FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
6
「こっちも楽しもうぜ。」
 わたしの後ろに木籐が立つ・・・
 下着越しに胸を揉みはじめる・・・
「い・・・いやっ・・・」
 こいつ、いつもわたしにモーションを送ってきてた・・・
 店が終わったあと誘ってきたり・・・
 下心まるみえみたいな感じで・・・・
 でも、木籐みたいなやつは虫唾が走るほど嫌い・・・
 ちゃらちゃらしてて・・・
 知性のかけらもない・・・・
 その男に好きにされるんだ・・・・
 わたしは必死で身体をねじる・・・
「すぐにいやじゃなくなるさ。ハハ。」
 そう言いながらブルーのブラを引きちぎる・・・
 ゴリラみたいな手で・・・・
「なかなか形いいじゃん。」
 直に胸を揉み始める・・・
「やめろっ・・・やめろよ・・・」
 わたしは思いっきり奴を睨みつける・・・・
「なんか、反抗的じゃん。」
 恵美さんがわたしの傍に立つ・・・
 ゴリラはわたしのショーツの紐を解く・・・
 はらりと布は下に落ちる・・・・
「ちょっと、木籐はなれてよ。」
 恵美さんが木籐に命令する。
「はいはい。」
 不満そうに離れる木籐・・・・
 そして恵美さんの手に何か握られてる・・・・
「こういうのやってみたかったんだ。」
 黒い短い棒の先に皮のひらひらしたのがたくさんついている・・・・
 本能的にそれは人を叩くものだってわかる・・・
 それを後ろに引いてわたしのおしりに叩きつける・・・
 バシッ・・・・
 大きな音・・・
 それからジーンとした痛み・・・・
「あぁっ・・・」
 思わず声が漏れる・・・
「きゃっ、いい音、気持ちいいっ。」
 またおしりを叩く・・・
 バシッ・・・
「うぅ・・・やめて・・・」
 わたしは横目で恵美さんを見る・・・
「フフ・・・さっきの反抗的な目はどうしたの?」
 また、鞭を叩きつける・・・
「あぁ・・痛い・・・」
 わたしの表情を見ながら微笑む・・・
 勝ち誇った表情で・・・
「いいのよ。もっと反抗しても。」
 ショートカットの白っぽいブロンドの髪・・・
 悪魔っぽい顔で笑う・・・
「やめて、痛いです・・・痛いの・・・」
 涙がにじんだ目で、懇願する・・・
「ぞくぞくするよ。その目・・・」
 わたしの髪の毛をつかんで顔を上げさせる・・・
 大きく目を見開いて彼女を見る・・・
「許して・・・・」
 恵美さんの白い顔に赤い唇の端が上がる・・・
「だめよ。ぼろぼろにしてあげる。」
 また、鞭を振るう・・・・
 今度は乱れうち・・・・
 左から右から・・・・
 鞭の先が風を切る音・・・
 わたしの尻肉がはじける音・・・・
「あぁ・・・痛いよ・・・許して・・・痛いよ・・・ぅう・・・」
 泣き出し始めるわたし・・・
 それが、恵美さんのSを刺激する・・・・
「おもしろい、こいつ・・・ほんもののMだよ。」
 手加減はない・・・・
 太股、わき腹、胸・・・・
 あらゆるところに鞭が巻きつく・・・・
「えっ・・・えっ・・・ひっ・・・・」
 あたりにわたしの嗚咽と鞭の音だけが鳴り続けた・・・・





☆小説の紹介
「お願い、透さん。少し休ませて。でないと、もう……」
「何言ってるんだ。××は嬉しそうに喰い締めてくるぜ」
亡き夫との思い出がつまった山深い邸宅で、
相姦の味を覚えこませるように後背位で何度も貫かれる志穂子。
「義弟と兄嫁」を「暴君と隷」へ変えた獣色の寝室は、
セーラー服の18歳、義理の妹の出現で、狂った楽園へ!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/304-33a3fe59

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。