FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「沙耶はゆるしてあげて・・・」
 真由子先輩は上目遣いに美奈先輩を見る・・・
「どうしようかなっ」
「わたし・・・なんでもします・・・」
「そう・・・」
 勝ち誇ったように美奈先輩・・・
「どんなことでもします」
 必死に真由子先輩はわたしをかばう。
「どんなことでも?」
「はい・・・」
 悪魔にそんなこと言ったら・・・
 どんなことになるの・・・
 たぶん、もう人間としての権利なんてすべて剥奪されて・・・
「店長、なんでもするらしいよ」
「そうだな。いろいろやってもらいたいことがあるからな」
「お願いします」
「まず、この店のオーナーが最近かわってね。知ってるかい。」
 真由子先輩が首を左右に振る。
 わたしもそんなこと知らなかった。
「そのオーナーが、新しく出すSMクラブに何人かMの女の子を出してほしいってさ。」
「はい・・・・」
「ナンバーワンの真由子ちゃんがやってくれるんだったら、俺の株も上がるってわけだ。」
「それと、真由子の私生活はわたしが管理させてもらうわ。」
 割ってはいる、美奈先輩・・・
「いいでしょ。マネージャーをしてあげる」
「あぁ・・・・」
 どういう意味かわかる・・・
 こいつら、真由子先輩を骨までしゃぶるつもり・・・・
「真由子のものはわたしのもの・・・ギャラも全部受け取ってあげる。嬉しいでしょ。マゾだもんね。」
 だめ、そんなことに同意したら・・・
 本当に奴隷にされてしまう・・・
「だめっ!先輩!」
 わたしは叫ぶ・・・
「おまえは黙ってな!真由子と美奈さんの話だよ」
 また、わたしに鞭・・・・
 さっきよりも強く・・・
 容赦ないもの・・・・
「わかったわ」
 俯いてつぶやく真由子先輩・・・
 その真剣な口調に覚悟が感じられる・・・
「フフ・・・じゃあ、真由子はわたしの奴隷ね。」
「はい・・ご主人さま。でも、沙耶は帰してあげてください。」
「だめ、口先だけかもしれないでしょ」
「あぁ・・・信じてください」
「とりあえず、どれくらい従順か確かめてからよ。」
 美奈先輩は先輩の手錠と足枷を取り始める・・・
 金属のカチャカチャいう音・・・
 そして、皮製品は音を立てずに解ける・・・
「木籐!真由子がおかしなことしたら、沙耶を切り刻んでやって。」
 恵美さんがは木籐にナイフを放る・・・
 片手でキャッチする木籐・・・
 にんまりと笑って、刃先をぺロッと舐め・・・
 そのまま、わたしの胸に当てる・・・
「ひっ・・・」
 冷たい感触にわたしは目を閉じる・・・

「じゃあ、これにサインしてくれる。」
 美奈先輩が真由子先輩に紙とペンを差し出す。
 それに目を落とす真由子先輩・・・
「一枚は奴隷契約書。もう一枚は借用書・・・一億円のね。」
「これで、沙耶は放してもらえるのね。」
 念を押す先輩。
「真由子の覚悟しだい。一生借証書と奴隷契約書に縛られるの。」
「だめっ。そんなのサインしたら。」
 わたしは大声で叫ぶ。
「うるせえな。」
 木籐がわたしの乳首をつまんで刃を当てる・・・・
 まるで、切り落とす姿勢・・・
 それに黙ってしまう・・・
 こいつらなら本当にやりそう・・・
 恐怖で膝がガクガクする・・・
「サインするから・・・」
 こっちをチラッと見て、あきらめたようにペンをとる。
 二枚の紙に順にサインをする。
 そのあと、親指に朱肉を押し付けて、紙に拇印を押す・・・
 奴隷契約書と借用書の出来上がり・・・
 法律的には無効だと思う・・・・
 でも、この場では法律なんて無意味・・・
 圧倒的な力の差・・・・
 それに、こいつら、こういうのになれているって感じ・・・
 わたしがこの店に来てから・・・
 何人か美奈先輩と折り合いの悪い人がやめていってる・・・
 それも突然・・・
 もしかして、こういう風に毒牙にかかったのかも・・・
 
 大丈夫・・・
 そう言うように先輩はわたしの方をみて微笑む・・・
 その首に美奈先輩が太くて黒い首輪を巻きつけた。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/307-3f201357

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。