FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12

「いいわ。調教してあげる。
 聖也さんが帰ってくるまでの1週間・・・・
 いやらしい牝奴隷にしてあげる」
 綾菜は鞭を構えたまま後ろに回る。
 そして、しゃがみこむ。

「おしりを上げて・・
 もっと高く・・・」
 綾菜は股の間に鞭を差し込み上に上げる・・・
 早紀さんがそれを察して、
 お尻を上げるポーズをする。
 わたしも早紀さんと同じポーズをする・・・
 おしりを上げて顔を下げる・・・・

「脚を開いて!」
 今度は内股に鞭をあてて・・・・
 わたしは脚を開く、肩幅より少し広く・・・

「ふうん・・・」
 陰部が綾菜の目の前に晒される・・・
 それをじっと見てるのがわかる・・・・

 同性の人にその部分をじっと見られる恥ずかしさ・・・・

「あぁ・・・恥ずかしい・・・」
 小さく声を上げてしまう・・・

「本当に恥ずかしいね。
 こんなに濡らして・・・」
 冷たい声。
「早紀も見てあげて・・・
 恥ずかしいアソコ・・・・
 見られるの好きみたいだから・・・」

 早紀さんが隣から4つんばいでわたしの後ろに・・・

 視線が突き刺さる・・・・
 
「見ないで・・・あぁ・・・」

「見てくださいでしょ」
 アソコに指が添えられる・・・
 そして、あそこが押し広げられる・・・・
 内股を溢れたお汁が伝う・・・

「あぁ・・・見てください・・・」
 もう、恥ずかしすぎるのにあそこは視線を感じて、もっとヒクヒクしてしまう。

「汚いマゾね。
 こんなに濡らして・・・
 早紀っ。
 舐めてあげなさい」

「はい、綾菜さま」
 早紀さんの顔が私のあそこに近づく・・・・
 そしてザラザラした舌が下から上へお汁を舐めとる・・・・

「ひゃうぅ・・・」
 その感触。
 背筋を何かが這い上がるような・・・・
 それだけじゃない・・・
 早紀さんは私のあそこを口でふさいで吸う・・・
 
「あぁ・・・だめっ・・・汚いよ・・・」
 でも、早紀さんは舌を使ってわたしのアソコを舐め続ける。

 わたしは羞恥と快感の中、
 頬を染めて感じ続けた・・・・


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。