FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
5
「いいかっこうね。」
 真由子先輩の前に仁王立ちする美奈先輩・・・
 細い腰に手をあてて・・・
 まるで、女王のように、真由子先輩を見る・・・
 とらわれた奴隷を見るような目・・・
「放しなさい。沙耶もわたしも。」
 真由子先輩はわたしのように暴れない・・・
 あくまで、静かに諭すように・・・
 これも女王の気品で・・・
「だーめ。」
 いたずらっぽく笑う・・・
 まるで、無垢な少女のように・・・
 でも、背筋が凍るような感じを覚える・・・
「何が、ねらいなの?ナンバーワン?そんなものくれてやるわ。」
「そんなんじゃないよ。」
「えっ・・・」
「わたしね。夢にまで見てたの。こうなること。」
「何・・・・」
「真由子が私の前にひざまづくの・・・」
 目が逝ってる・・・・
 極限まで強調したアイライン・・・・
「何、言ってるの。おかしいんじゃない。」
「もうすぐそうなるわ。フフ。私の奴隷にね。」
 尋常じゃない言葉に真由子先輩もやばいって感じている・・・
「店長。ひん剥いてあげて。丁重にね。」
「ハハ・・・仰せのとおりに。ハハ・・・」
 こいつも立場逆転を楽しんでいる・・・・
 はさみで、真由子先輩の身体にまとわりついた布を切る・・・
 ジョキ・・・ジョキ・・・・
 黒いミニのドレス・・・・
 無残に切り裂かれる・・・・
 たぶん、かなり高価な服・・・・
 先輩は下着姿になる・・・・
 黒い下着に包まれた胸やヒップ・・・・
 そのボリュームに息を飲む・・・・
 女性ならだれでもあこがれてしまう・・・
 完全なプロポーションだ・・・
 でるところはでてるのに・・・
 デブじゃない・・・
 店長のつばを飲む音が聞こえそう・・・
 木籐もそっちに目をとられている・・・
 完全な芸術だった・・・

「フフ・・・いい格好ね。」
 真由子先輩の首筋を撫でる美奈先輩・・・
「やめて・・・」
 真由子先輩の頬が少し赤らんでいる・・・
 身体を細い指が撫でていく・・・
 輪郭をなぞるように首筋から腋・・・お腹・・・腰・・・
 真由子先輩は身体をねじる・・・
 でも、その手からは逃れられない・・・・
 かえってその動きが彼らを喜ばせる・・・
 見ているだけで、ドキドキするほど、いやらしい動き・・・
「ぁあ・・・やめて・・・・」
「ふうん、感じてるんだ。」
 嬉しそうに目を輝かせる・・・
「ちがう・・・」
「そうかなぁ。」
 いきなりブラを引きちぎる・・・
 ブチッ・・・
 ホックがはずれて・・・・
 こぼれる胸・・・・
 はずむように上下にゆれる・・・
 その光景にことばを失う・・・
 そう・・・・
 小さめの胸の先は、綺麗な小豆いろ・・・
 でも、その胸の先にゴールドのピアス・・・
 胸にはワンポイントでバラのタトゥ・・・
 そういえば太股の付け根にもタトゥがある・・・
 先輩がそんなことしてるって知らなかった・・・
「ふぅん。」
 美奈先輩が胸のピアスをつかむ・・・
「あっ・・・そんなこと・・・」
「やっぱり・・・真由子ってMだと思ってたよ。」
 それを引っ張りながら言う・・・・
「あっ・・・あぁ・・・・」
 さっきの威勢のよさはなくなっている・・・
 目を伏せて、耐えているだけ・・・・
 その心の隙間に侵入してくる美奈先輩・・・
 ゆっくりと胸を揉みながら、身体をすりつける・・・
「あぁ・・・だめっ・・・」
 小ぶりの唇から、小さな吐息が漏れる・・・
 その唇に美奈先輩が唇を重ねる・・・
 見ているだけで息が詰まりそうになる光景・・・
 そのまま、下着に指をすべりこませる・・・
 嫌がりながら・・・
 腰を振りながら・・・
 その指を受け入れてしまう真美先輩・・・・
「フフ・・・ヌルヌルだよ・・・」
「あっ・・・あっ・・・・」
「前の店の子に聞いたよ。真由子ってマゾでビアンなんだって・・・」
「あっ・・・そんな・・・」
 真由子先輩って・・・・
 でも、先輩はそれを否定せずに小さな吐息を上げるだけだった。 



【本の紹介】
「本当に言う通りにすれば、許してもらえるんですね」
借金返済を迫られ、銀行の一室で強いられたヌードショウ。
由美は瞳を潤ませながら、最後に残ったパンティをおろした。
大嫌いな男なのに、醜い視線に晒され、29歳の美肉が疼く。
心では拒絶しても、身体は貞淑と背徳の狭間で目覚めていく。
(許して、あなた……私は一晩だけ、妻の操を売ります)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/303-ab5e2351

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。