FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
51
あれ以来、裕美に会っていない。あれから、もう半年たつ。裕美のことって夢だったのかな・・・そう思うほど・・・もう、会社でも裕美のことを口にする子はいない・・・あの1日あとに辞表を出したらしい・・・・。そして、裕美は消えた・・・・。わたしは自分のマンションに戻った・・・以前のままのお部屋・・・・・テーブルの上には裕美にとりあげられたはずの通帳やカード、財布が置かれていた。通帳も以前のまま、引き出した形跡とかはない・・・むしろ、使っていないお給料の分だけ増えていた。
 裕美のマンションにも行ってみた。でも、もう引き払ったあと・・・・優華も一緒になのかな。真由美さんに聞いても知らないっていうし・・・・。もう、彼女に会うことはないのかな・・・・。
 わたしの方は大きな変化があった。そう、真由美さんのところでオークションにかけてもらったのだ。そして、宝生さんと言う人に落札していただいた。たぶん本名じゃないけどクラブではそう名乗っている人。真由美さんのオークションは奴隷にも選ぶ権利はある。交渉する順番を決めるだけのもの。1位の人から順番にわたしが決めるのだ。宝生さんはわたしに5000万という金額を提示した。でも、お金は関係ない・・・・わたしは彼の目・・・それに惹かれた。何かなつかしいようなそんなものを感じた・・・・。それから、彼に奴隷として仕えている。今、私の中には新しい命が芽吹いていた・・・。
 彼はバツ2で52歳。落ち着いた風格とロマンスグレイの髪・・・・。そして厳しくわたしを調教する。そして、調教のあとはわたしをやさしく抱きしめる。
「今度、娘に会ってくれないか。」
「えっ・・・でも・・・わたし・・・・」
「是非、君を娘にあわせたいんだ。」
 ベットの上で甘えるわたしを引き離して、真剣な顔でわたしの顔を覗き込む。
「いいよ。このままで、この子もわたしが育てるから・・・・」
 その子を裕美みたいにしたくない・・・。わたしは子供を一人で育てようと思っていた。
「とりあえず、会うだけでもいい・・・」
 強引な彼。わたしを抱きしめる。こうされると、わたしは・・はいっ・・って言うしかなくなるよ・・・・。
「じゃあ、今度の土曜日。いつものホテルで・・・」
「はい・・・・」
 一抹の不安はある。でも、彼のいうとおりにするしかない。わたしは彼に甘えるように全裸の身体を彼の胸にこすりつけた。

 いつも彼が利用する豪華なホテル。そのロビーで周りを見回す。まだ彼は来ていない。そして目の端に違和感。えっ!ソファーにふてくされたような顔をして座ってる子・・・・裕美・・・・。わたしはその方向を向く。裕美もこちらに気がついたみたい・・・わたしに微笑んで以前の裕美のように手を振る・・・・・。そして、わたしは裕美の方に近づく・・・話したいことがいっぱいあった。
 その時、ロビーに慌てて入ってくる彼・・・彼はわたしにすこし手を振って・・・裕美の方へ・・・えっ・・・・でもそこには裕美のほかに女の子はいない。裕美と何か話す彼・・・そしてわたしを指差す。裕美の驚いた顔・・・・それはすぐにほどけて・・・笑顔になる。わたしの方に歩いてくる2人。至近距離へ。黙っているわたしと裕美・・・。彼が照れたように口を開く。
「これは娘の裕美だ。そして、こちらは黒田佳奈子さん・・・・」
「知ってるよ。」
 裕美が蕩けるような笑顔になる。そして、わたしの腕につかまる。わたしも笑顔で裕美を見つめる。その2人を驚いたように見る彼。わたしと裕美はそんな彼の表情を見て、顔を見合わせて声を上げて笑いあった。本当の母娘のように・・・・。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

■ No title

ONE NIGHT 2ND終わりました・・・・
いままで読んでいただいてありがとうございます・・・
出演していただいたトンさん・・・
それから設定かんがえていただいたやみさま・・・
special thanks!です(^▽^)/
とりあえず、新しいお話考えていないので・・・
すこし休みます・・・・
携帯の方は更新するからねっ・・・・
φ(゜-゜=)

■ No title

今回は、ハッピーエンドでしたね。
悪夢さん、ご苦労様でした。
ゆっくりと、休んで下さい。

よかったら、四国の香川へいりぼしだしのゴムみたいな腰の強いうどんを食べに行くか、広島へクレープみたいなうすい生地で具をはさんだお好み焼きを食べに行ってみたらいかがですか? 
大阪では、食べられない不思議なうどんやお好み焼きを食べられますよ。

まあ、しばらく、充電して下さいませ。

では、また。

■ No title

to 彩りん
最後まで読んでいただいてありがとうございます^^
また、悪夢流の結末でした・・・
彩りんとこはハッピーエンドになるのかなぁ・・・

四国も広島もいったことあります・・・
広島は駅の上でお好み焼き食べたよ・・・・
どこがおいしいかわかんなくて・・・適当に混んでるとこ・・でもおいしかったです・・・
四国ではなんかすごい並んでおうどん食べました・・・
だしとかなくて御醤油だけで食べるとこ・・・
すごいこしがあって美味でしたよ・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/190-d522c2da

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。