FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
30
 突然、ドアが開いて女の人が入ってくる。
 でも、排泄は止められない。
 その人を目で追うだけ・・・・

「カメラで見てたんだけどさ。
 困るんだよね。
 お部屋汚されちゃ」
 ピンヒールの踵でわたしの背中を踏みつける。

「ご・・・ごめんなさい・・・」
 見上げると、髪がショートの30歳くらいの妖艶な女の人・・・・
 右唇の端が吊りあがっている。
 完全にSの表情・・・・

「オーナー・・・ごめんなさい。
 こいつら堪え性のないマゾなの・・・」
 愛香が女の人に言う。

「まあ、いいわ。
 あなたたちは未成年だから・・・・」
 わたしの方を睨む。
「でも、この子は大人よねっ。
 こんなことして恥ずかしくないの?」
 グリグリと背中の肉の少ないところをヒールで踏みつける。
「ごめんなさい・・・・」

 そのとたん最後の便が落ちて・・・
 洗面器の液があふれる・・・・

「きたないわねっ!」
 わたしの髪をつかんで、洗面器の傍に顔を近づける・・・・
「ごめんなさい。ちゃんと掃除します・・・・」
 許しを乞うしかない・・・・
「いわれなくてもやってもらうわ。
 それから、このお部屋、今日はもう使えないわね」
「あぁ・・・ごめんなさい・・・」
「ちゃんとその分は責任とってもらうからね」
 もう、顔の直前に洗面器・・・・
 髪の毛がつきそう・・・・
「お金ならあとで払います・・・」
「ふぅん、でもそれはダメ」
「あぁ・・・・」
「ここで、その分働いてもらうからね」
 手が離される。
 顔を上げるわたし・・・・

「じゃあ、ついてきて・・・」
 わたしは、身体を隠しながら、オーナーと呼ばれる女の後につき従った。
 


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
 
29
「あぁん・・・だめっ・・・・だめっ・・・」
「トイレ行かせて・・・あぁっ・・・」

 カラオケが終わるたびにみんなに懇願する。

 でも、すぐに新しい曲が入って・・・・
 もう、あと一曲って言われるんだけど・・・・
 約束は守られない・・・

 キュルキュル・・・・
 お腹の中で薬液が移動する・・・・
 もう、わたしも絵里菜も脂汗を浮かべている・・・・

「もう・・・・だめです・・・・・」
 絵里菜が洗面器をまたぐ・・・・
 まるでおしっこのような直線の軌道で茶色い液が洗面器に叩きつけられる・・・・
「あ~あ。やっちゃったぁ」
 ブリブリ・・・恥ずかしい音を立てながら絵里菜は排泄を続ける・・・・
「ごめんなさい・・・クスン・・・・ごめんなさい・・・」
 許可もなくお漏らししてしまった絵里菜・・・・
 恥ずかしい排泄を続けながら謝るしかない・・・・
 排泄は途中で止まられず・・・・
 宿便のとこまで行ってしまう・・・・・
 一度、液の排泄がおわっても、大きくおしりの穴が開いて・・・・
 茶色い固体を生み出す・・・・
 それは尻尾のようにおしりから垂れて、自分の重みで洗面器に落ちる。

 人間として、見られてはいけない光景・・・・
 でも、それは他人事ではなく・・・
 まぎれもない数分後の自分の姿・・・・

 ズキズキと痛むお腹を抱えています・・・・
 その痛みの間隔が短くなっていく・・・・

 でも、まだ絵里菜の排泄は続く・・・・
 もじもじと身体をねじるしかできない。
 絵里菜が心配そうにわたしを見て・・・
 代わってくれる・・・

 わたしも洗面器をまたぐ・・・・
 そのとたん、我慢できなくなって・・・
 お腹の中のものを噴出してしまう。
 勢いよく、液を噴出して・・・
 その途中に茶色いものが混じる・・・
 洗面器の周りはハネがとんで悲惨な状況・・・・

「すごいねっ」
「恥ずかしくないの?こんなところでウンチして・・・」
 容赦ない言葉が投げかけられる・・・・

 でも、お腹は麻痺したように・・・
 それも大きな固体を生み出し始める・・・・
 おしりが盛り上がって・・・・
 液体と一緒に丸い大きな塊・・・・
 ハネがあがってまわりを汚す・・・・

 わたしは、彼女たちの笑いの中、
 恥ずかしい排泄を続けた・・・・

 
28
「もういいの?
 遠慮しなくていいよ」
 顔をあげたわたしたちに愛香が問いかける。
「はい・・・もういいです。ありがとうございました」
 また、正座して頭を下げる・・・・

「ふぅん。
 じゃあ、残っちゃったし、後ろで飲ませてあげる」
 愛香が残ったお茶の上に、白いお薬のボトルから透明の液体を注ぐ。
 白い容器には、紺の文字でグリセリン原液 500ccって書いてある。
 それを1本・・・2本・・・注ぎいれる。
 その上に、また1.5ℓのウーロン茶・・・・
「4ℓくらいかなっ。
 一人2ℓくらい飲めるよ。
 嬉しいでしょ?」
 わたしと絵里菜の顔を覗き込む。
 幼い顔だけに悪魔っぽく映る微笑み。

「あぁ・・・嬉しいです・・・」
「ありがとうございます」
 わたしと絵里菜はお礼を言う。
 これからどんな恥ずかしいことになってしまうか想像できるのに・・・

 二本の注射器がお薬を吸い上げる・・・・
 たぶん500ccくらいはいりそうな注射器・・・・
 満タンになるまで吸い上げる・・・・
 そのまま、わたしと絵里菜のおしりにつきたてられる・・・・
 細いノズルだけど、かなりの突き刺さり感がある・・・

 そのまま薬液が強く押し出される・・・
「あぁ・・・はぁううぅ・・・・」
 なんともいえない感覚・・・・
 力が抜けるような・・・
 頭の中に直接効くような・・・・
「はぁぁん・・・」
 隣で絵里菜も甘い声を出す・・・・・
 チュルチュルとお腹の中に入ってくる感覚が持続する・・・
 わざとゆっくりやってるんだ・・・
 そうしながら、あゆみは2人のクリットをいじっている・・・・

 一度抜けても、新しい薬液が補充されて・・・・
 また突き立てられる・・・
 だんだんきつくなってくるお腹・・・・
 大腸がゴロゴロという音を立てる・・・・

「あぁ・・・もう・・・入らないです」
 お腹の圧迫感に音を上げます・・・・
 このまま続けられたら、お腹が破裂してしまう恐怖さえ感じる・・・・
「あぁん・・・きついっ・・・あぁっ」
 絵里菜も同じ・・・・
 
 でも、甘やかされることはない・・・・
 わたしたちの怯えは彼女たちの喜びになる・・・・
「まだまだ入るよ・・・・マゾのお尻だし・・・」
「破裂しちゃえば?かえるみたいに・・・」
 浣腸は続けられる・・・・

 クリットをいじったり・・・・
 鞭でおしりを叩きながら・・・・・
 そして、わたしたちの浣腸器は洗面器に残った最後の薬液を吸い取った。


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。