FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10
「じゃあ、沙耶は朝になったら帰してあげる。もし真由子がわたしのいうこと何でも聞くんならね。」
 首輪に鎖を取り付けながら・・・
「はい・・・美奈さま。」
 潤んだ大きな瞳で見上げる真由子先輩・・・
 美奈先輩は満足そうに見下ろす・・・
 店長と木籐は欲情した目で・・・
 そう、あまりにも官能的な光景・・・
 真由子先輩は一匹の気高い美獣・・・・
 その身体に欲情しない男なんていない・・・・
 無駄な肉のないしなやかな身体・・・
 胸は大きくないとはいってもそこそこのボリュームがある・・・・
 それにその肌の白さ・・・・
 まるでかすみがかかって見えるくらい・・・・
 もはや、一種の芸術品だった・・・
 それを自分たちの好きなように汚すことができる・・・・
 彼らのようなサディストたちが、こんなことをする理由なんて、それで十分なように思えた・・・

「美奈ちゃん、そろそろいいかな。」
 中年おやじが待ちきれないように、美奈先輩にねだる・・・・
 あさましい姿・・・・
「俺も、もう我慢の限界」
 木籐も同じ・・・・
 薄汚い欲情をかくさない・・・

「しかたないわね」
 美奈先輩はそう言って真由子先輩から離れる・・・・
 カウンターから飲み物を取り・・・
 正面のソファーに座る・・・・
 それは、店長たちにこの場をゆだねたんじゃない・・・
 真由子先輩を陵辱する道具として、この浅ましい男たちを使ってるだけ・・・
「ちゃんと奉仕するのよ」
 長い髪をかきあげ、おぞましい指示をする・・・
 たぶん、真由子先輩にとって、こいつらに抱かれるなんて屈辱以外のなんでもない・・・
「ほら、ちゃんとおねだりするんだよ。真由子。」
 店長も調子にのる・・・・
 真由子先輩を呼び捨てにすることなんかなかったのに・・・
 それから、待ちきれないように木籐も恵美さんにナイフを戻して先輩を囲む・・・・
「おれは口でやってもらおうか」
 
「けつを振って、マゾらしくしないか。」
 平手で真由子先輩のおしりを叩く店長・・・
 木籐はヘラヘラ笑いながらベルトを外し始める・・・
「あぅ、真由子の・・・身体でお楽しみください・・・」
 おしりを左右に振る・・・・
 眉間に二本の皺を寄せて・・・
 美しい顔が羞恥にゆがむ・・・
 店長の短く太い指が真由子先輩の大事なところを確かめる・・・
「ヌルヌルじゃないか・・・真由子くん。」
「あぁ・・・はい・・・真由子はいやらしいマゾです。」
「どうしてほしいんだ・・ん・・・」
「あぅぅ・・・入れてください・・・」
「どこに?何を?」
「わたしの・・・汚いオマンコ・・・おちんちん入れてください・・・」
 真由子先輩の口から出てるのが信じられない言葉・・・
「好きなんだな。これが。」
「あぁ・・・真由子は・・・おちんちん大好きです。」
 店長はズボンから一物を取り出す・・・・
 でも、経験の少ないわたしからみても立派とはいえないもの・・・・
 それをあてがって腰を沈めていく・・・
「あぁ・・・ん・・・」
 真由子先輩の中に最低の男のものが入り込む・・・・
「ハハ・・・淫乱マゾのわりにしまりがいいじゃないか。ほら、腰を振れ」
 店長はくびれた腰を両手でつかんで・・・
 汚いお尻を前後に動かす・・・・
「あぁん・・・あはぁん・・」
 先輩は目を閉じて、その動きを受け入れる・・・・
 あくまで、真由子先輩の中を楽しむようにゆっくりとした動き・・・・

「これがすきなんだろ」
 前から木籐・・・・
「あぅ・・ん・・はい・・・」
 見上げる先輩の前に木籐のものが屹立する・・・
 こっちは今まで見たことのない大きさ・・・・
「咥えろよ」
 根元を支えて先輩の口の前に・・・・
「あぁん・・・真由子・・・お口で大好きなおちんちん・・・奉仕させていただきます・・・あぁ・・・」
「わかってんじゃねえか。」
 真由子先輩はおぞましいものに唇をかぶせる・・・・
 濃いピンクの口紅にグロスを重ねた唇・・・
 薄いブラウンのシャドーの切れ長の目を閉じて・・・・
 ゆっくりと咥えこんでいく・・・
 大きなものが信じられない深さまで沈み込んでいく・・・
 やがて、根元まで口の中に入り込む・・・・
 たぶん、のどまで届いている・・・
 わたしにはできない・・・
「ぐぅぅ・・・・」
 先輩の口から少し苦しそうな音・・・
「ほら、顔を動かせよ。」
 木籐が先輩の髪をわしづかみにする・・・
 そのまま前後に動かす・・・
「ぐぅ・・・がっ・・・」
 声にならない呻き・・・
「こっちも休んでんじゃない。」
 後ろから店長・・・・
 容赦がない・・・
 先輩はおしりを振りはじめる・・・・
 先輩は性玩具のように前後からの男を受け入れ続けた。
 


(知らなかった、ママがこんなに淫らだったなんて)
乳房を突き出すように総身を弓なりにたわませ、
獣の体位で同級生に抱かれる39歳の若義母。
別人のような母の姿を見てしまった恵一は、
後戻りできない相姦の迷宮へいざなわれてゆく……
綾乃、真紀、悠里……秘密を暴かれる義母娘!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/308-ddc2389b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。