FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
36
 豪華なマンションの前で、タクシーを降りる。
 はしゃぐ愛香たちについてオートロックのドアを抜ける。
 エレベーターに乗り最上階のボタンが押される。
 エレベータ-の中に入ると愛香がわたしの腕につかまるように巻きつく。
 反対の腕にはあゆみ。
 絵里菜と京子は2人で寄り添っている。

 エレベーターのドアが開くと、ホテルのロビーのような空間。
 たぶん他の階とは違うつくりになっている。
「ここが愛香の家だよっ」
 他の子たちも自分の家のように先を進む。

 ドアの前・・・・
 愛香が手をかざすと鍵が外れる音。
 たぶん掌紋かなんかで開くシステム。
 ドアを開くと広い玄関・・・
 そこで靴を脱ぐ。
 彼女たちは乱雑に靴を脱いで上がりこむ。
 わたしは、靴をそろえる。

 短い廊下をあるくと広いリビング・・・・
 ソファーに彼女たちはかばんを放り投げる。

 こうやって見ると・・・
 普通の高校生たちに見える・・・・

「じゃあ、裸になって、かわいがってあげるね」
 無邪気に腕に絡みつきながら言う愛香・・・・
 その大きな瞳にわたしは言いようのない恐怖みたいなものを感じる。

 わたしは水着を脱ぐ・・・・
 もう隠そうともしないわたし・・・・・
 いままでのことで、完全に彼女たちに隷属してしまっている。

 外ではわりとクールに接していた愛香・・・・
 ここではぴったりと寄り添ってわたしの身体を撫でる・・・・・
 胸を揉んだり・・・・
 胸の先をつねったり・・・・・

 あゆみはわたしの前に座り込んで、
 あそこを確かめる・・・・・
 指で開いて、正面から覗き込む・・・・
 2本の指を入れて開いて中を押し広げたりする・・・・

「あぁ・・・・だめっ・・・・」
 思わず声が出てしまう・・・・

 向こうでは京子が絵里菜を脱がしている・・・・
 全裸になって、床に正座する絵里菜・・・・
 それを言葉でいろいろといたぶっている・・・・

 時計を見るとまだ7時・・・・
 12時までは奴隷の時間・・・・・

 わたしをいたぶる淫靡で悲しい時間はまだ始まったばかりだった。 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 
35
 私は胸とあそこを隠して歩く。
 みんながわたしを振り返って見る。
 それぐらい街にそぐわない格好。

 薄い競泳用水着はワンサイズ小さくて・・・・
 わたしの身体に激しく食い込む・・・・
 中は全裸だから、胸の先の形もくっきりと現れている。
 
「似合ってるジャン。
 嬉しいでしょ????
 服貸してもらえて」
 あゆみが意地悪く言う。
「はい・・・ありがとうございます」
 真っ赤な顔であゆみを見る。

「じゃあ、タクシー拾ってくれる???」
 愛香がわたしに言う。
 えっ???こんな格好で????
 後ろから通りの方にあゆみがわたしを押す。

 通りに向かって手をあげる。
 通りを走る車に晒されるわたし・・・・
 車に乗ってる人はみんな驚いた目でわたしを見る・・・・
 恥ずかしいよ・・・・
 
 でもタクシーは止まらない・・・・
 かわりに黒塗りのワンボックスが止まる・・・・
 黒に炎のペインティングの車・・・・
 一目みただけで不良っぽい人たちが乗ってるような・・・・
 窓を開けてわたしに話しかける・・・・
 でも、後ろの愛香たちが睨みつけると、あわててその場から去っていく・・・・
 この子たちって一体・・・・

 そのうちタクシーが1台止まる・・・・
 好色そうな中年の顔が覗く。
 舐めるような視線がわたしの身体を舐める。
 そして、ドアが開く。
 
 わたしが乗り込むと、彼女たちも入ってくる。
 助手席には2人
 私の横に2人が乗り込む。
 前で愛香が行き先を告げる。
 タクシーはドアを閉め走り始めた。
 ルームミラー越しに中年男の視線がわたしの身体に突き刺さった。


 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。