FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 ブログに今書いた小説をアップすると、わたしはため息をつく・・・・
 傍らのティーカップに口をつける・・・・・
 みんなどんな感想を書き込んでくれるだろう?
 それはわたしの夜の秘密の楽しみだった・・・・
 たぶん、会社のみんなもわたしがこんなことしてるなんて思わないだろうな・・・・
 お昼は普通の24歳のOL・・・
 でも、家に帰ったらカリスマネット官能小説家・・・・
 それもSM小説だったりする・・・・
 自分の妄想をワープロで書きなぐる・・・・
 普通の子にはできないいやらしい妄想・・・・
 自分を重ね合わせて・・・・
 もちろん、Sじゃなくて陵辱される方に重ねている・・・・
 そして、書きながら濡れる・・・・・
 わたしはノートパソコンを閉じて、ベットの上に・・・・・
 自然に手は身体を這う・・・・
 いやらしく身体の線をなぞり・・・
 わたしの手じゃなくなって・・・・
 その手はパジャマの中に入り込む・・・・
「あっ・・・・・」
 下着の上から擦る・・・・
 さっき書いてた小説がわたしの身体を敏感にしている・・・・
 もう、綿のショーツなのに・・・・
 指に湿り気を感じる・・・・
 わたしは小説の中の桂子になる・・・・
 そう、桂子はわたしの分身・・・・
 SMに飛び込む勇気のないわたしの代わりに・・・・
 Sの人に陵辱されてくれる・・・・
(濡れてるぜ・・・・)
「あぁ・・・はずかしい・・・」 
 指の動きが早くなる・・・・
 亀裂を擦る・・・・
 そしてショーツを食い込ませるように引っ張る・・・・
「あん・・あん・・・・」
 そう、下着は股縄のようにアソコに食い込む・・・・
 そのまま、小刻みに緩めたりひっぱったりする・・・・
(ほら、脱ぐんだ。)
 わたしは命令を受ける・・・・
 パジャマのボタンを外していく・・・・
 前がはだける・・・・
(そんなんじゃダメだ・・・もっといやらしく脱ぐんだ・・・)
 わたしはベットの横に立ってパジャマの下を脱ぐ・・・・
 上も剥がして下着だけになる・・・・
 そのベットの横に立てかけた大きな姿見に写る・・・・
 あんまりボリュームはないけどいけてるって思っているわたしの身体・・・・
 グラビア誌の表紙の女性にくらべても、あんま遜色ないって思う・・・
 ダイエットだってそこそこしてるし・・・・
 ウエストのくびれたとことか・・・
 案外自分でも自身あり・・・
(下着も脱ぐんだ・・・)
 命令を受け、ブラをはずす・・・・
 小刻みに震える胸・・・・
 そんなに大きくないけど形はいいと思う・・・・
 硬くなった胸の先だって・・・
 小ぶりでかわいいと思う・・・・
 それを人差し指と中指でつまむ・・・
「あっ・・・・」
 悩ましげな吐息が少し開いた唇から漏れる・・・・
 いやらしい子・・・・
(フフ・・・感度のいい胸だ・・・もう固くなっているぜ・・・)
 わたしの指が胸の先をもっときつく・・・抓るように・・・
「あぁぁぁぁん・・・・」
(この様子だと下もどうなっているか想像できるぜ。脱ぐんだ。)
「はい・・・・」
 上目づかいに姿見を身ながら・・・・
 ショーツの両脇に指を滑り込ませる・・・・
 そのまま太股を滑らせていく・・・・
 つま先から抜いて、あそこを手で隠す・・・・
(かくすんじゃない!)
 わたしはそっと手をとる・・・
 でも脚は開かないで・・・
(脚をひらけ!)
 無情な命令にM字に脚を開く・・・・
「あぁ・・・はずかしい・・・」
 正面の姿見が直視できない・・・
(フフ・・・いやらしいマゾだ。脱ぐだけでこんなにヌルヌルになって)
 わたしはあそこを指で撫でる・・・
 指にお汁が絡みつく・・・
 すごい濡れてる・・・・
(自分で開いてみろ。恥ずかしいオマンコを)
「あぁん、栞の恥ずかしいあそこ、見て下さい・・」
 中指と人差し指であそこを開く・・・・
 シーツの上にトロッとしたものが垂れて染みを作る・・・
(お仕置きだね。こんなに感じる子には)
「あぁ・・・許して・・・・」
 わたしは許しを請うように上目遣いに宙を見つめた。





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

 

「あぁ・・・・・」
 桂子は小さなうめきを上げる。
「奥さん、いい身体をしてるな。」
 酉島の手が桂子の胸を持ち上げる。
「あぁ・・・だめっ・・・・」
 全裸で両手は吊られている。身体を捻るしか出来ない。おぞましい感覚。まさかこんな男に。
「最初から奥さんを狙ってたんですよ。高野を罠に嵌めたのもあなたのせいですよ。初めてパーティで出会ったときからこうなる運命だったんですよ。」
 後ろから身体を抱かれて、首を左右に振るだけ・・・・・
 綺麗にセットしていた髪が乱れる・・・・・
「ケダモノ・・・・」
 吐き捨てるように言う。
 でも、睨む目は弱弱しい・・・
 荒々しく揉まれる胸・・・・
「しかし、自分から彼のために生贄になるなんていじらしいですね。さっきのストリップ・・・すばらしかったですよ。ククッ。」
 そう、この男の前で全裸になったわたし・・・・
 主人の会社を助けてくれるという条件で・・・・
 極限的な羞恥を受けた・・・・
 でも、それに身体が反応しているのも気づいている・・・・
 たぶん、胸を揉む手もわたしの感じきった乳首に気づいているのだろう・・・・
「あぁ・・・もういいでしょ・・・・」
「約束では、奴隷になる・・・でしたよね。一生・・・・。」
「あぁん・・・・」
 そう、酉島の奴隷になること・・・・・
 それしかなかった・・・・
 だまされて巨額の借金を背負った尚也・・・・
 それにやさしく手を差し伸べた酉島・・・・
 わたしが身売りすることを条件に・・・・
 尚也はそれを拒否した・・・・
 でも、わたしは今日、彼に内緒でここに来た・・・・
「すばらしい身体です。それに反応も・・・・・」
「あぁ・・・・あぁ・・・・・」
 夫の犠牲になって、忌み嫌うべき男に身を任せる・・・・
 初めて会ったときから、酉島の邪悪さをなんとなく気づいていた・・・・
 わたしを見る欲情的な目にも・・・・
 わたしの身体のラインに沿って這う毛深い手・・・・
 そのなぞり方は尚也のように愛に満ちたものではない・・・・
 奴隷を品定めするような冷たさを感じる・・・・
「フフ・・・素晴らしい・・・この身体を自由に出来るなんて・・・・」
「あん・・・・・」
 酉島はわたしの前にかがむ・・・・
「もっと脚を開いてください。」
「あぁん・・・恥ずかしい・・・・」
 わたしは少しだけ脚を開く・・・・
 あそこに添えられた指は引きつるくらいに亀裂を広げる・・・・
「綺麗ですよ・・・・ピンク色で・・・・人妻だなんて思えないくらい・・・」
 突き刺さる視線・・・・
「あぁ・・・見ないで・・・・」
「それに・・・・クスッ・・・・・」
 酉島の笑いの意味はわかる・・・・
「ドロドロですよ・・・・見られて感じてるんですか・・・・」
 トロッとしたものが太股を伝う・・・・・
「あん・・・・恥ずかしいの・・・・・」
 もう、オシッコがもれそうな感覚・・・・・
 酉島の指がその淫液をすくうように動く・・・・
「あぁっ・・・・・」
 身体に電気が走る・・・・
 触られただけなのに・・・・
 どうして、こんなに感じちゃうの・・・・
「身体は正直です・・・・触って欲しいってね・・・・」
「あぁ・・・ちがいます・・・・あぁん・・・・」
 脚が小刻みに震える・・・・・
「だめですよ。自分に正直にならないとね」
 バシッ・・・おしりに平手打ちが飛ぶ・・・
 それも跡が残るくらい強く・・・・
「きゃ・・・あん」
「いい声だ」
 また、さっきより強い平手・・・・
 バシッ・・・
「いやっ・・・痛い・・・やめて下さい」
「おやっ。まだ自分の立場がわかっていないようですね」
 バシッ・・・・・
 バシッ・・・・
 強い平手が何発も・・・・
「あぁっ・・・うぅ・・・・・」
「ほら、何発でも叩きますよ」
「あぁぁ・・・・」
 手にもっと力がこもる・・・・
 思いっきりって感じ・・・・
 スパンキングの音が地下室に木霊する・・・・
「きもちいいんでしょう」
「あぁ・・・気持ちいいです・・・あぁ」
「桂子は変態のマゾだからね」
「はい、わたしは変態のマゾです・・・」
「そうだ、それがお前の本性だ」
 そういわれると、そんな感じがしてくる・・・
 ううん、違う、圧倒的な立場の違いと暴力・・・・
 それに怯えてるだけ・・・・
 でも、それはアソコの痺れとあふれる愛液のいいわけに過ぎなかった。




書籍紹介
登場人物 :
ちさこ(32歳)未亡人 、あゆみ(25歳)人妻 、えりこ(20歳)女子大生 、としこ(28歳)人妻 、さちこ(20歳)その他

あらすじ :
最愛の夫・克義を亡くし、莫大な借金を残された羽鳥千紗子。窮地に追いこまれた未亡人に、克義の部下だった梶尾が、悪魔の誘いをかける。「私の女になれば、借金も肩替わりし、お子さんの身分も保証しますよ」「……お願いします。言う通りになります」血を吐く思いで口走った千紗子。亡夫の思い出が染みこんだ社長室でストリップショウ、誰にも見せたことのない菊花を自ら開陳させられ、獣牢生活の中でアナルの快楽を覚えこまされる恥辱、屈辱、嬲辱!! 昼夜を問わず、千紗子の身も心も貪り尽くした新社長一族のおぞましい魔手は、若妻・亜由美、女子大生・江里子にも向けられていった。三者三様の緊縛図が哀しくも美しい、ボンデージレイプ!

シチュエーション :
肛姦 凌辱 露出(下着・水着・裸) 自慰 縄・緊縛 鞭・スパンキング 浣腸 処女 言葉嬲り 羞恥プレイ 

 
8
「あっ、終わったの?」
 店長と戦いながら、裕美さんはよそ見をする。
 だめ、危ないよ・・・
 その隙を店長は逃さない・・・・
 両手を素早く突き出す・・・・
 でも、それは空を切る・・・・
 裕美さんは空中に逃れている・・・
 人間わざとは思えないジャンプ・・・
 宙で1回転して着地・・・
 その地点に店長はもう回りこんでいる・・・
 また手の甲で払う・・・・
 まるで、蟷螂そのもの・・・
「見切ったよ。こんなの。」
 裕美さんは手のひらでその拳を受け止める・・・
「ぎゃぁぁぁぁ」
 大きな声を上げたのは店長・・・
 手がありえない方向に捻じ曲がっていた・・・
 何が起きたのかわからない・・・
 裕美さんは店長の拳を受け止めて弾き返しただけ・・・
 手を押さえてのたうちまわる店長・・・・
 それに比べてなんでもなかったかのように真由子先輩と話す裕美さん・・・
「やっぱ、裕美さまにはかなわないわ。」
「でも、優華もなかなかだよ。1対1なら軽いでしょ?」
「そうですね。裕美さまほどじゃないけど。クスッ」
 裕美さんはもがく店長を蹴り上げる・・・
 中年の身体がサッカーボールのように宙に上がる・・・
 後ろで手を組んだまま簡単に蹴っただけなのに・・・
 それを真由子先輩が宙で蹴る・・・・
 こっちはスピードの乗った鋭い蹴り・・・
 店長の身体は美奈先輩の方へ弾かれる・・・・
 ドサッと言う音を立てて美奈先輩の足元に落ちる・・・
 もう、完全に失神している・・・

「ふぅん、やるのねっ」
 心なしか声が震える美奈先輩・・・
「あなたもやるの?」
 見下すような目の真由子先輩・・・
 ナイフを取り出す美奈先輩・・・
 でも、真由子先輩は構えて睨みつけるだけ・・・
「やめておいたほうがいいわ。わたしが言うこときいてたのは店長と木藤がいたから。あなたは関係ないわ」
 まるで炎をまとったような迫力・・・
 美奈先輩は肩を落として、ナイフを置く・・・
「いい子ね。ちゃんとプロの調教師に仕込んでもらうから。安心して、新しいお店で働いてね」
 裕美さんも意地悪そうに言う・・・・
「あぁ・・・」
 小さく呻いてその場に座り込む美奈先輩・・・
「NGなしの変態マゾとしてね・・・・」
 その場で顔を覆って泣く美奈先輩を尻目に、店長の上に乗って飛び跳ねる・・・
「こいつとこいつはクビっ!」
 木藤を指指し、店長の上から降りる・・・・
「それから・・・んーと・・・優華」
「はい・・・」
「お帰りっ。つぎの店長は優華だよっ」
 満面の笑み・・・・
「ありがとうございます」
 まるで、主君に仕える女騎士・・・・
 そういうふうに膝をついて礼をする・・・
「それで、沙耶っ!」
 呼びつけられて、ビクンってなってしまう。
「優華をサポートしてね。副店長って感じかなっ。あっ、今は優華じゃなかったっけ。」
 やさしく微笑みかける・・・・
「はいっ・・・」
 わたしもその言葉に元気に微笑んだ・・・


28
 あれから、わたしは真由子先輩・・・・
 いえ、優華先輩と暮らしている・・・
 いつも一緒にいるって感じ・・・・
 お風呂も寝るのもいっしょ・・・
 そして・・・・
 ときどき・・・・
 お仕置きもしてもらう・・・・
 やさしい先輩も・・・・
 きびしい先輩も・・・・
 意地悪な先輩も・・・・

 みんな好きっ・・・・

 それから・・・・
 裕美さまのところにも一緒に連れて行ってもらう・・・

 そう・・・・
 優華先輩は昔、裕美さまの奴隷だったの・・・・
 それも、大学の時から・・・・
 そのお話は優華先輩に何度も聞かせてもらった・・・・
 
 今日も・・・・
 首輪をして・・・・
 下着をつけずに・・・・
 あの、お屋敷に・・・・
 優華先輩もおそろいの首輪・・・・
 
 そして・・・・
 裕美さまのところには、佳奈子さんって言う人もいる・・・
 すごく美人で優しい人だ・・・・
 裕美さまの義理のおかあさんって言ってた・・・・
 
 4人で一晩中愛し合う・・・・
 SMのために作られた部屋・・・・
 磔台・・・木馬・・・・椅子・・・・
 そこには日常には必要のないものばかり・・・
 でも、そこには一番必要なものがあった・・・
 愛・・・

「そろそろ行こうか?」
 優華先輩がわたしに声をかける・・・・
 ドレッサーに映る先輩・・・・
 わたしは振り返って、微笑み・・・・
 甘えるように唇を重ねた・・・


          了





 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。