FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
27
 おしりがはれ上がったみたいに熱を持っている。
 うしろに愛香がしゃがみこむ。
「もういいじゃん。
 これくらいで・・・」
 わたしのおしりをなでる小さな手・・・・
「うん・・・そうねっ・・・」
 鞭を置くあゆみ。

「よく耐えたねっ」
 幼い声でわたしを慰める。
 頭をゆっくりと撫でて、わたしの頬を流れる涙を舐める。
「ごほうびあげるねっ」
 わたしに向かって微笑む。
 やさしい言葉にまた涙がこぼれる。
 
「喉かわいてるよねっ」
 うん、もう喉がカラカラだった・・・
 もしかして、休憩なの?

 わたしと絵里奈の前に洗面器が置かれる。
 お風呂で使うやつじゃなくて、口の広がった洗面器。
 そこにボトルのウーロン茶を注ぐ。

「飲みなよ。犬みたいにねっ。」
 意地悪そうに笑う愛香・・・・
 そんな・・・・
 でも、逆らったら・・・・

「絵里菜も飲んでいいよ」
 京子も笑いを含みながら、絵里奈の髪を掴んで洗面器の前に顔を持ってこさせる。

 わたしと絵里奈は仲良く顔を寄せて洗面器のお茶に口をつける・・・
 ピチャピチャと犬みたいにお茶を飲み始める・・・
 
「あっ、この洗面器ってこの前絵里菜がトイレに使ったやつじゃん。
 ちゃんと洗ったの?」
「うん、水で流したよ」
「洗剤とかは?」
「使ってないよ。だってスポンジとか汚れるし・・・」
「トイレ兼食器だね・・・まあ、こいつらにはいいかもね」
 笑いながらの京子とあゆみの会話・・・・
 蔑んだ目にさらされながら、わたしたちはお茶を飲み続けた。


スポンサーサイト
[PR]

 
26
「あっ・・・いっちゃう・・・あん」
 絵里菜が先に絶頂を迎える・・・・
 仔犬のようにブルブルと身体を震わせる・・・・
 わたしも背中を反らせる・・・・
「わたしも・・・あん・・・いっちゃうぅ・・・・」
 胸で挟んでたローターが下に落ちる・・・
 
 あゆみが2人のバイブを抜く・・・・
 わたしと絵里菜は、余韻を楽しむように唇を重ねあう・・・・

 パシッ・・・
「あぅっ・・・」
 絵里菜の顔がゆがむ。
「なんか気持ちよさそうジャン」
 絵里菜の後ろに黒いバラ鞭を持った京子・・・
 口元は笑っているのに、目は笑っていない。
「ごめんなさい・・京子さま・・・」
 絵里菜が謝る。
 でも、鞭は背中、お尻、太ももを打つ・・・
「気持ちよかったんだよね」
「はい・・・わたし・・・逝っちゃいました・・・」
 絵里菜の泣きそうな声。
「誰が逝っていいって言ったの?」
「ごめんなさい・・・クスン・・・」
 
 わたしは、絵里菜をかばうように絵里菜を上から包み込む・・・

「なに・・庇ってるの?」
 そのわたしの背中に鞭が飛ぶ。
 バシッ・・・・
 痛いっ・・・・
 こんなに思いっきり打ってるの?
 でも、痛みが引かないうちに、次の鞭・・・・
 今度はおしりに2発・・・・
「ごめんなさい・・・わたしが・・・あっ・・・悪かったです」
 この子たちがバイブとか渡したのに、わたしたちが謝る。
「フフ・・・栞はお仕置きを受けたいんだねっ。それじゃあ、ちゃんとお願いしないとねっ」
 冷たい声で京子がが言う。

「栞さん・・・ごめんなさい・・・・」
 潤んだ目でわたしを見る絵里菜。
 わたしはいいのよって感じでやさしく彼女を見る。

 身体を起こして、3人の前で正座する。
 絵里菜もわたしの横に並んで同じように。

「あの・・・わたし・・・絵里菜さんと・・・気持ちよくなって・・・ごめんなさい・・」
 手を前の床に重ねて置いて・・・・
 頭を床につける・・・・
 
「どこが気持ちよかったの?」
 わたしの背中をなでる鞭。
 鞭はあゆみの手に渡っている。

「あそこ・・・です」
 答えるとすぐにお尻を鞭が弾く。
「あそこってどこ?いいなさい!」
「あぁ・・・お○んこ・・・です」
 恥ずかしい言葉・・・
 彼女たちはドッと笑う。
「本当に恥ずかしいマゾだねっ」
 今度はわき腹・・・・
 肉の薄い部分・・・
 痛いっ・・・・
 ジーンとした痛みが後を引く・・・
「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・クスン・・・クスン・・・」
 謝りながら涙がこぼれてくる。

 絵里菜が心配そうにわたしを見ている。
 子犬みたいな目で・・・・

「おしりを上げな!」
 後ろに立って命令。
 わたしは頭を床につけたままお尻を上げる。
 
 あゆみは嵐のように私のおしりを打ち続けた。

 
25
「ほら、もっと愛しあうんだよ」
「これ使っていいよっ」
 バイブとローターをわたしたちの方に投げるあゆみ・・・・

 わたしと絵里菜は、だきあったまま、ステージに腰を下ろす。
 キスしたまま、お互いに身体を探りあう・・・
「あぁっ・・・」
「はぁ・・・あっ・・・・」
 二人の喘ぎがハーモニーとなる。
 絵里菜の手がわたしのアソコを捉える・・・・
 亀裂に沿ってやわらかく撫でる・・・・
 男の人とは違う繊細な愛撫・・・・
 そのまま、亀裂に滑り込む2本の指・・・
「あぁ・・・だめっ・・・」
「あたたかいよ・・・・」
 うっとりした声で呟く絵里菜・・・・
 わたしの指も絵里菜の滑らかな少し固いおしりを滑って前の方に・・・・
 彼女の大事な柔らかい部分を探り当てる・・・・
 もう、水びたしになっているあそこ・・・・
 そこを撫でると暖かい粘液が指に絡みつく・・・・
「あぁん、そこ・・・・あっ・・・」
 彼女の指がわたしの中で開いたり閉じたりする・・・・
 わたしもその部分に指を滑り込ませる・・・・
 クチュクチュ・・・
 かき混ぜるように指を動かす・・・・
 何度もどちらともなく唇をかさねる・・・・
 胸を押し付け合い、身体をくねらせる・・・・
 彼女の指があそこから抜かれる・・・・
 だめっ・・・まだ・・・・・
 そう思うまもなく・・・・
 ゴムの感触のものが押し当てられる・・・・・
 さっきのバイブ・・・・・
 わたしももう一本のバイブを手にする・・・・
 彼女のあそこに当てる・・・・
 わたしの中に入り込んでくるのと同時にそれを彼女の中に入れていく・・・・
「あぁぁん・・・・あぁん・・・・」
「はぁん・・・・あぁ・・・・・」
 バイブについた突起がわたしの襞を責める。
 もう、脳が蕩けそうな電気が走る。
「栞さん・・・はああぁぁんっ」
 絵里菜も同じ・・・
 わたしと・・・・
 バイブの挿入に感じている・・・・
 絵里菜の指がバイブのスイッチを入れる・・・・
 ブーンって振動音・・・・
 バイブから枝分かれした突起がクリットに突き刺さる・・・・
 わたしも同じことをする・・・・
 この子の方が慣れている感じ・・・・
「あっ・・・あうぅ・・・」
「あっ・・・ああ・・・」
 意地悪そうな3人の視線がわたしたちを見物している・・・・
 でも、声も身体のくねりも止められない・・・・
 絵里菜が胸に振動するローターを当てる・・・
 そして、落とさないように自分の胸を重ねる・・・
 もう一方は重なった乳首に挟むように・・・・
 そのままギュッと抱きつく・・・・
 もう・・・漏らしてしまいそうな刺激・・・・
 わたしたちは、何度もキスをして・・・
 甘い声を上げて・・・
 感じ続けた・・・・ 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。