FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
30
「今日はパーティだ。」
 それだけ言い残して、中川さんは部屋を出て行く。
 小枝子さんも部屋を出て行く。
 残されたわたしたち。

「真美。」
「はい?」
「パーティって?」
「あっ、中川さまがお客さまを接待するの。わたしたちの身体を使って。」
「えっ・・・」
 いきなり奴隷としての仕事。
「4、5人かな。わたしたちにいろいろして楽しむの。ゲームをしたり、セックスしたり。ごめん。こんなことに巻き込んで。」
 何をされるのかわかっている。
 バーチャルでされたようなこと。
 徹底的に貶められ・・・
 蔑まれる・・・・
 人間ではなく、
 家畜としてあつかわれ・・・
 慰みものになる・・・・
 もう、想像しただけで悲しくなる。
「ううん、いいんだよ。」
 真美の顔を見ると、そう言ってしまう。
 そう、それにわたしが先にここに来てたら、
 真美と同じように、友達を誘っていたのかも。
 ここで知らされたMとしての性・・・・
 それを呪うしかない。
「でも、慣れれば大丈夫だよ。わたしも最初は抵抗とかしたけど。」
「うん・・・」
 できるだけ真美が気にしないように微笑む。
 これは自分で招いた災い。
 たぶん、真美は一瞬先の私だった。
 真美はわたしに抱きつく・・・・
 胸と胸が擦れる・・・・
 身体が押しつぶしあうように密着して・・・
 わたしたちは唇を重ねる・・・・
 どちらからでもなく・・・・
 マゾどうしのあいさつとでもいうように・・・・
「あぁ・・・真美・・・」
「美咲・・・さん・・・」
 わたしたちは身体をくねらせながら、お互いの唇を味わい続けた。

 その後、わたしたちはお風呂にはいる。
 雑居ビルって感じなのに、やけに立派なお風呂・・・
 4、5人入れそうな・・・・
 真美は慣れた感じで、わたしを案内する・・・・
 こんなこと何度も経験してるの?
 わたしは、男の人たちのおもちゃになるって考えただけで、ドキドキしてるのに。
 ちらっ、ちらっと真美を見る。
 
真美はテキパキと用意をする。
 シャワーの前の椅子にわたしを座らせる・・・ 
 髪の毛を束ねてタオルで止める。
 そして、膝をついてシャワーをとり、私の身体にかける・・・
 
「綺麗にしないとね。」
 たぶん、男の人を喜ばせるため・・・・
 スポンジをボディシャンプーで泡立てる・・・・
 薔薇のような香り・・・・
 そして、スポンジがわたしの背中をすべる・・・・
「あっ・・・いいよ・・・真美・・・」
「えっ、だめだよ。」
 やっぱ、身体を洗われるなんて、はずかしい・・・・
「ホントにいいよ。」
 真美の手を持って、身体から離す。
「だめっ、命令されてるの。ちゃんとしないと。わたしも美咲さんも酷いことになるの。」
「そうなの・・・・」
 恥ずかしいけど、真美にまかす。
 わたしの背中を肌理の細かい泡が包んでいく。
 
「美咲さん、こっち向いて・・・」
 真美のほうを向く・・・
 正面に真美・・・・
 真美はかがんでわたしの足を洗う・・・・
 一本ずつの指を丁寧に・・・・
 くすぐったいっていうか・・・
 快感っていうか・・・
 変な感じ・・・・
 わたしは、真美に身体を預ける。
 足が終わったら、今度は首筋・・・・
 だんだん、わたしの性感帯に移っていく・・・・
 胸の先に触れられただけで、身体がビクンとなる。
 その反応を知っているのか、真美の指の動きが大胆になる。
 胸の先を摘むようにしたり、
 もう一歩の指はあそこに降り、わたしの襞を1本1本丁寧に洗い始める。
「あっ、あっ、真美・・・恥ずかしいよ・・・あっ。」
「綺麗にしようね。美咲さん。」
 真美は止めようとしない。
 ますます大胆になって、指はわたしのアソコに潜り込む・・・
 1本・・・2本・・・・
 それだけじゃない・・・
 腰を浮かせるように誘導して・・・
 後ろの穴も解し始める・・・
「いやっ・・・汚いよ。」
「だめ、ここもやっといたほうが楽だよ。」
 指が捻りこまれる・・・・
 オナニーで感じてた感覚・・・・
 でも、羞恥心が加わると、もっと背徳的な気持ちになる・・・
 そのまま、出し入れされる指・・・・
 前のも・・・・
「あぁん、だめっ、だめなの・・・あぁっ・・・・」
 おしっこでないものが、あそこから飛沫く。
「あぁん、いっちゃうぅ・・・・」
「いいよ。美咲。」
 わたしは太股を痙攣させ、真美の指が与える快楽に身を任せた。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
素人娘・素人妻、ハメ撮り流出動画エロスプラネット since2003

極限達磨アクメ拷問!鬼畜の電マ地獄!

もう止めてぇっ!壊れちゃう!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/283-b4c17486

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。