FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
35
 ガクガクと震える膝・・・・
 でも、お薬は押し込まれる・・・・
 男たちの笑い・・・・
 極限的な羞恥・・・
 排泄器官に受け入れるという・・・・
 でも、男たちは容赦しない・・・
 そんなわたしの胸の先をもてあそぶ男・・・
 お尻を撫でる手・・・
 そしてクリットを指で転がしたり・・・
 あそこにさえ指がもぐりこむ・・・・
「こいつ、浣腸されたら締りがよくなるぜ。」
「本物のアナルマゾだな。」
「乳首も硬くなっているぜ。」
 口々にわたしの身体の感想を言う・・・・
 それは女としての感想ではない・・・
 性的なマシーンに対する感想・・・・
 普段耳にする、かわいいとかそういうのとは別次元・・・
 あくまで、性的に彼らを満足させられるかにかかっている・・・・

「だいぶきつくなってきたぜ。」」
 シリンダーを押し込む手に力が入る。
「おいおい、まだ1リットルだぜ。3リットルは飲んでもらわないと。」
「あぁっ・・・・」
 まだ、そんなに・・・
 おなかが破裂しちゃう・・・・
「あっちは二本目だな。」
 真美はもうそんなに・・・・
 わたしのほうも1本目が最後まで押し込まれる・・・・
 それが、抜かれると・・・
 必死でおしりをすぼめる・・・・
「がまんしろよ。まだのませてやるからな。」
 おしりを撫でる手・・・・
 おなかがかすかに膨らんでいるのがわかる・・・
 その部分を撫でる手も・・・・

 また、注射器がつきたてられる・・・
 すぼめたおしりに無理やり・・・
 さっきより抵抗感がある・・・
「二本目だ。3本は飲まないとなくならないぜ。」
 またシリンダーが押される・・・
「フフ、だいぶきつくなってきたな。この感触が好きでな。無理やり注入する手ごたえがな。」
「そうですね。ほら、このメス豚。顔色が変わってきましたよ。さっきの赤い顔からだんだん白くなってきてね。この表情がわたしは好きなんですよ。」
 あぁ・・・きつい・・・・
 おなかにすごい圧迫感・・・・
 だめ、破裂する・・・
「だめっ、あぁ、苦しい。」
 シリンダーを押す手は容赦しない・・・・
 口の端からよだれを垂らしながら懇願する・・・
「お願い・・・無理だよ・・・あぁん・・・」
 そんな、わたしの態度を喜ぶSたち・・・・
「ハハハ・・・こうでなくちゃな。」
「そうそう、初々しくていいですね。」
「まだ慣れてないみたいですね。」
「本当に破裂するかもしれないですよ。」
「その時はその時ですよ。」
 悪魔たちの言葉に、わたしは何もできない。
 縛られて、嬲られて
 圧倒的な立場の違いにあきらめるしかない・・・・
「お願いします・・・もう・・・・・」
 最後まで、押し込まれるとまた抜かれる・・・・
 お腹が痛い・・・・
 痺れたように鈍く・・・・
 洩れちゃう・・・・
 そう思ったとたん・・・
 またガラス管が押し込まれる・・・
 いままで以上の圧迫感をもって押し込まれる薬液・・・・
 ギュルルル・・・・
 液がお腹の中で動いて悲鳴をあげる・・・・
「お腹・・・痛いよ・・・痛いよ・・・・あぁ・・・」
 わたしの脚をチョロチョロと生暖かいものが流れる・・・・
 そう、失禁・・・・
 だんだん流れはきつくなってくる・・・・
「こいつお漏らししやがった。」
「きたねえな。おい、誰がしていいって言った。」
 太ももを細い鞭で打たれる・・・・
 浣腸液の注入は続いたまま・・・・
 下腹部が信じられないほどプックリと膨らんでいる・・・
「えっ・・・えっ・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」
 少女のようにしゃくりあげながら鳴くわたし・・・・
 おしっこを垂らしながら・・・・
 浣腸の洗礼を受けながら・・・・
 おしっこが続く限り太股の鞭はやまない・・・・
 私の態度に興奮した男は、胸の先をねじり上げる・・・・
 わたしは泣きながら、彼らに嬲られ続ける。
 苦しい・・・
 悲しい・・・・
 辛い・・・
 でも、そんな感情に反して、わたしは官能的な感情も芽生えてくるのを感じていた。

SMビデオがいっぱいです☆見てるだけで想像しちゃいます。




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

 
34
「こいつ逝きやがった。」
 わたしは、さげすむような視線に目線を落とす。
「ああ!いい!・・・あん・・・」
 後ろで真美の咆哮・・・・
「ほら、いっていぞ!」
「あぁん・・・いっちゃうぅ・・・・」
 真美の甲高い声がして・・・・
 おとなしくなる・・・・
 真美も・・・・
 真美の方を見る・・・
 蕩けそうな表情・・・
 たぶん、わたしも・・・

「今度はこれを使ってやろうぜ。」
 男の一人が洗面器に二本の巨大な注射器を入れてくる。
 浣腸・・・・
 バーチャルで何度もされたことがある。
 でも、
 実際にはされたことはない・・・
 そして、大勢の目の前で排泄の失態をさらすことも・・・
「ここまでの淫乱だ。こいつも好物だろう。」
 どんなことをされるかわかって顔を伏せるわたしたち・・・
 その前髪をつかんであげさせる・・・
 いやでも注射器が視界にはいる・・・

「うれしいだろ。たっぷり飲ませてやるぜ。」
 私たちの顔を覗き込む。
「返事は?」
 真美のヒップが平手で叩かれる。
 パシッって大きな音。
 手加減のない平手だ。
「あぁ、嬉しいです。わたし、お浣腸・・・大好きです。わたしのおしりにたくさん飲ませてください。」
 真美は真っ赤な顔でお願いをする。
 それも、本心からでないのがわかる・・・
 さっきまでの真美と違う感じ・・・
 たぶん苦手なプレイなんだ・・・

「おまえもおねだりするんだ!」
 わたしのおしりを撫でたかと思うと・・・
 いきなり平手で打つ・・・
「あっ・・ひっ・・・」
 吊られた身体に縄が食い込む・・・
「好きなんだろ。いやらしいケツしやがって。」
 パシン・・・パシン・・・・
 乾いた音がする・・・・
 おしりの皮膚にしびれるような痛み・・・・
 ギシギシと身体が縄に縊られて軋む・・・
 もう、言うしかない・・・
 恥ずかしい言葉を・・・

「あぁ・・・わたしも・・・お浣腸・・・・」
 恥ずかしくて口ごもってしまう・・・・
「なんだ!」
「あぅ・・・大好きです・・・・」
 身体がしびれるような羞恥・・・
 顔に熱を帯びた感じ・・・・
「だから、たくさんしてください!」
 最後は叫ぶように、早口で・・・

「そうか、二匹ともすきなんだな浣腸が。」
「あっ・・・はい・・・」
「はい・・・・」
「たくさんしてやるぜ。たっぷりとな。」
 洗面器の中に白いプラスチックの容器の液がぶちまけられる・・・
 1本、2本、3本・・・
 それから2リットルのペットボトルの水・・・・
 無造作に注射器でかき混ぜられる・・・・
 そのまま、注射器のシリンダーが引かれる・・・
 薬液が吸い上げられる音・・・・

「あぁ・・・・」
 2人の男たちがそれぞれ注射器を持って私たちの背後に・・・・
 わたしたちはそれを振り返る・・・・
 ギラギラした目をした男たち・・・・

「ケツを突き出せ!」
「あっ・・・はい・・・」
 わたしは片足を吊られたまま、出来る限りおしりを突き出す・・・
 その中央を撫でる指・・・・
 いきなりブスッとガラスのくちばしが突っ込まれる・・・
 思ったより太くかたい感触・・・・
「あっ・・・」
 そのままシリンダーがすこし押し込まれる・・・
 液が注入される・・・
 その冷たさに背筋をなんともいえない感覚が這い上がる・・・
「あぁぁぁぁん・・・・」
 お腹に染みこんでくる・・・・
 だめっ・・・・
 だめっ・・・・
 わたしは白い背中を震わせながら、お腹の中に入ってくるものに耐え続けた



☆SMの動画はこちらです。日本のサイトだからわかりやすいです。(*^-^)








 
33
 カーテンがだんだん取り払われていく・・・
 そして、暗い客席が見える・・・・
 それと同時にわたしの身体もさらされているんだ。
 あそこに胸に視線を感じる・・・・
 それは、物理的な感覚を伴っていると錯覚するくらい・・・・
 まともに客席が見れない・・・・
 でも、5・6人の人影があったことはわかる・・・・
 そのうち、音楽がとまり、ステージのライトは点滅をやめる・・・
 明るくわたしたちだけを照らすようになる・・・・

「みなさん。今日はお集まりいただいてありがとうございます。」
 中川さんの声・・・・
 拍手が生じる・・・・
「奴隷売買を始めさせていただきます。初めての方もいらっしゃるようですから、簡単にシステムの説明をさせていただきます。」
 わたしたちの前に立つ中川さんの後ろ姿を見る。
「とりあえず、ここにいる奴隷たちを皆さんの思い通りにしてください。道具はいろいろそろえてあります。それで、最後に入札していただきます。最低落札価格は3000万です。入札価格が上の人が奴隷を所有するということになります。それでは、ごゆっくりとお楽しみください。」
 また、拍手につつまれる。

 観客が立ってわたしたちを取り囲む。
「ほら、ご挨拶だ。」
 さっきの人懐っこい声ではなく、厳しい声で言う。
「上原真美・・・18歳です。星美女子大1年です。あの、なんでもいたしますので可愛がってください。」
 真美がはっきりした発音で言う。
「ほぉ、女子大生か。なかなかの美人だな。」
「スタイルもいいが。胸のサイズは?」
「あの93です。Dです。」
「なかなか仕込まれてるみたいですね。中川さんのオークションはやはり質がいいですね。ただ、オマンコはだいぶ使い込まれてるみたいですね。」
「あぁ・・・ごめんなさい。わたしは淫乱の変態マゾです。」
「ケツの穴も黒ずんでるな。」
「あぁ・・・んっん・・・おしりでも感じるの。みなさんの好きなようにしてください。」
 口々に責められる真美・・・・
 でも、真美はそれに受け答えする。
 自分をおとしめて・・・・
「ハハハ、こんな美人がマゾとはな。かわいがってやるぜ。」
 男達の笑い声・・・・

「お前もだ!」
 中川さんがわたしに言う。
「あっ・・・あの・・・・川原美咲です。」
「控えめだな。こっちは。いくつだ。」
「あの・・・19です。」
「ハハ・・・かわいらしいね。お嬢ちゃん。大学生か。」
「・・・・」
 顔を伏せる。
 こんな丸出しの格好で自分のことなんか言えない。
「ちゃんと、自己紹介しろ!」
 中川さんが太股に鞭を当てる。
「いやぁ、あぁ・・・・」
 鋭い痛み。
「顔を上げろ。」
 大きな手がわたしの前髪をつかんで持ち上げる。
「オマンコも顔もおみせするんだ!」
「あぁ・・北山美術大学2年です。」
「いまどきの子だな。こんな子を奴隷にして、好きなことをできるのかい。」
「ハハ・・・マゾですよ。ほら、こんなに濡らして。」
 わたしのアソコを指でなで上げる。
 そこに蜜が絡み付いて、光る指がわたしの目の前に出される。
「見られて嬉しいんですよ。そうだろ?」
「あぁ・・・嬉しいです。美咲のアソコ・・・見てください。」
 だんだん、マゾの世界にはいってしまう。
「ケツの穴もきれいなもんだ。」
 一人の男がかがみこんで、わたしのお尻を開く。
「あぁ・・・見ないで・・・・あん・・・」
 パシッ・・・・
 中川さんの手が右の頬を張る・・・
「見てくださいだ!」
「あぁん、おしり見てください。」
「調教前ですか。仕込みがいがありそうですね。」
「しかし、素質はありますよ。」
「確かに。」
 商品としてのわたし・・・・
 表面だけで判断される・・・
 愛とかそういうのは全く関係なく・・・・
「あぁっ・・・」
 遠慮なく、わたしのアソコを指がこすり始める・・・・
 そして、胸の先をもてあそぶ指・・・・
 おしりの穴も他の指がほぐし始める。
「あはぁん・・・あん・・・あぁん・・・」
 甘い鼻にかかった声を出す・・・
「感度はいいな。締まりはどうかな。」
 わたしのアソコに指が滑り込む・・・・
「あぁん・・・あはぁん・・」
 簡単に飲み込むわたしの膣・・・・
 おしりにも指が滑り込む・・・
 なんともいえない感覚が背筋を駆け上がる・・・
「あぅぅっん・・・・ひぃ・・・」
 そして、前後の指は出し入れを始める・・・
「感じてるぜ。もう。」
「あぅ・・・うぅ・・・・」
 唇を緩めて、よだれをたらしてしまう・・・
 こんなに見られて・・・
 物として扱われて・・・
 感じてしまう身体・・・・
 だんだん指の動きにあわせて腰をくねらせる・・・
 クチュクチュクチュ
 ガムを噛むような音・・・
 わたしのアソコから聞こえる・・・
「ん・・うん・・・ん・・・」
 声を抑える・・・・
 息苦しいよ・・・
「こいつ、腰を振ってるぜ。たいした淫乱だな。」
「なかなかいい締りしてるぜ。吸い付くようだよ。」
 わたしのあそこが品評される・・・
 そして、わたしは男たちの視線の中、身体を痙攣させ絶頂を迎えた。



アパレル&シューズ

厳選された淫らな姿をJGIRL PARADISEがお届け!
激ヤバ素人無修正動画 AV初出演の・・・

もう止めてぇっ!壊れちゃう!
 
32
 調教師が背後に立つ・・・・
 それだけで、大きな威圧感を感じ振り返る・・・・
 無言で縄をさばき・・・・
 わたしの胸の上に充てる・・・・
 チクチクした感触を肌に感じる・・・・
 思っていたよりも硬い感触だ・・・・
「あっ・・・・」
 わたしも真美みたいに・・・・
 そう思っただけで、小さく声を上げる・・・
 縄はだんだん身体に絡み付いてくる・・・
 シュルシュル・・・
 音を立てて引かれる縄・・・・
 縄が息苦しいくらいに締まる・・・
 縊りだされる肉・・・・
 胸が絞りだされる感触に思わず身体をかがめてしまう・・・
 何もいわずにおしりに平手が飛ぶ・・・
 それも手加減が感じられない・・・・

「ごめんなさい・・・」
 わたしは謝って、また身体を立てる・・・
 無言で男は縄を巻き続ける・・・

 上半身が終わると、手首に縄が巻かれる・・・・
 手首を何周かして、手首の間に入り込む・・・
 そのまま、天井に縄が架けられたかと思うと・・・
 男は縄を引く・・・
 いきなり伸び上がる私の身体・・・
「あぁっ・・・」
 体中の縄がいろいろな方向へ、でも身体の中心に向かって締め付ける・・・・
 震える身体の輪郭を撫でる男・・・・
 自分の作品を愛でるように・・・・
 そのまま、真美と同じように、膝に縄が巻かれる・・・・
「あっ、あっ、恥ずかしい・・・」
 縄を引かれるとわたしの花芯が丸見えになるのはわかっている・・・・
 それが、今どんな状況なのかも・・・・
 男は黙々と作業をする・・・・
 天井に縄を掛け、引く・・・・
「あああぁぁ!」
 恥ずかしさに叫んでしまう。
 わたしも真美と同じように・・・・
 でも、少しあそこが開いたのか、
 恥ずかしいお汁が内股を伝う・・・・
「ピンクだな。使い込まれてない、いいオマンコだ。」
 男はそこに手を添え、状態を確認する。
「あぁ・・・恥ずかしい・・・・」
 わたしは顔を伏せることしかできない。
 そんな、奴隷の感情なんて、調教師には関係ない。
 作業が終わったのか、タバコに火をつけ・・・
 深く息を吐き出す・・・
 ステージ上だけのライトに紫の煙が絡みつき消える・・・・
 咥えタバコで、ステージのカーテンを引く・・・
 わたしたちの周りを囲むように円状にピンクのカーテンがしまり、頭上の明かりが消える・・・

 開演前の静寂・・・・
「大丈夫?」
 真美がわたしに声をかける・・・
「あぁ・・・どうなるの?」
「うん、中川さまたちに喜んでもらうの。」
「わたし・・・・」
「大丈夫。美咲さんもすぐにわかるわ。」
「・・・・」
 黙りこむわたし・・・・
 マゾの快感はバーチャルでも教え込まれている・・・・
 でも、現実では自分がどうなってしまうかわからない・・・
 真美のように・・・・
 真美以上かも・・・・
 不安・・・・
 でも、身体は何かを期待している・・・・
 ドキドキと弾む胸・・・・
 そう、それは怖さなんかじゃなくて、もっと複雑なもの・・・・
「音楽が始まったら、身体をくねらせるの・・・・」
「えっ・・・・」
「挑発するように・・・」
 真美が吊られた不自由な身体をくねらせる・・・・
「男の人を喜ばせたら、高く買ってもらえるわ。」
「買う?」
「言葉どおりよ。」
「わたしたちは売られるの。」
「えっ・・・・」
「奴隷としてね。」
「そんな・・・・」
「真美・・・・それでいいの・・・」
「えぇ・・・中川さまの役にたてるの・・・この前は売れなかったから・・・最低金額の3000万を出してもらえなかったの。」
 真美は空ろな瞳で笑う。
 洗脳・・・・
 そんなものかもしれない・・・・
 わたしも売れなければ、真美のように・・・・
 バーチャルの意味がわかったような気がする・・・・

 だんだん、カーテン越しに外の気配がわかってくる・・・
 何人もの人の声・・・・
 挨拶・・・・
 雑談・・・・
 ショーの前のくつろいだ雰囲気・・・・
 もうすこししたら・・・・
 この身体をさらすことになる・・・・
 そして、電気が消されて、音楽が始まる・・・・
 ビートのきつい最近の曲・・・・
 それにあわせて真美が身体をくねらせる・・・・
 点滅する照明がいきなり私たちを照らす・・・
 そう、悪魔のサバトが始まったんだ・・・
 わたしも真美と同じように身体をくねらせ始める・・・
 でも、真美と違ってぎこちない動きだった。



アパレル&シューズ

厳選された淫らな姿をJGIRL PARADISEがお届け!
激ヤバ素人無修正動画 AV初出演の・・・

もう止めてぇっ!壊れちゃう!
 
31
 まるで、品評会に出される犬のように・・・・
 
 そう、お風呂のあと、全身をローションでマッサージされ、
 髪の毛を巻き始める・・・
 器用に手つき・・・・

「わたし、美容師になろうと思ってたんだよ。」
 そう言って、微笑む真美・・・・
 メイクも完璧・・・・
 すぐに今どきのアイドルっぽいわたしが出来上がる。
 ちょっときつめの目元・・・・
 いつものわたしの雑なメイクと違って・・・
 全体的に輝きを持った表情になっている。

「かわいいよ。たぶんみんな喜んでくれるよ。」
 真美が鏡の後ろから微笑む。
 でも、これはあくまで、恋人にみせる姿ではなく。
 奴隷としてのメイクなんだ。
 そう、男の人を喜ばせるため。

「うん・・・・」
 わたしは、あいまいな返事をしながら、鏡の中の自分を見つめる。
 その間に、真美も身支度をする。
 もう、逆らうとか逃げ出そうなんて気持ちはなかった。

 そのうち、男が呼びに来る・・・・
 オールバックの不精ひげの中年・・・
 サングラスをして黒いカッターシャツにエンジ色のネクタイ・・・
 マジシャンのような感じがする・・・・
 なんか、ダークな雰囲気を醸し出している。

「あっ、先生、よろしくお願いします。」
 真美はあいさつをする・・・
 わたしは身体を隠して、俯く・・・

「こいつは挨拶できないのか?」
 わたしの顔を覗き込む。
「美咲さん、調教師の鳥飼先生。」
「あっ・・・あの・・・よろしくおねがいします。」
 不安そうに鳥飼さんを見る。
 なんか、すごい迫力みたいなのを感じる。
 調教師・・・・
 わたしの挨拶に無言で、わたしの身体を凝視する。
 見られたところが、焼けるような感じ・・・・
 そして、黒い皮手袋の手でわたしの身体を撫でる・・・
「フフ・・・まあいいだろう・・・」
 わたしのおしりをピシャピシャと叩く。
 品さだめ完了みたいな・・・・

「いくぞ。」
 あくまで最低限の言葉しか発しない。
 真美に促され、鳥飼さんの後に続く。
 裸で廊下を歩いて、別のお部屋へ・・・・
 素足で冷たいタイルの感触を確かめながら・・・・
 もう、わたしは・・・・
 そんな想いがこみ上げてくる・・・・

 そして、お部屋に通される・・・・
 小さなホールといった部屋・・・
 ふかふかのじゅうたんが敷いてあって・・・
 真ん中にすこし盛り上がった大理石のステージがある・・・
 まわりを取り囲むように・・・
 ソファーが並べてある・・・・

 追い立てられるように、ステージに上げられる・・・
 2人に渡される首輪・・・・
 それも、犬の首輪みたいにちゃちなものじゃなくて・・・
 ずっしりとした重みがある・・・・
 それを真美は首に巻く・・・・
 慣れた手つきで首に巻き金具をしめる・・・・
 まるで、アクセサリーを身につけるみたいに・・・・

 わたしも戸惑いながら、首に巻く・・・・
 先に終わった真美が手伝う・・・
 手際よく、金具を止める・・・・
 そのまま、潤んだ目でわたしを見る・・・
 わたしも彼女を見つめる・・・
 小さくすぼめたピンクの唇・・・・
 白い肌に黒い首輪・・・
 その彼女をみじめだとか思わない・・・
 むしろ、見とれてしまうほど綺麗って思う・・・

 そして、男は縄をもちわたしたちの後ろに立つ・・・
 まず、真美から縛り始める・・・
 おとなしく縄が巻かれていくのを耐える真美・・・
 まるで、緊縛写真のようにきっちりと胸がくびりだされる・・・
 ギシギシと音を立てそうなくらいにきつく食い込む縄・・・
 手首に巻きついた縄は、天井から伸びた縄とつながれる・・・
 脚を閉じて大事なところだけは隠す真美・・・
 でも、それは許されない・・・
 膝に何重かの縄が巻かれ・・・・
 天井にその縄を架ける・・・
 開かれる股・・・・
 真美の紫色の女陰がさらされる・・・
 恥じらいの表情で目を閉じる真美・・・・
 男の人でなくてもドキドキするくらい美しい・・・・

 そして、次は私の番・・・・




アパレル&シューズ


素人娘・素人妻、ハメ撮り流出動画エロスプラネット since2003

極限達磨アクメ拷問!鬼畜の電マ地獄!

もう止めてぇっ!壊れちゃう!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。