FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
21
 早紀さんと奴隷として飼われて3日・・・・
 食事、排泄も管理され、綾菜さまの気分しだいで檻から出され調教される。
 鞭、蝋燭、バイブ、浣腸・・・
 その他にもわたしの知らないことが私の身体に施される。
 肛門も拡張されて男性器くらいなら飲み込めるようにもされた・・・・
 そして、それに感じはじめるわたしがいる。
 うぅん、感じはじめるじゃなくて、そういうことを求めてただけなのかも・・・
 毎日、何度も何度も逝って背筋を反らせるわたし・・・
 それをあざ笑う綾菜さま・・・・
 国民的なアイドルアナウンサーだった私・・・
 それも清楚な雰囲気が売りだった。
 それは、ただの幻想だったのかも。
 本当のわたし・・・いやらしいマゾのわたし・・・
 堕ちていくことに快楽さえ感じている。

「じゃあ、行くよ」
 わたしたちに毛皮のコートだけが渡される。
 わたしは意味がわからず綾菜さまを見上げる。

「お仕事だよっ」
 檻から出て早紀さんを横目でみながらコートを着る。
 首輪だけの素肌を毛皮のコートが包み込む。
 その感触にも、羞恥を感じてしまう。

 綾菜さんの指示で車に乗り込む。
 どうなるの???
 不安で胸がいっぱいになる。
 いろいろな想像・・・・
 ショーに出されて恥ずかしい姿を晒すとか。
 SMのAVに出される・・・
 娼婦のように男の人に・・・・
 泣きそうな顔になるわたしの肩を早紀さんが大丈夫って言うように抱く。

 綾菜さまの運転は意外なほど上手い・・・
 っていうか・・・スピード狂って感じで・・・・
 右に左に車線を変える・・・
 そのたびに早紀さんと左右に振られる・・・・
 2人でじっと手を握りあって・・・

 車はマンションの地下の駐車場に入っていく。
 
 車のドアが開いて、綾菜さんに目の周りだけを隠すマスクを渡される。
 わたしがピンクのラメ、早紀さんは紫のラメの入ったもの・・・
 わたしたちはそれで顔を覆う。

「じゃあ、いくよ」
 全裸に毛皮だけの頼りない格好でついていく。

 エレベーターホールの前で、綾菜さんが部屋のNOを押す。
 しばらくして、ガラスのドアが開く・・・
 上にあるカメラで確認してるんだ・・・

 エレベーターに乗り、綾菜さまは最上階のボタンを押す・・・
 階数を表す番号がクルクルと増えていく・・・
 
 エレベーターのドアが開く・・・
 その先には大きめのドア・・・
 インターフォンを押すと、黒服の男が覗く・・・
 まるで秘密クラブ・・・
 わたしたちを一瞥すると招き入れる・・・
 綾菜さまは堂々と中に入っていく・・・
 こういうところ慣れているみたい・・・

 でも、わたしは・・・
 何をするのかも聞かされず・・・
 不安で脚が震える・・・・

 黒服の人もわたしや早紀さんの身体を卑猥な笑みを浮かべながら見てるし・・・

 廊下を抜けると、リビングに・・・
 そこで談笑する4人の男たち・・・
 わたしたちが部屋に入ると一斉に振り向く。

 そして、綾菜さまがその男たちに近づいていく。
 ついて行くわたしたち・・・

 彼らの前に私たちが立ったとたん、
 綾菜さんがいきなりわたしたちの毛皮を剥ぎ取った・・・





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

 
20

 しばらく早紀さんの横で同じように4つんばいで居る。
 不安そうに早紀さんを見る・・・・
 早紀さんは大丈夫っていうように微笑んで、わたしに身体を摺り寄せる。
 2人とも裸の身体・・・
 早紀さんの小犬のような体温を感じる。

 綾菜さまはテレビをみたりしてくつろいでいる。
 それを早紀さんと見ているだけ・・・
 
「あぁっ・・・餌だった・・・」

 綾菜さまは何かを思い出したように、部屋から出て行く。

 しばらくして戻ってきて・・・・
 
 檻の鍵を開ける。
 ボールにミネラルウォーターを流し込む。
「これが水・・・
 それから」

 手に持ったお鍋からわたしたちの餌入れを並べて・・・
 ビーフシチューみたいなのを流し込む。
 それから、その上にロールパンを2個づつ乗せる。

「これが餌・・・・
 一日2回だからね。
 残さずに食べるんだよっ」
 また、檻の扉は閉められる。

「ありがとうございます」
 早紀さんはそう言って、餌の前に頭をつける。

「うんうん。
 早紀は良い子だねっ」

 わたしも小さな声で・・・
「ありがとうございます・・・」
 って言って額を床につける・・・

「うん、じゃあ食べてもいいよっ」
 綾菜さまがそう言うと、早紀さんが餌入れに顔をつけて食べ始める。
 まるで犬みたいに、手を使わないで・・・

 わたしは、とりあえずパンを手でちぎって・・・

「若葉っ!
 何してんの!」
 綾菜さまの罵声。
 鞭で檻を打つ。

 わたしもパンを置いて、早紀さんみたいに食器に顔をつける・・・
 昨日までは奥様として2人にかしずかれていたわたし・・・
 でも、これからは奴隷のように・・・・

 大きく切った野菜とお肉のシチュー・・・
 それに顔をつけて食べる・・・
 
 それを満足そうに見る綾菜さま・・・

 具はいいけどスープが上手く飲めない・・・

 早紀さんは、餌入れに顔をつっこむようにしてスープを飲む・・・
 それだけでなく、舌をのばして残ったスープを舌で舐め取る・・・

 残したら、たぶんお仕置き・・・・
 わたしも、早紀さんと同じように顔を突っ込み・・・
 スープをすすりはじめた。
  ゆうかちゃんのハメ撮りレズビアン後編。まったりとイってしまったさきさんをさらにせめちゃおう。悪戯っ子のゆうかちゃんが今度は双頭バイブを持ってきてさきさんのアソコにズポズポ入れてしまう。終始マッタリとしたさきさんだが、双頭バイブを入れられてしまうとまた気持ちよさがぶり返してきて逝ってしまう。
この動画をダウンロード
ゆうか さき  / 

動画提供サイト Hey動画

 
あけましておめでとうございます。

あんまり更新とかないのに、いつも来ていただいてありがとうございます。

今年もゆっくりですが、ちょっとづつ更新していきますのでよろしくお願いします。


                  悪夢★

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。