FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11

 月曜日の朝、私はいつも通りの時刻に会社に行った。制服に着替えた後、トイレに駆け込む。そして、ショーツを抜き取ってバックに小さく畳んで入れた。下半身が頼りない。いつもよりスカートを長めに調整する。言われなかったがストッキングは太股までのものを履いていた。スカートの下は剥き出しだ。私はお尻を突き出して、形を見る。冬服なので気のせいかもしれないが、いつもより肉感があるような気がする。
 個室を出ると仕事場まで歩いていく。
「おはようございます。」
 すれ違う人と挨拶をする。その度に気付かれていないか気になる。わかんないよ。絶対に!自分に言い聞かす。でも心臓はドキドキして脚が震えてしまう。それに、アソコにジーンとした痺れが走るのも感じる。
 職場につくと、いつもはギリギリにくる平井がもう来て新聞を読んでいた。
「おはようございます。」
 声をかけると、平井は顔を上げる。その目に好色な色が走る。あれは夢だったのかもしれない。土日の間そう思い込もうとした。本当にそうならどんなにいいだろう。しかし、彼の表情はその淡い期待を打ち破るのに十分だった。
「おはよう。変態マゾの知佳ちゃん。」
 私は回りに聞こえないか気が気ではない。周りを見回す。幸い近くには誰もいない。
「あの・・・困ります。会社では。」
「変態のくせに俺に意見するんか?え、マゾ女。」
 急に不機嫌になり私を睨みつける。
「それより、約束はちゃんと守ってるやろな。下着つけへんってやつや。」
「はい・・・・。」
 私が俯くと、平井は私を机の影に導く。ごつい手で尻を撫でまわし始める。
「服の上からやったらわからへんな。ちょっと見せてみ。」
 机の上からボールペンを落とす。その意味するところはわかっていた。私は平井に正面を向くように屈みこむ。もちろんいつもと違い脚を開いたままだ。その姿勢でボールペンを拾う。平井はそのスカートの中に刺すような視線を送った。
「よーみえへんな。もっとまくりあげてぇな。」
 私は周りを見ながら、スカートを少しずつたくしあげる。隣の課には人もいるのだ。胸を破けそうな鼓動が走る。しかし、完全に見えるようになるまで平井の許しは得られなかった。
「おはよ!知佳っ!」
 やっと立たせてもらえた私の後ろから理美が声をかける。私はビクンとして振り返る。心臓が破れそう。
「あ・・・おはよう。理美。」
 それだけいうのが精一杯だった。息苦しいほど心臓がドキドキしていた。しかし、平井の私に対する調教はまだ始まったばかりなのであった。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

■ No title

会社での調教はおもろいなあと思うて、読ませてもらいました。
これで、バイブをおoooか、アヌスに入れられてから、仕事中にバイブのスイッチを入れられたら、おもろいやろなあと、読んでいて、つい、思ってしまいました。
また、次回を、楽しみにしています。
それから、花園もおもしろくなってきて、次回が、とっても、楽
しみですわあ。(^_^)
でもまあ、無理して、アップせーへんかても、わたしは、かまいませんからね。仕事や自分の生活をしっかり楽しんでからの、趣味のSMだと、わたしは、常々、思っております。
ということで、では、また。

■ 花園???

うん・・・わたしもネットでSM読むとき前置きとばしてしまいます( ̄▽ ̄)
でもわたしは人物書くの苦手だからちゃんと読んでくださいねっヾ(ーー )
それから・・・会社での調教シーン・・・完全飛ばしちゃいました・・・
バイブを入れて・・・仕事・・・・恥ずかしげで・・・(* ̄。 ̄*)
次の作品に入れて見ますねっ♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/21-82e9d520

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。