FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
14

 注射器の先端がおしりに突き刺される・・・
 細い管なのに、すごい挿入感・・・
 
「ちゃんと飲むんだよ」
 そう言ってシリンダーが押し込まれていく。
 ゆっくりとお腹にしみこんでくる薬液。
 冷たさ・・・よりも別のものを感じる。

 そう、背筋がゾクッとして、鳥肌がたつような感じ。

「あぁっ・・・・」
 小さく声を出す。
 
 どんどん入り込んでくる・・・・
 お腹が重くなっていく感じ・・・・

「だめっ・・・だめっ・・」
 でも、注射器を押す手は緩まない。
 ゆっくりと、ゆっくりと、押し込む。

「うれしいんでしょ?」

「違う・・・あぁっ・・・」
 お腹が膨らんでくる感じ。
 必死でおしりを締める。
 注射器のノズルを食い締める。

「ほら、離さないって感じだよ」
 注射器を軽く引き抜こうとして笑う。
「すきなんでしょ。
 浣腸・・フフ・・・
 これで人気ナンバーワンの清純派女子アナだたんだから、
 超ウケるって感じ」
 わたしをなじりながら哄笑する綾菜。

 でも、そんな言葉に身体の芯がしびれるような感じがする。
 おかしいよ・・・・

 最後まで押し込まれるシリンダー・・・

 そして抜かれる・・・

 お腹が痛い。
 薬液がお腹の中で暴れる。

 ギュル・・・
 微かな音・・・・

 早紀さんに渡された注射器は、新たな薬液を補充して綾菜の手に・・・

 そして、またおしりにノズルが突き刺さる。

「どれくらいはいるかな?」

「だめっ・・・もう無理だよ・・・」

「うるせえな」

「あぁ・・・・」

 またしみこんでくる液・・・・
 さっきよりもお腹が膨らんでくる・・・・
 お腹が痛い・・・
 さしこむような痛みがわたしを襲う・・・・
 最後まで押し込まれるシリンダー・・・

 抜かれたあと、また補充される液・・・・

「もう、無理・・・」
「まだ400ccだよ。1000ccは飲んでもらわないとね」
「許して、お願い」
 許しを乞うしかない・・・・

 でも、わたしの哀願もむなしく、新たに液を補充した浣腸器がおしりにつきたてられた。
 


スポンサーサイト
[PR]

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。