FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
34
「いやらしかったぜ。姉ちゃん」
「愛香に捨てられたら、いつでも拾ってやるぜ」
 満足そうに声をかける少年たち・・・・
 わたしはコーラを運んで、オーナーのところに戻る。

 浴びた精液をお絞りで拭く。
 オーナーにお礼を言って部屋に戻ろうとする。
 オーナーもビアンのSでわたしの予約を入れようとしたけど、
 抽選で外れたらしい・・・・
 わたしを抱きしめて、唇を重ねる。

 部屋に戻ると、絵里菜が責められている・・・・・
 おしりとあそこにバイブを入れられて・・・
 胸には洗濯バサミ・・・・・
 クリットにローターが貼り付けられている・・・・・
「あぁっ・・・また・・・いっちゃう・・・あん」
 

「おかえりっ」
 愛香が振り向く。
 わたしのところに近寄って、ニンマリと笑う。
「何もされてないよね?」
 コクンと首を縦に振る私。
 愛香とあゆみはわたしの口、アソコ、お尻を調べる。
「あぁっ・・・」
 あそこやお尻を見られる時小さくあえぐ。
「ヌルヌルじゃん。
 見られて感じてたんじゃないの?」
 あゆみの言葉をわたしは否定できない。
「まあ、使われてないみたいだし、いいじゃん。
 もし、使ってたらあいつら半殺しだったけどね」
 愛香は幼い顔で言う。
 半殺しって・・・・
 あの男の子たちも恐れてたけど、この子そんなに怖いの?

「じゃあ、そろそろ行こうかっ」
 京子が絵里菜のバイブとかを抜いて立ち上がる。
 ふらふらとした脚でいっしょに立ち上がる絵里菜。
 
 絵里菜は服を着始める。

 わたしは????
 体操服を探す。
 あれっ???
 さっき脱いだところにない。

 うしろからわたしの肩を叩く手・・・・
「今度はこれっ」
 振り返ったわたしの手にあゆみが競泳用水着を手渡した。



スポンサーサイト
[PR]

 
33
「あ~あ。どうするんだよ」
「早く片付けろよ」
 でも、彼らは立ち上がろうともしない。

「ごめんなさい。
 すぐに片付けます」
 わたしはそう言ってトレイを手にする。
 長いすの上に立ち上がり、彼らの隙間を歩いていく。

 おしりやあそこが彼らの顔に触れそうになって・・・・

 でも、ステージの前にたどり着いて、
 トレイにグラスの破片を拾う。

 その身体をいやらしい視線が舐める。
 かたずけ終わって、また同じように彼らの間を歩く。
 そのたびにおしりを撫でたり、胸を揉んだりする手。

「失礼しました。
 コーラはすぐに持ってきます」
 そう言って外に出ようとする。

「あと、こっちの責任はどうとってくれるんだよ」
 一人が立ち上がって、ズボンを下ろす。
 その股間に屹立したもの・・・
「オーナーが責任をとってもらうように言ってたぜ」
 他の2人もズボンを下ろす。
「まあ、口とオマンコと尻は使うなってことだから、
 胸とか手でやってもらおうか」
「愛香の奴隷じゃなかったら、気絶するまでぶち込んでやるんだけどな」
「その後、性奴隷として飼ってやるんだがな」
 
 わたしはあきらめたように右手と左手で2本の棒を掴む。
 ゆっくりと手を上下に動かす。
 彼らの鼓動が聞こえるほど、それは固くなっていて・・・・
 
「ほら、そんなんじゃ興奮しないぜ。
 股をM字に開いて、オマンコを見せながらやるんだ」
 頬を張る手・・・・・
 わたしは屈辱感にまみれながらもいわれたとおり脚を開く・・・・・
 そして手の動きを早くする・・・・
 ほぼ同時にはじける肉棒。
 元気にわたしの胸まで精液が飛ぶ・・・・
 
「じゃあ、俺は胸でやってもらおうか」
 あと一人の魔にひざまずく・・・・
 胸を両手で寄せて、その間に肉棒を挟む・・・・
 そのまま上下に身体を動かす・・・・・
 後ろからは別の子がわたしのあそこをいじり始める・・・・
 1本の指・・・2本の指が滑り込む・・・・
 すぐに指は3本になって出し入れされる。
「ゆるゆるじゃねぇの」
「あぁっ・・・あん・・・・」
 もう一人はわたしのおしりに指を挿入する・・・・
「あぁっ・・・うん・・・・だめっ・・・」
 甘い声を出してしまう。
 わたしはアソコとお尻を責められながら、
 身体を上下に振って、彼らに奉仕し続けた。

 
32
 銀色のトレイに飲み物を乗せて廊下を歩く。
 これだけで、もう誰かがきても身体を隠せないのはわかる。
 203号の扉を探しながら不安な足取りで進む。
 ようやくお部屋を見つけて、ノックする。

 ドアを開けて中に入る。
 中には茶バツの不良っぽい男の子が3人・・・・
 カラオケの画面を向いている。
 この間に・・・・・
 ドキドキが最高点に達する。

「あの、コーラ2つとアイスコーヒーひとつですよね。
 置いておきます」

 その声に一人が振り向く。

 仲間の袖をひっぱる。

 そのとたん、
 歌は停止して、カラオケだけが流れる。

「ヒュー」
 3人は立ち上がってわたしの方を見る。

 でも、まだトレイをもってるから隠せない。

「すげえっ!」
「めっちゃ美人じゃん」
「おねえさん、いくつ」

 口々にわたしに言う。

 身体中を舐めるような視線。

 さっきの部屋より狭い部屋。
 わたしは事務的に仕事をこなそうとする。

「ちゃんと目の前においてよ」
 トレイからテーブルに置いておしまいにしようとするけど、
 その目論見はばれてる。
 はやく、この部屋から出ないと・・・・

 一番奥は彼らの膝の上に乗らないと届かない感じ・・・
 一番奥の子がコースターを一番奥にずらす・・・・

「あぁ・・・・」
 わたしは手前から置いていく。
 2人目のとこに置くだけでも、胸がテーブルにつきそうになる。

「あのっ。立ってもらえません?」
 いちばん手前の男の子に声をかける。
「このままでいいじゃん」
 意地悪げにわたしを見る。
 わたしは、あきらめたように身体を精一杯伸ばして、コップを一番奥のコースターに・・・・
 
 その時、わたしの足が払われる・・・・
 いちばん手前の男の子に・・・・

「きゃっ!」
 彼らの膝の上に倒れてしまう。
 その弾みにコーラを落としてしまう。
 割れるグラス・・・・
 尻肉を掴む手・・・・
 胸を揉む手・・・・
 前から秘部を触る手・・・・
 わたしは混乱のあまり、そこに静止するしかなかった。
 6本の手がわたしを弄び始めた。



 
 
31
 廊下にはあるいている人はいない。
 でも、時々電気がついてる部屋があるから、
 わたしたちだけでないことは確か。
 わたしは周りに気を配りながら歩く。
 でも、だれか出てきてもどうしようもないんだけど・・・

 入り口のカウンターに入るわたし・・・
 いきなり電話が鳴る。
 オーナーが取って・・・
「203号室、コーラ2つとアイスコーヒーひとつですね」
 オーナーは伝票を書きながら答える。

「じゃあ、203号室に飲み物届けてくれる?」
「あぁ・・・でも・・・・」
「そのままの格好でねっ」
「あぁっ・・・・」

 全裸のまま、知らない人たちの部屋に飲み物を届けるなんて・・・
 考えただけで、恥ずかしくて顔がほてる感じがする。

 オーナーはそんなわたしの心も知らずに・・・
 テキパキと飲み物を作る。

「203号室は高校生の男の子のグループよ。
 うまくいったら若い肉棒で突きまくられるかもしれないよ。
 うれしいでしょ?」
 わたしのおしりを撫でながらオーナーは言う。

 わたしは無言でオーナーの言葉のとおりされる自分を想像する。
 それだけで、下半身が熱くなってあそこが淫靡なよだれをたらすのがわかる。
 わたしの内股を一筋の淫汁が伝わって落ちるのがわかった。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。