FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
16
「うーん、うぅ・・・」
 先輩の動きが止まる・・・
 美奈先輩がリードを何度引っ張っても・・・
 蹲ったまま・・・・
「あーあ、もうギブアップなの?まあ、がんばったほうね」
 美奈先輩は真由子先輩を確かめる・・・
 完全に意識を失っている・・・

「やばいね」
 恵美先輩がわたしの耳元で言う。
「えっ」
「うん、もう狂ってるかも」
 狂ってるって・・・
「朋子もそうだったけど、もうセックスのことしか考えられなくなるの」
「そんな・・・」
「SMクラブにも売れないわね。そうなったら」
 わたしの為に・・・・
 先輩が・・・・
「今回の責めっていつもよりきついし、美奈さん気合はいってるし、ヤバげかも。」
 そう、学校とかでちょっと悪ぶっている友達とかいたけど・・・
 こんなに極悪なの聞いたことない・・・
 
「木籐。あれもってる?」
「ああ・・・」
 木籐が美奈先輩に小さなビニール袋に小分けされた白い粉をわたす・・・
 あれって・・・・
「これで、まだがんばれるよ。真由子。でも人間は廃業だけどね」
 木籐が小さな注射器も取り出す。
「だめっ。やめて!」
 私は思わず叫んでしまう・・・
「ふうん」
 振り返る美奈先輩・・・
 その目を見るだけで足がガクガクする・・・
「沙耶が代わってあげるの?わたしはどっちでもいいよ」
「あっ・・・」
 言葉に詰まってしまう・・・
「もともと、沙耶を守るためにこうなったんだから・・・でも、見捨ててもいいのよ。この薬使ったら完全に奴隷になっちゃうし。」
「あぁ・・・やめてください・・・」
 小さな震える声・・・
「じゃあ、お願いするのね。調教してくださいって。」
 先輩みたいに性奴隷にされる・・・
 そう、お願いするっていうのはそういうこと・・・
 でも、先輩が・・・・
 もう信じられないくらい膝がガクガクする・・・
「怖いんだ。べつにいいよ。どっちでも」
 軽蔑した目でわたしを見る・・・
 わたしの心を見透かすような目・・・・
 いろいろな想像をしてしまう・・・
 先輩みたいに犯されて・・・
 バイブを入れられて・・・
 犬みたいに・・・・
 それだけで、おしっこが漏れそうになるほどの恐怖・・・
 でも、恐怖だけじゃない・・・
 脳髄が痺れるような・・・
「あっ・・あの・・・・」
 むき出しのあそこが熱くなる・・・
「あの・・・わたしを調教してください・・・」
 美奈さんがニコッと笑い立ち上がる・・・
「いいのね」
「は・・・はい・・・」
 その鋭い目線はわたしにじっとすえつけられている・・・
 わたしは目を逸らすこともできない・・・
 蛇に睨まれた蛙ってこんな感じ?
 美奈先輩だけじゃない・・・
 木籐も店長も恵美さんの視線もわたしの身体を舐めはじめる・・・
 その、視線を浴びながら・・・
 わたしは底なしの闇に飲み込まれるような眩暈をかんじた。
 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/314-4e8eca5b

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。