がついたもの・・・・
 まず、佳奈子さんにそれは施される・・・・
 胸の先を摘んで、パチンと挟む・・・・
「あっ・・・ひっ・・・・」
 下唇を噛む佳奈子さん・・・・
 その眉間に皺がよる・・・・
 表情が胸の先の痛みを物語っている・・・・
 もう、片方の胸にも・・・・
「あぁ・・・・」
 佳奈子さんの表情が泣き出しそうな感じになる・・・・
 でも、裕美さんは責めを緩めない・・・
 今度はクリット・・・・
「きやあああぁ・・・」
 悲鳴がもれる・・・・
 あまりの痛みに小さく唇を開いて・・・・
 息が荒くなっている・・・・
「今度は静香ねっ。」
 優華さんがわたしの顔を覗き込む・・・・・
 銀色に輝くクリップ・・・・
 それには紐がついている・・・・
 紐は床にだらしなく垂れて、佳奈子さんの方へ・・・
 佳奈子さんのクリップにも紐がついている・・・・
 こっちのクリップとつながっている・・・・
「じゃあ、つけるよ・・・フフ・・・・」
 唇の端が吊りあがって、優華さんの唇の端に笑窪が出来る・・・
「あぁ・・・いやっ・・・・・」
 胸の先に当たる金属の冷たさ・・・
 パチンッ・・・・・
 いたぁぁぁぁい・・・・・
 予想以上の痛みに身体を捻る・・・・
 佳奈子さんの表情の意味がわかる・・・・
「あんまり暴れたら痛いよっ。」
 クールに優華さんは言う・・・・
 そして、作業は続く・・・・
 もう片方の乳首にも・・・・
「ひいっっっ・・」
 痛いよ・・・痛いよ・・・・・
 目に涙が滲む・・・・
 でも・・・まだ・・・最後の作業が残っている・・・・
 想像しただけでも、気が遠くなりそう・・・・
 優華さんの細い指がわたしのアソコに添えられる・・・・
 クリットを摘む・・・・・
「あぁ・・・もう・・・だめ・・・あぁ・・・・・」
 許しを乞うように優華さんを見る・・・・
 でも、優華さんは微笑みながら小さく頭を左右に振る・・・・
 そのまま、クリップが挟まれる・・・・
「いやぁっ! やめてぇっ!! 」
 わたしは大きな悲鳴を上げる・・・・
 神経を直接挟まれるような痛み・・・・
 わたしはベソをかきながら耐える・・・・
 その震える肩を優華さんが優しく抱きしめた・・・

☆官能小説紹介☆
新妻借金肉地獄
雨宮慶 著

登場人物 :
ゆり(25歳)人妻 、さやか(28歳)人妻 、ゆきこ(24歳)人妻 、あやこ(23歳)人妻 、なつこ(23歳)人妻

あらすじ :
(あなた、許して……私は一晩だけ妻の操を売ります)
夫が作った負債の代償に女体を要求された28歳の新妻。
震える指先で下着を脱ぎ、清らかな肌を男の眼に晒す。
獣の体位をとらされ、次々に押し寄せる残酷なアクメ。
朦朧とする紗耶香の耳もとで、悪魔の声がささやく。
「まだだよ、奥さん、肉体返済は始まったばかりさ」
(フランス書院HPより)



アフイリエイトで何か買ってくれた方には、書き下ろし小説をプレゼントします。「ONE NIGHT STORIES ANOTHER~優華」です。詳しくはここをクリックしてください。サンプルも読めます・・・。それから、携帯にも対応することになりました。
秘密の小説のプレゼント


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 
22
「じゃあ、始めるよ。」
 わたしと佳奈子さんは部屋に張ったロープを跨がせられる・・・・
 腰よりも少し高い位置に張られたロープ・・・・
 またがるとそのチクチクするような縄がアソコに食い込む・・・・
 その縄のところどころに結び目がある・・・・
 隣の佳奈子さんもわたしと同じようにされる・・・・
 そう、見たことある・・・・
 綱渡り・・・・・
 このまま、歩くんだ・・・・・
 たぶん、ところどころに出来た瘤が私達を責めるのがわかる・・・・
「競争だよ。負けるんじゃないよ。」
 優華さんが縄を引き上げる・・・・
「んんっ!・・・・・ああぁぁぁんっ!」
 縄がきつく食い込んで、恥ずかしく喘いでしまう・・・・
「よーい・・・・スタート・・・・」
 わたしと佳奈子さんのおしりに鞭が当てられる・・・・
 その乾いた音がスタートの合図になる・・・・・
 わたしと佳奈子さんは内股気味に前に歩く・・・・
 ゴツゴツした縄があそこに食い込む・・・・
「あっ・・・あっ・・・・」
「あん・・・あぁん・・・・」
 わたしの嬌声と佳奈子さんの嬌声・・・・
 もちろん、手で縄をつかむなんて許されない・・・
 歩くたびに敏感な部分が擦れる・・・・
 それに結び目のところに来ると・・・・
 瘤がわたしのアソコに入り込む・・・・
 そこでは少し勢いをつけないと、前に進めない・・・・
 普通のところよりも強い快感が送られる・・・
「あぁぁん・・・・」
 切羽詰った声をあげる・・・・
「ほら、負けたらお仕置きだよ!」
 優華さんが先の割れた鞭をお尻にあてる・・・
 佳奈子さんには裕美さんが・・・・
 振るえよろける足・・・・
 食い込みが強くなる・・・・
「はぁぁん・・・。あぁ。」
「そんなに気持ちいいの。可愛いわ。」
 優華さんが鼻にかかった声で言う・・・・
「あっ・・・ひっ・・・気持ちいい・・・・」
「ほら、負けちゃうよ。」
 また、おしりを叩く・・・・
 佳奈子さんも萎えそうな脚で歩いている・・・・
 わたしも前に進む・・・・
 ゆっくりと・・・・
 2人は感じ切った嬌声とをあげながら淫靡な競争を続けた・・・・
 
 だんだん差が開いていく・・・・
「感じてていいの?負けちゃうよ。」
 もう、だめ、感じ切った部分は神経が剥き出しになったような気がする・・・・
「あぁ・・・だめっ・・・・だめっ・・・・」
 もう、脚が限界・・・・
 息が荒くなって上気した顔で優華さんを見る・・・・
「お仕置き・・・・されたいの・・・・」
 前を歩く佳奈子さんのお尻は何度も叩かれて赤くなっている・・・・
 その左右にゆれるハート型の臀部を見ながら・・・・
 ゆっくりと進む・・・・
 まだ、ゴールの赤いテープを巻いた部分まで2メートルくらいある・・・・
 そして、佳奈子さんが最後の力を振り絞って到着する・・・・
 ごめんねって顔で振り返る佳奈子さん・・・・
 その顔を見ながら、その場に崩れ落ちる・・・・
 あそこの縄がきつくきつく食い込むのを感じながら・・・・

☆小説の紹介
肛虐マンション―人妻狩り
鳴瀬夏巳 著

登場人物 :
えつこ(27歳)人妻 、ともみ(22歳)人妻 、まりこ(24歳)人妻 、ゆきえ(29歳)人妻 、みきよ(32歳)人妻

あらすじ :
スカートから浮き彫りになる、豊潤すぎるヒップが眩しい。
白昼のひととき、子供と戯れる人妻は美しすぎた。この後、
凌辱鬼に狙われ快楽に溺れる運命だと、彼女は知らない。
リビング、寝室、玄関……幸せに満ちたマンションで、
屈辱的な体位で犯される悦子、朋美、実樹世……。
五人の妻に潜む、もう一つの顔を次々に暴き出す悦び!



アフイリエイトで何か買ってくれた方には、書き下ろし小説をプレゼントします。「ONE NIGHT STORIES ANOTHER~優華」です。詳しくはここをクリックしてください。サンプルも読めます・・・。それから、携帯にも対応することになりました。
秘密の小説のプレゼント


 
21
「さすがに真由美さんのお店の奴隷ね。まだ新人だっていうのにもうマゾのオーラがでてるよ。」
 わたしの胸を揉みながら裕美さんが言う・・・・
「あぁん・・・こっちもおいしいわ・・・・」
 わたしのアソコを舐めながら見上げる佳奈子さん・・・・・
 下を向いたわたしと目を合わすように・・・・
「あぁ・・・・ありがとうございます・・・・」
 消え入りそうな声でお礼を言う・・・・
 裕美さんの胸を揉む手・・・・
 それにアソコを舐める佳奈子さんの舌・・・・
 裕美さんの舌がチロチロと首筋を舐める・・・・
 そこも性感帯・・・・
 佳奈子さんの指はわたしのおしりを優しく撫でる・・・・
 おかしくなりそう・・・・
「あぁ・・・あぁ・・・気持ちいいです・・・あぁ・・・・」
 ブルブルと身体が震える・・・・・
 自分では抑えられない官能・・・・・
「あっ・・・あうっ・・・んんん・・・」
 身体をいやらしくくねらせるしかない・・・・
「うれしいの・・・・」
「はい・・・嬉しいです・・」
 佳奈子さんの舌はクリットに・・・・
「あぁ・・・おかしくなっちゃう・・・・」
「静香は、いやらしいマゾだよ・・・こんなに感じて・・・・」
 あそこからピチャピチャという水音・・・・
 佳奈子さんの唾液とわたしのジュース・・・・
 裕美さんの指はわたしの胸の先を摘む・・・・
 強く抓るように・・・・
 感じ切った胸・・・・
 痛みが快感になる・・・・
「あっ・・・ひっ・・・わたし・・・変態のマゾです・・・・」
「そう・・・・可愛がってあげる・・・・」
 裕美さんはきらきらした瞳で、わたしをみつめて再び柔らかい唇を重ねた・・・

 ドアをノックする音・・・・
 また・・・誰か・・・・
 ドアが開いて、また別の女の人が入ってくる・・・
 ショートカットの女性・・・・
 わたしより少し上・・・・
 黒のエナメルのボンテージに包まれた身体は均整が取れている・・・
 それにそのボーイッシュな顔だち・・・・
 なんか見たことある・・・・
 そう、わたしがよく読むファッション雑誌で・・・・
 ボーイッシュなファッション中心のカリスマモデル・・・
 イベントとかでは、彼女に会えただけで失神しちゃう子もいるくらい・・・・
「あっ、優華、おそかったじゃん。」
「ごめんなさい、裕美さま。」
 ハスキーな声・・・・
 裕美さんがわたしから離れて優華さんにキスをする・・・・
 優華さんがうっとりとした表情になる・・・・
 この人・・・マゾなの・・・・
「優華さん・・・久しぶり・・・・」
 佳奈子さんも優華さんを見上げて微笑む・・・
「静香、この子・・・優華っていうの。知ってる?」
 わたしはじっと優華さんを見る・・・・・
「真由美さんから聞いてるわ。新しい子が入ったってね。それもかなりのマゾの子。クスッ。」
「あ・・・あの・・・静香です・・・・」
 優華さんが、裕美さんを見るときと違って冷たい眼になる・・・・
「でも、かわいいわ。」
 黒の手袋をした冷たい手がわたしの胸を掴む・・・・
 じっとわたしを見つめる・・・・
 すいこまれそうになる・・・・
 裕美さんにもすごいオーラを感じるけど・・・・
 優華さんにはまた違ったオーラ・・・・
「もう、感じてるの?」
 わたしの胸の先を摘む・・・・
「あぁ・・・・感じています・・・・」
「どうして?」
 じっと白目がちの目でわたしを睨む・・・・
 白い肌に真っ赤な口紅・・・・
「ああ・・・わたしがマゾだからです・・・・・」
「そうなの。静香は恥ずかしいマゾ・・・・」
「あぁん・・・・・」
 もう涙が湧き出てくる・・・・
 その涙を優華さんが舐める・・・・
 そのまま、優華さんのキス・・・・
 佳奈子さんや裕美さんと違って濃厚なキス・・・・
 すぐに舌が入ってくる・・・・
 そして、わたしの口の中を蹂躙する・・・
「ううっん・・・・・」
 わたしも舌を絡めてしまう・・・・
 わたしは小さくうめきながら、優華さんの暖かい舌を感じ続けた。

(官能小説紹介)
冒涜女教師―最後の露出授業

登場人物 :
かおり(27歳)女教師 、ゆい(17歳)女子高生

あらすじ :
清楚なスーツ越しにも存在感を隠せない88センチの美乳が、
教え子を、同僚教師を、父兄までも狂わせていた……。
香穂里の優しさにつけこんだ、家庭訪問と放課後の魔罠が、
気品あふれる聖職者へノーパン授業を強いることに……。
声を震わせ英文を読みながら、教卓の陰で股間を捩る27歳。
最後の矜持を賭けた露出授業は、女生徒との美肉開陳実習!
(フランス書院HPより抜粋)




アフイリエイトで何か買ってくれた方には、書き下ろし小説をプレゼントします。「ONE NIGHT STORIES ANOTHER~優華」です。詳しくはここをクリックしてください。サンプルも読めます・・・。それから、携帯にも対応することになりました。
秘密の小説のプレゼント




 
20
 昨日と同じ・・・・
 真由美さんの座る場所・・・
 そして、お店の雰囲気・・・・
 どうして???
 創がここを・・・・
 創は戸惑いなくまっすぐに真由美さんのところに行く・・・・
「あら、創くん・・・」
「ご無沙汰してます。」
 礼儀正しく挨拶する・・・・・
「そうね。元気してた?」
「はい、おかげさまで。」
「でも、静香は遅刻ね。あんまり遅刻すると最低マゾの扱いだよ。」
 わたしを睨む。
 美しい顔だけに凄みがある。
「えっ・・・でも・・・・」
 約束なんかしてないし、創のこともあったし・・・・
「口答えするんだ。」
「すみません。ちゃんと仕込んで置きます。」
 創もわたしを睨む・・・・
 仕方ないのに・・・・
「もう、予約はいってるよ。」
 手帳のページをめくる・・・・
「予約・・・・」
「今日から働いてもらうの・・・・一晩3人くらいお客様とってもらうわ。」
「あぁ・・・・」
「がんばれよ。あとで、じっくり虐めてやるからな。」
 おしりをピシャピシャと叩く創・・・・・
「じゃあ、こいつの給料は全部俺のとこへ振り込んでおいてよ。どうせ、奴隷に金なんていらないしさ。」
「わかったわ。」
 わたし・・・売られたの?
 創って鬼畜だったの・・・・
 悲しみ・・・・
 そしてあきらめ・・・・
 これからのわたしの境遇を思うと身体が痺れる・・・・
 でも、わたしはもう逃れられないあり地獄に引き込まれてしまっている・・・・
「ほら、これつけて・・・・」
 わたしの胸に向かって投げられる首輪・・・・
 わたしはそれを受け取ると・・・・
 髪の毛を上げて、首に巻く・・・・
「じゃあ、4号室でお客様がお待ちだよ。」
 いらいらしたような真由美さんの声にわたしは震え上がる・・・・
「案内してくれる?」
 ボーイを呼ぶ・・・・
 そしてその黒服のあとにつき従うようにわたしは歩きはじめる・・・・
 時々、真由美さんと談笑する創を見ながら・・・・
 でも、創はわたしを振り返らない・・・・
 わたしはあきらめたように男の後につき、ドアから廊下に出る・・・・
 また、涙が湧いてくる・・・・
 創・・・・・
 愛されてもいないわたし・・・・
 本当に奴隷のように・・・・・
 そのわたしを追い立てるように歩く黒服の男・・・・
 わたしは本当に奴隷になった気分でお部屋に続く廊下を歩き続けた・・・・

 昨日より広いお部屋に入る・・・・
 まるで、スイートルーム・・・・
 その中に少女と綺麗な女の人・・・・
「遅いよ。」
 わたしがお部屋に入ると、少女が近寄ってくる・・・・
「ごめんなさい。」
 謝ってしまう・・・
 こんな年下の子に・・・・・
「裕美さん・・・・・」
 心配そうに言う女の人・・・・・
「ママ、甘やかしたらだめだよっ。」
 えっ、この人たち親子?
 そして、わたしを親子で調教するの?
「自己紹介!まだでしょ!」
 腰に手を当てて、胸を張る裕美と言われる少女・・・・・
「あの、静香です。変態のマゾです。」
「かわいい子ね・・・・」
 大人っぽい女の人がやさしく微笑む。
 でも、親子って歳には見えない・・・・
 30前半ってとこかな・・・・
「わたし・・・佳奈子・・・そしてこの子は裕美・・・・」
 佳奈子さんの瞳に吸い込まれそうになる・・・
 真由美さんとタイプ違うけどすごい美人・・・・
「早く始めようよ。」
 裕美って子が甘えるように言って赤チェックのワンピを脱ぐ・・・・
 黒のレザーのボンテージ姿になる・・・・
 小悪魔のようなゾッとする笑顔を佳奈子さんに向ける・・・
「えっ・・・うん・・・・」
 佳奈子さんが真っ赤になる・・・
 そして、千鳥柄の上品なコートを脱ぐ・・・・
 えっ・・・・その下から直に白い体が現れる・・・・
 さっきのわたしみたいにコートの下は全裸・・・・
 形のいい大きな胸・・・・
 それから女性らしいボディラインが現れる・・・・
 清楚な顔立ちだけに、その豊満な体がよけいいやらしい・・・・
 同性のわたしが見とれてしまう・・・・
「じゃあ、2人とも並んでくれる?」
「はい・・・・」
 佳奈子さんと並ぶ・・・・
 2人ともアソコに手を重ねて隠すような格好で・・・・
「わたしは裕美・・・・23歳だよっ・・・静香は22だったねっ・・・」
 えっ、年上なの・・・
 絶対、18、9だと思っていた・・・・
 お姉さんぶって胸を張る仕草・・・
 まるで子供なのに・・・・
「佳奈子は32歳でわたしの義理の母なの。」
 自慢げにしゃべる・・・・
 うん、こんなに綺麗でやさしいお母さんならわたしも自慢しちゃうかも・・・・
 横目で佳奈子さんをみてしまう・・・・
「それから、変態のマゾ・・・クスッ・・・・」
 悪魔のように微笑む・・・・
「あぁ・・・はい・・・・」
 艶のある声で消え入るように答える佳奈子さん・・・・・
「じゃあ、マゾ同士のご挨拶してくれる。」
 じっと私達を見て、中央のソファーに座る・・・・
 マゾ同士の挨拶?
 わかんない・・・・
 戸惑うわたし・・・・
 佳奈子さんはわたしの目を見て微笑む・・・・
 そして、わたしと向き合う・・・・
 そのまま唇を重ねる・・・・
「ぅぅ・・・・・」
 マゾの挨拶って・・・・
 これ・・・・・
 わたしは暖かく柔らかい唇を感じ続ける・・・・
 一度、佳奈子さんは唇離すと・・・・
 じっと目を見て微笑む・・・・
 そのまま・・・わたしの胸に顔を寄せる・・・
 舌をのばして、胸の先を掃くように舐める・・・・
「あぁ・・・・・」
 小さな喘ぎをあげるわたし・・・・・
 だんだん、佳奈子さんとのプレイに入り込んでいく・・・・
 胸の先を歯で軽く噛まれる・・・・
「あっ・・・あうぅ・・・」
 なんか電気のような快感が走る・・・・
 Mのつぼを知ってるような感じ・・・・
「いい声で鳴くんだね。クスッ・・・」
 ソファーに座ったまま裕美さんが笑う・・・・
「もっと鳴かせてあげてよ。」
 佳奈子さんは胸からゆっくりと舌を滑らせていく・・・・
 わたしの脇を細い指が滑る・・・・
 身体のラインに沿って・・・・
 そして舌も胸の谷間を通り、お臍の方へ・・・・
 丸いお臍を舐める・・・・
 くすぐったいよ・・・・
 でも、恥ずかしくて・・・・
「はぁっ、だめ・・・」
 裕美さんが立ち上がる・・・・
 それをサインに佳奈子さんの舌がもっと下に・・・・
 お腹を這って・・・・
 昨日まで毛のあったところへ・・・・
 指はおしりを這う・・・・
 そのまま・・・一番はずかしいところへ滑り込む・・・・
 亀裂に沿うザラザラの舌・・・・
「んんっ!・・・・・あっ!」
 何度も割れ目を往復する・・・・・
「かわいいよ。気に入ったわ。」
 裕美さんが微笑んでわたしに近づく・・・・
 そして、後ろから胸を揉む・・・・
 せつない表情で振り向くわたし・・・・
 その、半開きの唇を背伸びをした裕美さんの唇が塞いだ・・・・

(官能本の紹介)
耽美に嬲られて 三人の令夫人
綺羅光 著

あらすじ
自宅の寝室で犯され、幾度も昇りつめてしまう紗希里。
最上階のスイートルームで黒い絶望を味わわされる智那。
気丈な性格につけこまれ、獣の性交に溺れていく紫乃。
夫では与えられなかった淫楽を、甘美な熟肉に注ぎこみ、
地位も金もある人妻の、貞淑な仮面を次々と剥ぎ取りつくす。
他人の妻を盗んで狂わせて独占する――綺羅光、凌辱の美学。
(フランス書院HPより抜粋)

アフイリエイトで何か買ってくれた方には、書き下ろし小説をプレゼントします。「ONE NIGHT STORIES ANOTHER~優華」です。詳しくはここをクリックしてください。サンプルも読めます・・・。それから、携帯にも対応することになりました。
秘密の小説のプレゼント



 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。