FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11

「あぁぁ…はずかしい…」
 震える白い身体を彼らは楽しむ。
 羞恥におしっこがしたいときみたいに下半身がジンジンする。
 でも、それだけでは許してくれない。
 石津がわたしに近寄る。
「見てくださいだろっ。きたねえ花びらが見えるように身体をそらすんだ」
 鞭をわたしの胸の上に当てる。
 それにしたがって体をそらす。
 高校のとき新体操をやっていたわたしの身体は柔軟に反る。
「ほらっ。もっとだ」
 もう倒れそうなくらい鞭でわたしの胸を押す。
「見えますか。中山先生」
「ああ、いやらしいオ●ンコだ。もうビシャビシャじゃないか。
 ちょっと開いてくれないか」
「わかりました」
 石津はわたしのアソコに指を添えて、開く。
「あっ…んんんっ……」
 とろっとしたものが、あふれて石津の指に絡みつく。
「いやらしいマゾのくせに、ピンク色じゃないか。
 いつから使ってないんだ」
「あぁ、1年くらいやってないです」
 そう、彼と別れてからエッチはしていない。
「それで、変態なオナニーをしているわけか。
 これからは心配しなくていいぞ。
 わたしたちがちゃんと使ってやるからな」
「後ろの穴はどうだね」
 こんどは鞭で後ろを向かせ、おしりをつきださされる。
 おしりも開かれて、自分でさえみたことのない穴を3人の目が凝視する。
「あぁん、はずかしいです」
「こっちは使っているのかね」
「あぁ、オナニーだけです。
 使ったことはありません」
「でも、ちょっと黒ずんでいるな。
 毎日やってるんだろ」
「時々・・です。
 一ヶ月に一度くらいです」
「SMをやるのも」
「初めてです…」
 いままで、誰にも話したことのないわたしの性癖が明らかにされていく。
「いいな。これからは我々の共有の性奴隷や。
 呼び出したらいつでも駆けつけるんや。
 なあに。悪いようにはせえへんで。
 わたしたちの気分を害しないかぎりな。
 ビジネスも身体もいい関係が築けそうやな」
 齋藤がピシャピシャとおしりを軽く叩きながら話しかける。
 この人たちの奴隷になるの。
 なきそうになる。これからのことを想像して。
 好きな時に呼び出されて、いろいろなことをされる自分を想像してしまう。
 それも、彼氏ではなく、脂ぎったおじさんたちに。

「身体は確認させてもらったし、そろそろ調教をはじめますか」
 石津の言葉に男たちは立ち上がり、わたしの身体を見下ろした。
 その目は女を見る目ではなく。
 家畜を見る目のような冷たささえ感じた。
スポンサーサイト
[PR]

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。