FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
23
 好奇の視線にさらされるわたし・・・・
 若く見られるといっても高校生には見られたことはない・・・
 髪の色もチョコレートブラウンだし、メイクも彼女たちと違う。
 
「なに?あれっ」
 あからさまに指を指して笑う子たちもいる・・・・
 男の子たちはわたしの胸や太腿に欲情的な視線を送る・・・・

「おねえさん。変態なの?」
 不良っぽい男の子が絡んでくる・・・・
「ねぇ。俺らと遊ばない?」
 軽口をたたいてわたしについて来る・・・・
 なれなれしくおしりをなでる手・・・・
「あぁ・・・だめっ・・・」
 赤くなって俯くしかない・・・・

 すぐに前ではしゃいでいた愛香が戻ってくる・・・・
「こいつ、わたしたちの奴隷なの」
 男たちに言う・・・・
 だめっ・・・・
 小学生みたいな子なのに・・・・
 でも前を歩くあゆみたちは戻ってこない・・・・
 何もないようにしゃべりながら歩いているだけ・・・・

「すみません。愛香さんの連れとは知らずに・・・」
 謝る男たち・・・・
「うん、いいよっ。こいつがエロいカッコしてるのが悪いんだし・・・」
 ニコッと笑う愛香・・・・・
 どうして???
 こんな子に・・・・
「ほら、栞も謝りなよ・・・」
「あぁ・・・ごめんなさい・・・」
 男たちに謝るわたし・・・・
 そして、また愛香は走って彼女たちのところに戻る・・・・

 そして、わたしはまた好奇の視線に晒されながら街を歩き続けた・・・・

 裏道に入る・・・・
 ちょっとホッとするわたし・・・・
 見られてるだけで身体が火照ってる感じ・・・・
 少し汗ばんでいる・・・・

 裏道に入ると、彼女たちが近づいてくる・・・・
 人のいないのを確認して、京子がわたしのブルマをずり下げる・・・・
「あぅ・・・いや・・・・」
「足開いて・・・」
 足を肩幅くらいに開く・・・・
「汚してないか確認するよっ」
 アソコに顔を近づけて、指で亀裂に沿ってなでる・・・
「ベトベトじゃん」
 あきれたようにわたしを見上げる京子。
「ごめんなさい」
「見られてよろこんでんじゃないよ。この変態。」
 クリットをつねりあげる。
「あぁっ・・・・」
「もう、はけないジャン。マゾのお汁で汚れて」
「あぅ・・・」
「なんとか言いなさいよ」
「ごめんなさい」
「引きちぎってやろうか」
「やめて、ごめんなさい」
 見た目がSぽくない分だけ余計に恐怖を感じる。
 それに本当に引きちぎりそうな力。
「痛い・・・あぁ・・・ごめんなさい」
 涙交じりの声になる。
「まぁ、いいかっ。でも、あとで覚えておいてね」
「はい・・・・」
 素直に返事をする。
 そして、またブルマを上げて、彼女たちの後に続いた。

 カラオケの店。
 でも、表どおりにあるようなキラキラした店構えじゃない。
 いかにもうらびれた建物。
 そして、申し訳程度の看板。
 その店に彼女たちと入っていく。
 いかにも顔見知りみたいに、店員の若い子に挨拶して奥の部屋に向かう。
 たぶん、ここは彼女たちの溜まり場なんだ。
 いちばん奥のつきあたりの部屋。薄暗い中に赤いソファーがテーブルを囲んでいる。
 奥にはステージ。
 それだけじゃない違和感。
 そう、ステージの反対側の壁には?形の木組みがあって、そこから鎖と手錠がぶら下がっている。
 その横にさまざまな鞭、棚には薬品とか注射器とかバイブ・・・・
 まるで、昨日のSMホテルのようにいろいろなものがそろっている。

 彼女たちは、かばんを放り投げて、思い思いの席につく。
 でも絵里菜はわたしの横に立ったまま・・・・
「じゃあ、わたしミルクティー」
「コーラ」
「カフェオレ」
 座った子たちが注文を言うと、すぐにドアの横の電話で注文を取り次ぐ。
「あの、ミルクティーとコーラとカフェオレ。あと、いつものウーロン茶2つ」
 一番不良っぽいって思ってた子なのに・・・・
 なんかこの子たちのメイドみたいに・・・・
 でもいつものウーロン茶って?

 そしてまたわたしの横に並ぶ絵里菜・・・・
「じゃあ、愛し合ってもらおうかな。マゾ奴隷どおし。」
 意地悪そうにわたしたちを見る京子。
「うん、嬉しいでしょ?絵里菜。おねえさまと愛しあえるのよ」
 あゆみもあおる。
「はい、うれしいです」
 わたしを見上げる絵里菜。
 大きな瞳が潤んでいる。
「じゃあ、脱いで。」
 冷たく言い切る愛香・・・・
 
 絵里菜はステージに上り、カーディガンのボタンをはずし始めた。


スポンサーサイト
[PR]

 
22
「いくよっ」
 ビニールのカーテンを捲り上げる愛香・・・
 人がたくさん歩いている表の雑踏が目に入る・・・
 手で大事なところだけ隠す・・・・
 このまま、裸で町を歩かせるつもりなの?

「でも、警察とかに捕まっちゃうんじゃない?」
 助け舟を出すあゆみ・・・・
「京子、今日、体育あったでしょ」
「うん・・・・」
「体操服貸してやりなよ」
「やだよっ。マゾのマン汁でよごれちゃうじゃん」
 おとなしそうな京子が言ってるとは思えない言葉・・・
「それより、あゆみも水泳部でしょ。水着とかもってないの?」
「持ってるけど。競泳用水着じゃ。おかしいっしょ」
 京子とあゆみが口げんかを始める・・・・
 どっちにしてもわたしが着てたらおかしいと思う・・・・
 それに、この子たちの服ってサイズが違う・・・・
 たぶんSサイズ・・・・京子のはSSサイズかも・・・・
「じゃんけんで決めたら?」
 愛香が言う。
「しかたないなぁ」
 あゆみが京子に向かい合う・・・・
「一回勝負っ。最初はグー、じゃんけんホィ」
 早口で言いながらグーを出してもう一度グーを突き出すあゆみ・・・・
 京子はあわてたようにチョキを出す。
「京子の体操服に決定!」
 あゆみが勝ち誇ったように言う。
「だめっ。ずるいよ。3回勝負」
 京子が口を尖らせる。
「マゾ奴隷からもお願いしなっ。裸であるきたいの?」
 絵里菜がわたしのおしりをつねる。
「体操服・・・・貸して下さい」
 わたしをチラッと見る京子・・・・
 何考えてるかわかんないけど、意地悪そうな微笑・・・・
「しかたないわねっ」
 京子が赤いスポーツバックをごそごそとし始める。
 ジャージだったらいいけど・・・・
 でも、京子が取り出したのは紺のラインが入った半そでシャツと紺のブルマ・・・・
「汚したら承知しないよっ。前と後ろにバイブ突っ込んで鞭で百叩きだからね。」
 わたしは服を手に取る・・・
「ありがとうございますは?」
 絵里菜がおしりをつねる手に力を入れる。
「あ、ありがとうございます」
「早く着なよ」

 わたしは体操着を着始める。
 シャツに首を通して・・・・
 やっぱちょっとキツイ・・・
 二の腕に食い込む袖・・・・
 お腹もおへそが見えるくらいの長さになる・・・
 ノーブラだから胸の先の形が浮き出る・・・

 それからブルマ・・・
 これもSサイズ・・・・
 おしりが半分くらいしか隠れない・・・・
 それに食い込みがきつい・・・・
 
「やだぁ、伸びちゃうよぉ」
 京子の泣きそうな声・・・・
「もっとちゃんとあげるのっ」
 あゆみがブルマの両側を持っておもいっきり引き上げる・・・・
「あぁ・・・・」
 同時に京子がわたしのあそこをなぞる・・・・
「それに、湿ってるよ。もう・・・」
「ごめんなさい・・・」
 謝ってしまうわたし・・・・
「もう、新しいの買ってもらうもん・・・」
 すねたように口を尖らせる・・・・

「じゃあ、行こうかっ。いつものとこ」
「うん」
 カーテンが開けられる・・・・
「ついてくるのよ。ちょっと離れてねっ」
「うんうん、こんな変態が連れだってバレるとヤバイし」
 そういって外に飛び出す彼女たち・・・・

 わたしはその恥ずかしい格好のまま、若者の街の雑踏へと歩みを進めた。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。