FC2ブログ

プロフィール

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12
「そろそろ奉仕してもらおうか。」
「そうだね。そろそろ我慢できなくなってきたし。」
 ミノルと澤木が言う。
 わたしの身体から手が離れる。
 もうすこしで逝きそうだったわたし。
 その場にしゃがみこみ、物欲しそうに彼らを見上げてしまう。
 カチャカチャとベルトをはずす澤木さん。ズボンと下着を下ろすと、屹立したグロテスクなものが現れる。
「ほら、どうするんだ。好きなんだろ。これが。」
「うぅ・・・・」
 目の前の椅子に座る澤木さん。
 ここまで、はっきりとこんなのを見るのは初めてだ。
「咥えさせてください・・・だろっ」
 ミノルがわたしの前髪を掴む。そのまま澤木さんの足元に。
「咥えさせてください・・・」
 ミノルの言葉を繰り返す。
「何をだ!」
 ジンさんが先の割れた鞭でおしりを打つ。
「ぅぅ・・・おちんちん・・・です」
「じゃあ、おねだりしろっ」
 また鞭が飛ぶ。
「あぅっ・・・栞は・・おちんちんが・・・好きです。栞におちんちん・・咥えさせてください・・・」
 ミノルの笑い声・・・
「いいぜ。ちゃんと咥えるんだぜ。」
 澤木さんも笑いながら言う。
 わたしは、その言葉に前に進み、両手で恭しくそれを包み込む・・・・
 フェラって知ってるけど、実際は初めてだった・・・
 両手に鼓動を感じるくらい固く屹立したもの・・・・
 その先に舌を這わせる・・・・
 根元の方に舌先を動かしていく・・・・
 そして、今度は根元から先へ・・・
 アイスを舐めるときみたいに・・・・
 ゴツゴツとした起伏を舌に感じながら・・・・
「うぅ・・・」
 ときどき上目遣いに澤木さんの顔を見上げる・・・
 わたしを見下ろす威圧感のある冷たい目・・・・
 さっきまではどう見てもふつうの小太り男性だった・・・
 普段はNGなタイプだ・・・声も甲高くって耳に障る・・・
 でも、今は見つめられただけで、身体が震えるほどの服従心が芽生えている・・・
「咥えろ!」
 前髪をわしづかみにされる・・・・
 わたしは先に唇をかぶせる・・・・
 引っ張られるままに飲み込んでいく・・・
 半分くらい・・・・
 だめ、もう・・・・
 目を閉じる・・・・
 でも、力強く引き寄せられる・・・・
「ぐぅ・・・・」
 口を大きく開けているのに・・・
 いっぱいになる・・・・
 のどに届きそうなくらいまで・・・・
 そのまま・・・今度は離される・・・・
「ぅ・・・ぐ・・・・・」
 吐きそうになる・・・・
 でも、そんなこと澤木さんには関係ないかのように前後に手を動かす・・・・
「舌を使うんだよ・・・おい、鞭を入れろ。」
 お尻で鞭がはじける・・・・
「うぅ・・・おぉ・・・・」
 目尻から自然と涙がこぼれる・・・・
 必死で舌を動かす・・・・
 苦しむ姿が面白いのか彼らは笑いながらわたしを責める・・・・
 何度もお尻を叩く鞭・・・・
 摩耶さんの高い笑い声・・・・
 背中を踏みつけるミノル・・・・
 澤木さんは手の動きを早くする・・・・
 息をするのも困難なくらい・・・・
 澤木さんの息遣いも速くなる・・・・
「ハハハ・・・出すぜ・・・こぼすなよ・・・」
 のどの奥で怒張がはじける・・・・
 張り付くような熱い粘液を感じる・・・・
 生臭い苦いような香りが口の中に充満する・・・・・
 残りを出し切るようにゆっくりと顔を前後に動かされる・・・・
「うぅ・・・げぇ・・・」
 口の端からこぼれるよだれと精液・・・・
「こぼすな!」
 強い口調にわたしは目を閉じて飲み込む・・・・
 のどをコクンって鳴らして・・・・
 元気のなくなったものが口からひき抜かれる・・・・
「けほっ・・・」
 咳き込むわたし・・・・
 でも、次にジーンズを下ろしたミノルがわたしの前に立つ・・・・
 弱弱しく見上げるわたし・・・・
 白い歯で笑ってわたしの前髪を掴む・・・・
 休む暇もなく・・・・
 まるで性具になったわたし・・・・・
 唇に固いものが押し当てられる・・・・
 わたしは唇を開いてそれを受け入れていくしかなかった・・・
 
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 
11
「お願いされてやるぜ。朝のオマンコもよかったしな」
 若い男が首輪を取る・・・
 首を覆うような太い首輪・・・・
 愛玩犬用じゃない・・・
 明らかにSMの道具・・・・
 銀の金具が光っている・・・・
 わたしは髪の毛を書き上げて顔を上げる・・・・
 首輪がつけやすいように・・・・
「素直じゃん」
 さからっても仕方ない・・・・
 奴隷を演じるしかない・・・
 わたしが小説に描いているようなマゾ奴隷のように・・・・
 太い皮が巻かれる・・・・
 そのまま締められる、圧迫感をもって・・・・
 もっと緩いと思ってた・・・・
 そのまま2本のベルトが締められる・・・
 簡単に解けないようになっている・・・
 正面の鏡にわたしの姿が映る・・・・
 ネットのSM画像のような姿・・・・
「にあってるじゃん。かわいいよ」
 鎖の根元の部分を掴んで、わたしを引き寄せる摩耶さん・・・
 至近距離でわたしの顔を見る・・・・
 わたしも、目をそらすことができない・・・
 それにしても美人・・・
 そして、吸い込まれそうな黒い瞳・・・・
 その瞳がもっと近づく・・・・
 唇がわたしの唇に触れる・・・・
 わたしは目を閉じる・・・
 摩耶さんの舌が唇の間から滑り込んでくる・・・・
「うぅ・・・」
 小さく呻きながら、わたしも舌を絡める・・・・
 同性とこんなのしたことない・・・・
 それにこんな甘美なキス初めて・・・・
 元彼とのキスもこんなに身体がしびれるような感覚はなかった・・・・
 それから、首筋から身体に這っていく指・・・・
 まるで、わたしの感じるところをしっているかのように・・・・
 わき腹・・・お腹・・・・下腹部へと進んでいく・・・
 身体がすごい熱くなっていく・・・・
「あぁ・・・・」
「かわいいよ。独り占めしたいくらい」
 唇を離して、微笑む摩耶さん・・・・
 ゾクッとするような微笑・・・
 それだけで、服従してしまう、まるで女王蜂・・・
「だめだよ。俺らも楽しみにしてたんだから・・・栞の調教って抽選なんだぜ」
 ミノルが不満そうに言う・・・
「そうだったわね。じゃあ、次の抽選にも参加するわ」
「でも、100人待ちだっていうよ。こんなかわいい子久しぶりだからね」
 100人待ち・・・・
 そんな・・・・
「30日だから、もう回ってこないですよ」
 冷静にジンって人が言う・・・
 わたし、こんな風に毎日、違う人たちに・・・
「最初でラッキーだな。1ヶ月後はボロボロだぜ。あらゆる変態行為されてさ」
「でも、そんな栞もみてみたいわ」
 もう一度ぎゅっとだきしめられる・・・
 わたし・・・どうなっちゃうの?
 それを引き離すジンさん・・・・
 縄を手にしている・・・・
 とりあえずわたしの胸の上にあてられる麻縄・・・・
 チクチクとした感触・・・・
 後ろを一度回って下へ・・・・
 胸がギュッと搾り出される・・・・
「あぅ・・・・・」
「こういうのされたかったんだろ。小説読んだぜ。フフ」
 そう、わたしの小説の主人公は縄で縛られる・・・・
 ネットで見たSM画像・・・・
 実際に綿ロープでしかしたことがない・・・・
 それに自分で縛るのとは全然ちがう・・・・
 壊れそうなくらいきつい縛り・・・・
 息苦しいくらい・・・自然に息が荒くなる・・・・
 でも、胸の上下を何往復もする縄・・・・・
 腰にも別のロープが巻きつけられる・・・・
「感じてるぜ。嬉しいんだろう?」
 男の言葉に首を左右に振る・・・・
「じゃあ、こうしてやろう」
 股間を通る縄・・・・
 後ろからギュッとひっぱられる・・・・
 ちょうど作られた瘤があそこに食い込む・・・・
 爪先立ちになるけど、避けられない・・・・
「あぁ・・・あん・・・・・」
 私が腰を振るのを楽しむようにジンさんが縄を上に引く。
「嬉しいだろ?」
「あぁん・・・だめっ・・・」
 恥ずかしいくらいに硬くなった胸の先を摩耶さんが舐める・・・・
「ひっ・・・・あぁん・・・・だめっ・・・だめなの・・・」
 甘い声でもだえるしかない。
「こいつ真性だぜ。」
 ミノルがもう一方の胸にむしゃぶりつく。強く胸をつかんで先に舌を這わせる。
 澤木の手がわたしのお尻に爪を立てる。そのまま後ろに座り込みわたしのお尻を左右に開く。
「あ・・ぁあん・・・はぁぁん・・・」
 悩ましげに身体をくねらせて悶えるしかない。
 その動きを縄がとらえ、新たなマゾの快感を呼び起こす。
「こんなに感じてちゃ。もたないぜ。」
 胸の先に歯を立てながら笑うミノル。
 自分でもどうなってしまうのかわからない。
 その底なしの恐怖と快感に身を委ねるしかない。
 わたしは、甘い声をあげながら、彼らに翻弄され続けるしかなかった。


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。