FC2ブログ

プロフィール

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
15
 蝋に覆われたわたしの身体を抱き上げる・・・・
 トンさんも抱えるようにして抱き起こされる・・・・
 そのまま、ステージから降りる私達を拍手が包み込んだ・・・・
「可愛らしい奴隷ですね。」
「今度はわたしが指名させていただきますよ。」
 口々に男達が闇さまに話しかける・・・・
 わたしは甘えるように闇さまの胸にもたれる・・・・
 そう、この人達にも調教されるのかも・・・
 わたしはトンさんみたいな専属奴隷じゃなくて奴隷娼婦なんだ・・・・
「指名でいっぱいになりそうね。」
 真由美さんが拍手をしながらわたしに微笑む・・・・
「あぁ・・・・」
 小さく声をあげるわたし・・・・
 トンさんとご主人さまはお客様に囲まれている・・・・
 なんかすごい人気あるみたい・・・・
 その輪から闇さまと2人で離れる・・・・
 廊下を歩いてさっきのお部屋に戻る・・・・
 闇さまはわたしをソファーに降ろすとどこかに行く・・・・
 なんか闇さまが戻ってくるのが待ち遠しい・・・・
 どうして???
 わかんないけど・・・・闇さまに支配されてしまったのかも・・・・
 戻ってくるとわたしを立たせる・・・・
 導かれるままに闇さまに従う・・・・
 バスルームに連れて行かれるわたし・・・・
 思ったより広いバスルームが目の前に開ける・・・・
 大理石みたいな作り・・・・
 その中央に連れて行かれる・・・・
 手際よくわたしを立たせてシャワーをかける闇さま・・・・
 お湯もいい感じ・・・・
 ちょっと蝋燭や鞭の跡にはヒリヒリするけど・・・・
 痛いってほどではない・・・・
 スポンジでわたしの身体を撫でる・・・・
 きめ細かい泡がわたしを包む・・・・
 そして、オイルのせいか身体を覆っていた蝋はいい感じで剥がれていく・・・・
 闇さまはバスルームなのに仮面をつけたまま・・・・
 石鹸でヌルヌルした体をスポンジが撫でる・・・・
 胸も・・・・アソコも・・・・
 そんなとこを撫でられる度に身もだえしてしまう・・・
「あぁ・・・・・」
 全身に泡が塗られたとことで、闇さまがわたしに命令する・・・・
「今度はわたしを洗ってもらおうか・・・」
 わたしはスポンジを取ろうとする・・・・
「違う、身体で洗うんだ・・・・」
「えっ・・・・」
 彼の意味するところはわかる・・・・
 わたしは闇さまに抱きつく・・・・
 そのまま、身体を上下に滑らせる・・・・
「あぁん・・・・」
 胸が擦れて快感が起こる・・・・
 その上ぴたっとつけた下半身に硬いものが当たる・・・・
 命令とはいえ、創にもしたことのない行為・・・・
 それを自分からしている・・・・
 そういえば、創とオフロにはいったことあんまりなかったな・・・・
 いつも、わたしが恥ずかしがって・・・・
 ノーメイクの顔をみられたくなくて・・・・
 なんかすごい懐かしく感じられる・・・・
 この数時間で大人の女になったような錯覚さえ感じる・・・・
 闇さまの後ろに廻って身体を擦りつける・・・・
 胸を押し付けて上下に身体を動かす・・・・
 ブルンって弾ける胸・・・・
 腕を取って胸の間に挟むようにしたり・・・・
 考えられるかぎりのサービスをする・・・・
 いきなり大きな手がわたしの肩をつかむ・・・・
 そして正面を向かされる・・・・
 仮面の顔が近づいてくる・・・・
 わたしは目を閉じる・・・・
 柔らかいものが唇に当たる・・・
 そう、キス・・・・
 わたしは初めての女としての扱いになんかジーンって感じになる・・・
 そう、奴隷として認めてくれたの?
 わたしは、入り込んでくる舌に身を任せる・・・・
 なんか創と同じ匂い・・・・
 でも、創よりもっと濃厚なキス・・・・
 わたしも娼婦になったように舌を自分から絡める・・・・
 闇さまは唇を離す・・・・
 わたしは名残惜しそうに見上げる・・・・
 自然に手を闇さまの中央に屹立したものに添える・・・・
 泡を塗るようにして、洗い始める・・・・
 もちろん今までこんなことしたことはない・・・・
 でも、闇さまを喜ばせようと必死に・・・・
 細い指で闇さまのものを擦る・・・・
 固くて柔らかいもの・・・・
 指を添えるとドキドキと脈打ってるみたいに感じる・・・・
 創のもの・・・・いつもチラッとしかみたことない・・・・
 たぶんこれくらいの大きさ・・・・
 創は大きい方っていってた・・・
 わたしも最初いれるの大変だった・・・・
 その大きなものに石鹸を塗って指を滑らせる・・・
 もう片方は毛につつまれた袋の方を揉む・・・・
「もういい・・・・」
 闇さまはそういうとシャワーで泡を流す・・・・
 私の身体を泡が流れていく・・・・
 すぐにその雲の衣装は剥がされる・・・・
そしてまた私達は濡れた身体を重ね、熱いキスを交わした。

 鏡の前のわたし・・・・
 そして、後ろに闇さまの姿・・・・
 慣れた手つきでドライヤーとブラシを使いわたしの髪を乾かす・・・
 まるで創みたい・・・・
 創はカリスマ美容師だった・・・・
 予約一杯でなかなか、創に髪の毛をやってもらうなんて出来ないほど・・・
 テレビのヘヤーメイクとかもやってて・・・
 創のファンって案外いるらしい・・・
 それだけじゃなくかっこいいし・・・
 わたしもホテルとかで創にやってもらうことあるけど・・・
 闇さまの手つきもそれに負けない・・・・
 そういえば闇さま、身体つきや背は創に似ている・・・・
 案外、創が仮面をかぶってるだけかも・・・・
 そんな疑念も湧いてくる・・・・
 でも、それは創みたいな人もうらやむような彼氏がいるのに・・・
 こんなことになってしまったバカな自分への言い訳・・・・
 もし、闇さまが創なら少し巻き戻せる・・・・
 でも、あのやさしい創のわけがないって思うのも事実・・・・
 わたしを調教する闇さま・・・・
 創にはそんなことたぶんできない・・・・
 そのうち、わたしの頭は完全にセットされる・・・・
 今度はメイクまで・・・・
 丁寧なメイクにわたしの顔は変身していく・・・
 いつもの雑なメイクじゃない・・・
 信じられないくらい可愛くしあがっていく・・・
 いつもより派手め・・・
 ゴールドを使って・・・・
 最後にリップ・・・・
 いつものピンクじゃなくて赤に近いオレンジ・・・・
 それを塗るとエスコートするようにわたしを立たせる・・・・
 そしてベットへ・・・・・
 わたしがベットに座ると・・・
 闇さまは膝立ちになる・・・・
 わたしは闇さまを見上げる・・・・
 その意味するところはわかっている・・・・
 わたしはいとおしく指で闇さまのものを包み込む・・・・
 そして、先に舌を這わせる・・・・
 まるでアイスクリームを舐めるように・・・・
 やさしく舌で包みこむように・・・・
 上目遣いに闇さまの目を見ながら・・・
 創にもしたことのない行為を自分からする・・・・
 いやらしいマゾ娼婦・・・・
 それがわたし・・・・
 創になんか相応しくない子・・・・
 そう思うと・・・
 堕ちてしまえ・・・・
 そう思う・・・・
 最低の奴隷に・・・・
 わたしは唇を被せていく・・・
 その脈打つようなものに・・・・
 口を大きく開いて・・・・
 舌に乗せるようにして唇を滑らせる・・・・
「フフ・・・いいぞ・・・」
 ちょっと奥まで入れて・・・
 今度は唇を柔らかく締め付けるようにして抜いていく・・・・
 その時、少し吸うようにする・・・
 誰に教わったこともない・・・・
 本能的な行為・・・・
 友達との話の中で聞いたことはあるけど・・・・
 顎が外れそう・・・・
 でも、まだ闇さまは納得しない・・・・
 わたしの髪の毛をつかむと前後に動かす・・・・
「ぐぅ・・・ぅぅ・・・・・」
 吐き気を堪えながら、顔を前後に振る・・・・
 そしてそのスピードは速くなっていく・・・・
 闇さまのものがもっと大きくなっていくような気がする・・・・
 そして、闇さまの手はわたしを性具のように扱った後・・・
 いきなりそれを引き抜いて、わたしを押し倒す・・・・
 乱暴にわたしの秘部に焼けつく棒をあてがう・・・・
 そのまま、腰を押し出すとわたしのアソコが押し広げられ・・・・
 その巨大な肉棒を飲み込んでいった・・・・

小説に登場していただいているトンさんのブログはこちらです。
 淫乱トンの妄想日記 ~皆様の玩具に成り果てて・・・


アフイリエイトで何か買ってくれた方には、書き下ろし小説をプレゼントします。「ONE NIGHT STORIES ANOTHER~優華」です。詳しくはここをクリックしてください。
秘密の小説のプレゼント

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

■ うふ^^

なんとなくぅ HappyEndの予感??
闇さん、創くん^^
そうだといいな

■ No title

to ののさん
。。。o(゜^ ゜)ウーン
どうだろう????
最近ハッピーエンドじゃないの多いし・・・
SM小説の王道みたいな感じでおわるかも・・・
まだ、ラストは決めていません・・・

あっ・・・それから・・・
ののさん・・・いつもコメントいただいてるし・・・
メールいただけたら、秘密の小説おくります・・・
よかったらだけど・・・

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ No title

to ののさん
gooにメル☆[\/]
いただけたら、送りますねっ・・・・
PC版か携帯版か指定してくださいねっ
(*゜▽゜)ノ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/227-a57d8249

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。