FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「じゃあ、はじめるよ。」
「はい・・・・・」
 縄を持つ真由美さん・・・・
 わたしの手首を結わえると天井にかける・・・・
 きつくなくまたゆるくない・・・
 そのまま、下に引っ張ると万歳の姿勢になるわたし・・・・
「痛い?」
「うぅん・・・」
 わたしの踵がようやくつくくらいまで引っ張られる・・・・
 伸び上がる身体・・・・
「これで、隠せないね。」
「あっ・・・はずかしい・・・・」
 真由美さんの視線に脚をピッタリ閉じる・・・・
「まあ、いいわ・・・・」
 今度は胸の上に縄が這う・・・・
 チクチクした刺激・・・・・
 そのまま後ろを回って、胸の下に戻ってくる・・・・・
 くびりだされる胸・・・・・
「あぁ・・・あぁ・・・・・」
「うれしいのね。マゾな静香・・・・」
「あぁっ・・・・なんか変だよ・・・・・」
 そう、変な感じ・・・・もう脚をばたつかせるしかできない状況・・・・
 わたしの身体は真由美さんに支配されてる・・・・
 もう、なんでもできる・・・・
 わたしが嫌がっても・・・・
 胸が縄で絞りだされて普段よりワンサイズ大きくなっている・・・・
 小振りな乳首はもう持ち上がって上を向いている・・・・
「いやらしいわ。」
「あぁ・・・そんな・・・・」
 自分が本当にチャットで演じていた娼婦になったような気がする・・・・
「吊るよ・・・足を広げてねっ・・・・」
 膝の裏に棒が当てられる・・・・
 そのまま縄で結わえる・・・右も左も・・・・
 肩幅くらいに足を開いた形で・・・・
その棒の両端に鎖をつけ・・・・
 滑車から伸びている鎖を引く・・・・
 カラカラという音が鳴り・・・・
 わたしの両足は上に上がっていく・・・・
 それにつれて胸の縄がきつく食い込む・・・・・
「あぁ・・・痛い・・・・」
 ブラブラと左右にゆれながら身体が宙に浮いていく・・・・
「アソコ丸見えだよ・・・恥ずかしいね・・・」
 真由美さんがまた羞恥を煽る・・・・
 見られてるあそこに意識がいってしまう・・・・
 敏感な部分に真由美さんの視線を感じてしまう・・・・
 奥からジュンとしたものが湧いてくる・・・・
「見ないで・・・・あぁん・・・・・」
「みててくださいでしょ。」
 真由美さんの語調がかわる・・・・
「あぁ・・・だめっ・・・・・」
「フフ・・・わかってないね。もう、貴女には拒否する権利なんてないの。」
「えっ・・・・・」
「そう、何をされても逃げられない・・・・鞭で叩かれても・・・・お尻を虐められても・・・・それともお店の人みんな呼んでみてもらおうか?静香のアソコ・・・・みんな喜ぶよ。それから犯してもらうの・・・何度も・・・何度も・・・・」
「あぁ・・・いやだよ・・・・そんな・・・・」
 でも、真由美さんの言うようなことを想像してしまう・・・・。
「わたしのいうとおりにしないとホントにそうなるよ。嬉しいでしょ。クスッ・・・・」
 真由美さんがわたしの前にかがみこんでアソコをじっと見る・・・・
「あぁ・・・・」
「ほら、見てくださいでしょ・・・静香のいやらしいアソコ・・・・ヒクヒクしてるあそこ・・・・言えないの?」
「あん・・・静香の・・・・ヒクヒクしていやらしいアソコ見てください・・・・」
「いい子ね。」
 わたしは熱っぽい目で真由美さんの顔を見ながら羞恥の言葉を口にした。

「いいわ、見てあげる・・・・」
 真由美さんの指がアソコに添えられ、わたしの恥ずかしい部分を開く・・・
「あっ・・・あん・・・・」
 トロっとしたものが会陰部を伝う・・・・
「もう、ドロドロだね。縛られて吊るされただけで・・・」
「はずかしい・・・・」
 震えがくるほど・・・・
 でも、下半身は熱い・・・焼けるほど・・・・
「うれしいんでしょ?こんなにされて・・・」
 小さく首を振る・・・・
「そう・・・・・」
 アソコを指が這う・・・・
 触れるか触れないかくらいに・・・・
 もっと触って欲しい・・・・
 なのに・・・じらすように・・・・
「さわってほしいんだよね?」
「あぁ・・・・・」
 コクンと縦に首を振る・・・・
「いわなきゃだめ。ちゃんと・・・・」
「あぅ・・・触ってください・・・」
「どこに?」
「わたしのアソコ・・・・いやらしいアソコです。」
「おねだりしてるんだ。かわいいね。」
 そっとアソコを撫でる指・・・・
「あぁん・・・・うぅん・・・・」
 もう、触られただけですごい快感が走る・・・・
 そこの神経が剥き出しになったみたい・・・・
「おもしろい。こんなマゾな子初めて・・・・」
「あぁん・・・もっとさわって・・・・・」
 鼻にかかった声で甘える・・・・
 自分がこんなおねだりが出来る子だなんて思わなかった・・・・
 あそこを這う指に神経を集中する・・・・
「入れて・・・・クチュクチュして・・・・」
 一度、堰を切った欲望の言葉は止められなくなる・・・
 次々と欲望を口にする・・・
「本当に、いやらしい。」
 嘲るように言って、指が亀裂に沈んでいく・・・
「あぁぁん・・・・」
 わたしは吊られた背筋を伸ばす・・・・
「こんなかわいい顔してるくせに、変態なんだね。」
 真由美さんはそう言うと、入った指を出し入れする・・・
 クチュ・・・・
 1本の指にわたしが絡みつく・・・・
「だめっ・・・感じちゃう・・・・あぁん・・・」
 もう、さっきまでの普通の子の仮面なんてかぶってらんない・・・
 指の動きは愛液ですぐにスムーズになる・・・
 その上・・・ストロークしながら曲がる指・・・・
 お尻の方の壁をこすられると・・・・
 ビクンって身体が硬直する・・・・
 自分の意識的な動きではない・・・・
 Gスポット・・・・
 そこを探り当てられる・・・・
「ひっ・・・ぅん・・・あぁ・・・・」
「ここがいいの?]
 そこが集中的に責められる・・・・
 いっちゃう・・・いっちゃうよ・・・・
 ブルブルと快感に身体が震える・・・・
 もう一方の指はクリットを転がし始める・・・・
「あっ・・・あっ・・・・あっ・・・・」
 わたしは短いあえぎをあげる・・・
「いいのよ。いっても・・・・」
 真由美さんの言葉に我慢していた快感が開放される・・・・
「あぁぁぁん・・・・」
 わたしは声をあげて中に入った細い指をしめつけ・・・
 背中を痙攣させた。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

■ どきどきどき・・・

この先の展開はいかに・・・・。
最近、ちっとも物語の書けないさやかです。
今年もいっぱいお世話になりました。
いろんな出会いがあり
たくさんの物思いがあり・・・
そして頂いた言葉があり・・・
ほんとに幸せな一年でした。
来年もよろしくお願いします

■ No title

to さやかさん
わたしもお世話になりました・・・
本当にアイディアは思い浮かんでも・・・
なかなか形に出来ません・・・
来年はさやかさんとこで勉強して、いろいろな道具とか使いたいです・・・

■ No title

いつもいつも文章の書き方を勉強させてもらってます。
今年はいろいろと楽しませて頂いてありがとうございます。
私をつかてくれたのはとっても嬉しくて^^
戒様からもよろしくとのお託を頂きました。
来年もよろしくお願いします。

■ 良いお年を

悪夢さん、こんばんは。
一年暮れました。
素晴らしい物語有難う。
そして、お疲れさま。

来年もお互いに頑張りましょうね。
よろしくお願いします。

良いお年を!

■ No title

あけましておめでとうございます。
今ほんと・・さやかさんのところでニアミス・・・
思わず見に行きました(-m-)ぷぷっ
ということは・・・今年も私を登場させてくださるという暗示?笑

なんてアホなこと言ってると怒られそうです^^;
今年もよろしくお願いします。

では・・・家族との旅行行ってきますぅぅぅ!!
(後ろで早くしろと(;´Д`A ```)

■ No title

あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろとお世話になりました。
本年も、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

初日の出を見てから今まで、大トラ男になっていました。
4日から仕事なので、明日から体勢を立て直したいと思います。

悪夢さんの小説、今年も楽しみにしております。

田舎の初日の出(正月のみ公開)
http://sm1.blog39.fc2.com/file/banner.jpg

■ No title

あけまして、おめでとうございます(*^-^)
今年も悪夢の館をよろしくお願いします。

to トンさん
さやかさんところで同じ時間にアクセスしてて、なんか変な感じでした。ことしはトンさん主役なの・・・書こうかな・・・・構想中です・・・(ΦωΦ)

to masterblueさま
すばらしい物語って・・・・
嘘でもうれしいですo(*^▽^*)o~♪
masterblueさまも素敵なお話・・・
ありがとうございます(^▽^)/

to 彩りん
初日の出・・・わたしも見に行ったよ・・・
すごく寒くて・・・でも日の出みたらそれも忘れちゃうよねっ・・・
携帯で写真とりまくりました・・・
それから、わたしも最近、飲めるのに気づいて・・・・
ビールおいしいって思えるようになりました・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/214-f149d8aa

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。