FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
19
 創の車に乗り込む・・・・
 いつもより口数の少ない創・・・・
 自分のマンションの近所の景色が後ろに流れていく・・・
「脱げよ。」
「あぁ・・・・」
 不安そうに窓の外を見る・・・・
「歩くとき以外は全裸だ!」
「えっ・・・でも・・・見えちゃうよ・・・」
 そう、車の横と後ろは濃い色のシールが張ってあるが、
 前は上に少し入っているだけ・・・・
「早くしろ。」
 創の声にシートベルトを外して・・・・
 コートを脱ぐ・・・・
 全裸になる・・・・
 そしてシートベルト・・・・
 胸を押さえつけるような感じ・・・・
 ちょうど乳首のとこにシートが当たるようにする・・・
 自分で見ててもすごいいやらしい格好・・・・
「脚を上げろ・・・」
 わたしはシートに足を上げる・・・・
 まだ、昼の3時くらい・・・・
 室内は前から丸見え・・・・
 だめっ・・見えちゃう・・・・
 対向車がすごい気になる・・・・
 できる限り身体を低くして、シートにもたれている・・・・
 時々、対向車の運転手がわたしの方に気づいたのか驚きの表情になる・・・・
「これで、遊んでおけ。」
 わたしの方にローターと二本のバイブを投げる・・・・
 わたしはそれを手にとって、チラッと創を見る・・・・
 こんなので自分を慰めろっていうの?
 たぶん、昨日まで創はわたしのこと、オナ☆なんてしない子って思ってたはず・・・
 その、宝石のように大事にしていたわたしがマゾの変態だって知った創・・・・
 わたしをとことんまで貶めようとしているのかも・・・・
 しかたないよね・・・・・
 わたしはアソコの中心にバイブを当てる・・・・
 ズブズブとそれを沈ませていく・・・・
「あぁ・・・・あぁ・・・・・」
 真っ赤な顔でバイブを受け入れる・・・・・
「簡単に咥えやがった。今度はもうひとつの穴だ。」
「あぁん・・・・・」
 わたしは、後ろの蕾にボールがつながったような形のバイブをあてる・・・・
 大きさの一つ一つ違う玉・・・・
 それをゆっくりと飲み込んでいく・・・・
「あぁ・・・ひぃ・・・・あんんっ・・・・」
 後ろのものと中のものが壁を隔てて擦れる・・・・・
「嬉しいだろ。オマンコとアナルに飲み込んで・・・・」
「あぁ・・・嬉しい・・・わたし・・・変態です・・・・マゾで淫乱です・・・・」
「その通りだ。メスブタ。ローターも使えよ。遠慮しなくてもいいぜ。」
 運転をしながらわたしを辱める言葉を言う・・・・
 わたしはローターを振るわせる・・・・
 ブーンって言う音・・・・
 その卵型をクリットに当てる・・・・
 背中を快感が走る・・・・・
「はぁぁん・・・・はぁん・・・・・」
 もう一方の手で前のものと後ろのものを交互に出し入れする・・・・
「あぁん・・・いく・・・いっちゃう・・・・」
 わたしは淫蜜でシートを汚しながら背中を仰け反らせた・・・・

「ほら、ここだ。」
 わたしは外を見ることも忘れている・・・・
 涎を垂らしながら・・・・
 創を見るだけ・・・・
 それも魂の抜けたような目で・・・・
 車を降ろされる・・・・
 それも、裸のまま・・・・
 ビルの地下のコンクリートがむき出しの壁づたいに歩く・・・・
 その先にはエレベーターが見える・・・・
 アソコと胸だけ隠すようにして、屈んで歩く・・・・
「乗れ!メスブタ。」
 わたしを乗せて、エレベーターを操作する・・・・
 なんか見たようなエレベーター・・・・
 でも、エレベーターなんかどれでもいっしょなのかも・・・・
 昨日乗ったエレベーターに似ている・・・・
 エレベーターのドアがしまる・・・
 誰か乗ってきませんように・・・・
 ここまで、誰にも出会わなかったけど・・・・
 創の後ろに隠れる・・・・
 その願いは叶わない・・・・
 一階で止まる・・・・
 乗り込んでくる男の人と女の人・・・・
 わたしは創の後ろに隠れる・・・・
 でも、すぐに異変に気づかれる・・・・
 女の人はこそこそと男の人に耳打ちする・・・・
 男がこちらを見る・・・・
 好色な視線・・・・
 わたしは創の服をギュッとつかむ・・・・
「へぇ、露出ですか?それも全裸ですか。」
 男がわたしを見ながら言う・・・
「えぇ・・・変態なんですよ・・・」
 創がわたしを前に出す・・・
 肌を舐めるような視線・・・・
「いやっ・・・・」
 後ろを向こうとするわたしを創が抑える・・・・
「見てください・・だろっ・・・・」
「それでは遠慮なく・・・・」
 男はわたしの前にかがみこみ・・・
 あそこを指で開く・・・・
 秘部を見ず知らずの男に開かれるなんて・・・
 その冷たい指の感触・・・・
「あぁ・・・見てください・・・・」
「フフ・・・言うだけあってどろどろだ・・・・」
「汚い汁で指を汚してすみません。」
 創が謝る・・・・
「あぁん・・・・・」
 クチュクチュと指が滑り込む・・・・
「フフ・・・いいんですよ・・・・それにしてもいいオマンコだ・・・指を締め付けてますよ・・・・」
 男の声に恥じ入り感じるしか出来ない・・・・
「ありがとうございます。」
 創が頭を下げる・・・・
「いい奴隷ですね。」
「えぇ・・・・」
 男達の会話の途中でエレベーターのドアが開き・・・・
 昨日と同じ空間が現れた・・・・

Amazonアダルト 携帯はこちらから・・・



アフイリエイトで何か買ってくれた方には、書き下ろし小説をプレゼントします。「ONE NIGHT STORIES ANOTHER~優華」です。詳しくはここをクリックしてください。携帯にも対応することになりました。
秘密の小説のプレゼント



スポンサーサイト
[PR]

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/232-692265d6

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。