FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「あぁぁ・・・痛いよ・・・・あぁん・・・・あぁ・・・」
 ミシミシと身体がきしむような感じがする・・・それぐらいの充足感・・・まるで身体をこじ開けられていくような感じ・・・裂けちゃう・・・・そんな気さえする・・・・。
「大丈夫・・・・直美・・・・」
「あぁ・・・うん・・・大丈夫・・・・あぁん・・・・」
 聡史がもっと腰を押し込む。また、もっと奥まで身体が開かれる。あの事件以降・・セックスしたことはない・・・経験のない身体に聡史のものってきつすぎるのかも・・・でも・・・がまんしなきゃ・・・聡史のものになるって決めたんだから・・・。
「あぁ・・・直美・・・締め付けがすごいよ・・・・」
 まだ、入ってくるの・・聡史の背中にまわした手・・・自然に力を入れてしまう・・・爪を立てるようにしてしまう。私の全身に汗が浮いてくる。串刺しにされるような感覚・・・。でも女の身体って、太いものでも受け入れるように出来てるみたい。だんだん力の抜き方がわかってくる。それから、同時に快感も湧いてくる。
「あぁん・・・あっ・・・・あん・・・・」
 甲高い声がわたしの口から漏れる。それは陵辱のときに出さされた演技の声とは違う・・自然な野獣の部分の声・・・・。嘘・・・奥まで当たってる感じ・・・・もしかして聡史とわたしってサイズが違うの???
「はいったよ・・・直美・・・・」
 聡史がわたしの顔をじっと見る。そして微笑みながらわたしの髪の毛を撫で、またキスをする。それだけで、わたしの身体はとろけて楽になるような気がする。
「聡史・・・あぁん・・・・」
 わたしも聡史の髪の毛を撫でる。聡史が私の中に入ってる・・・そう思うと嬉しくて泣きそうな気持ちになる・・・。
「動かすよ・・・いいかい・・・・」
「うん・・・・」
 聡史にしがみつく私・・・聡史がゆっくりと動き出す。
「あぁっ・・・だめ・・・・」
 少し抜かれただけで、内臓が持っていかれるような感じ・・・ただ痛いのではなくて変な感覚・・・腰が抜けそうな感覚が走る・・・。小刻みな動きがだんだん大きなピストン運動になっていく。わたしの身体が細かく振動する・・・胸が上下に震える。
「あぁぁぁぁん・・・・・」
 見下ろす聡史を薄目で見ている。声が止まらない。だんだん、動きがスムーズになっていく。それから、快感が快感として受け止められる。クチュクチュと接合部の音がする・・・。
「うぅん・・・あん・・・聡史・・・好き・・・・」
「はぁ・・・はぁ・・・うん・・・俺も・・・」
 聡史の息遣いが荒くなっている。それくらい聡史は激しく突き上げている。聡史のものがさっきより大きくなっていくような感じ・・・。あぁ・・・気持ちいい・・・。SEXをするのは久しぶりだった・・・セカンドバージンといってもいいくらい・・・。その閉じられた花弁がもう完全に開かれてしまう。もう、背中を快感が突き抜ける。
「あん・・・・あん・・・・」
「直美・・・・すごい締め付けだね・・・かわいいよ・・・・」
 足が突っ張る感じ・・・つま先が伸びる・・・もう限界かも・・・いっちゃう・・・・
「あぁ・・・いっちゃう・・・ああ・・・あぁ・・・・」
「うん・・・俺も限界だよ・・・だすよ・・・・」
「あぁ・・・・うん・・・・・」
 もう、中で出されるとやばいとかそんなこと考える余裕はない・・・どうなってもいいと思ってしまう・・・。
「うん・・・じゃあ・・・・・」
 聡史の腰の動きが早くなる。わたしの腰とぶつかって音を立てるくらい。
「あっ あっ ああん イクぅ!」
 わたしの甘えた声・・・それから背中が痙攣する。それと同時に身体の中に熱いものが放出される。頭の中が真っ白になる感覚・・・。聡史の動きがゆっくりになる。そして、その動きがとまると、聡史がわたしの中に入ったまま、わたしをぎゅっと抱きしめ、唇を重ねた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/104-aca63fde

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。