FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
3
「真由子ちゃん、ちょっと。」
 先輩が店長に呼ばれる。
 横目で見るわたし・・・
 なんだろ?
 あれ以来、猫なで声で真由子先輩に接する店長・・・
 ひげ面の中年のくせに、キモイんだよ!
 離れろ、先輩から・・・
 たぶん、この前のこと口止めしてるんだ。
 本店とかに言いつけられたらまずいからね。
 特にここって有名なキャバクラの支店だから・・・
 今、テレビでブレイクしてるグラドルの子もここの出身らしい・・・
 でも、本当に店長とか、ボーイとかレベルが低い・・・
 先輩が席に戻ってくる・・・
 お客さまに微笑みかけて・・・
 なんでもなかったのかなぁ・・・
 なんか込み入ってたみたいだけど・・・
 でも、そんなこと微塵も感じさせない・・・
 楽しく会話をして・・・
 お客さまの輪の中に自然と溶け込む・・・
 隣のお客様がわたしをくどく・・・
 まあ、悪くないんだけど・・・
 お客様とは一線を引くのがプロ・・・
 真由子先輩に教えてもらったとおりにかわす・・・
 誰かさんみたいに、簡単に身体を使ったりしない・・・
 わたしと真由子先輩はいつものように接客する。
 お客さまに楽しんでもらうように・・・
 隣から下品な喧騒・・・
 少し眉をひそめながら・・・
 わたしたちはプロとしての接客を続けた・・・・

「あ~あ、あのエロおやじ。むちゃくちゃ触りやがって。」
「でも、恵美もしっかりボッてたじゃん。フルーツとか頼んでさ。あのオヤジ、5万円とか払ってたよ。」
「そうでもしなきゃ。やってらんないじゃん。」
「うちらプロだもんね。」
 更衣室ではお客さんの悪口ばっかり・・・
 どうやって絞りあげるか・・・
 それがプロの仕事なの?
 なんか、うざい・・・
 美奈さんのグループのお客さまはすぐに入れ替わる・・・
 最初はいいけど・・・
 はまったら雑巾のように搾り取られる・・・
 なんか、美奈さんに執着していたお客様がいまはホームレスになっているらしい・・・
 そんな自慢話が飛び交う・・・
 わたしは少し離れて着替える・・・

「沙耶。店長が沙耶も来るようにって。」
「わたし?」
 そういえば、さっき店長と真由子先輩が話していた。
「店おわったら私と来るようにって。でも、たいした話じゃないと思うけど。」
「うん、言えてる。」
 私たちは着替え終わると、お店の中に戻る・・・・
 ソファーに店長が座っていて・・・
 美奈先輩と木藤・・・・
 なんか、いつもと雰囲気が違う・・・・
 わたしは、変な胸騒ぎを感じながら、その席に向かった・・・

 わたしたちが店長の正面に座ると、店長が口を開く・・・
「ちょっと、これを見て欲しいんだけど。」
 テーブルに配られたトランプのように写真がすべる・・・
 その写真には、バーで男の人と話す真由子先輩・・・・
 隣にわたし・・・
 そう、この前、飲みに行ったときの写真・・・
 そういえば、この人、キャバクラのスカウトで、真由子先輩に店を移らないかって言ってた・・・
 でも、断ったはず・・・・
「何を言いたいか。わかるよな。」
 声を荒げる店長・・・・
「ええ・・・でも・・・お断りしました。」
 まっすぐ店長を見て答える先輩・・・
 うん、いいがかりだよ・・・
 わたしも店長をにらみつける・・・・
 まわりでニタニタとわらう美奈先輩と木藤・・・・
「スターダストに移るって聞いたんだがな。」
 ライバル店の名前だ。
「ただの噂です。」
 きっぱりと言う真由子先輩・・・
「うん、わたしも聞いたよ。真由子先輩が断ってるの。」
「火のないところに煙はたたないよ。」
 妖しく微笑む、美奈先輩。
 やばい雰囲気・・・・
 美奈先輩の取り巻きもお店に集まってくる・・・
 わたしたちの言うことは一切信用されていない・・・
「この男はここらで有名なスカウトなんだ。君もわたしの経営に不満をもっているみたいだしね。」
 いやみっぽく言う。勝ち誇ったようにタバコを咥えて、煙を吐く・・・
「そんな、濡れ衣です。」
「規則違反だな。」
 確かに、入店の時に一筆かかされる・・・
 でも、有名無実の規定・・・
 ここをやめて他で働いている子なんて、たくさんいるのに・・・
「わたしもナンバーワンの君に移られると困るんだよ。」
「わたし、そんなこと考えてません。」
「それに、こういうのを放っておくと他の子に示しがつかなくてねぇ。」
 まったく私たちの言葉に耳をかさない・・・
「きつくお仕置きしなきゃね。クスッ。」
 お仕置き、冗談じゃないよ・・・
 わたしは美奈先輩を睨む・・・
「沙耶も、ちょっと成績がいいからって図にのってんじゃないの?」
 わたしを睨む美奈先輩・・・・
 綺麗系の顔・・・・
 でも、ぞくっとするような迫力がある・・・
「そうだな。そんなこと考えないように、ヤキをいれないとな。」
 店長が立ち上がる・・・
 わたしも真由子先輩も立ち上がる・・・・
 こいつらと話すだけ無駄・・・
 真由子先輩の前に美奈先輩が立ちふさがる・・・
 そして、わたしの両肩を恵美先輩と奈菜先輩が押さえる・・・
「最低ね。」
 真由子先輩はそうつぶやくと・・・
 美奈先輩の頬を思いっきり平手で弾いた・・・
 パシッ・・・・
 乾いた音が店に鳴り響いた・・・・

                to be continue

(本の紹介です^^) 



「悠子先生は、これから一生、僕の奴隷だからね」
優等生の裏の顔は、神をも恐れぬ天才肛虐鬼だった。
大量浣腸、集団肛虐、強制剃毛、野外輪姦……
25歳のすべてを奪いつくす逃げ場のない肛姦包囲網は、
ついに、大勢の教え子たちが待つ聖なる教室にまで……
教職から性隷へ――芦川悠子・最後の授業が始まる。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/301-dccbc39a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。