FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
18
「おっもしろーい。こいつ」
 美奈先輩は笑いが止まらないみたいにお腹を抱える・・・・
「なんでもいうこと聞くんだったねっ」
「はい・・・」
 わたしも真由子先輩みたいに・・・
 ドキドキしながらの返事・・・
「じゃあ、オナニーショーでもやってもらおうか」
「えっ・・・」
「いつもやってるみたいにさ。淫乱な沙耶がね」
「あぁ・・やってません・・・」
「逆らうの。いいよ。真由子に注射してやらすから。」
「うぅ・・・・」
 口ごもってしまう。
「やります・・・」
 こいつらの前で、恥ずかしいことを・・・
「いやならいいのよ」
「やらせてください」
 言わされてしまう・・・
「やりたいの?いやらしい子。みんな見てやろうよ。でも満足しなかったら真由子に責任を取らせるよ。」
「あぅ・・・沙耶の恥ずかしいオナニー見てください」
 顔が真っ赤になる・・・・
 でも、やるしかない・・・・
 その場にゆっくり座り込む・・・
 できるだけいやらしく・・・
 自分に言い聞かせて・・・
 足をM字に開く・・・
 両手で胸を揉み始める・・・
 わたしの感じる部分・・・
「あぁ・・・・」
 かすかな吐息を漏らす・・・
 胸を下から持ち上げるように・・・
 いやらしい沙耶になりきる・・・
 右手だけを下に下ろしていく・・・
 お腹から下腹部に・・・・
 手入れの行き届いたアンダーヘヤーに指が絡みつき・・・
 すぐに尖りに行き着く・・・
「あっ・・・」
 痛々しいほど充血した尖りに指が触れる・・・・
「あぁ、あぁ・・・あぁぁん・・・」
 わたしは甘い声であえぐ・・・
 それは演技かどうかわたしにもわかんない・・・
「ほぉ、なかなかいい声でなくじゃないか」
 店長はグラスについだビールを傾ける・・・・
「オナニーばっかやってんじゃない。こいつ。ククッ」
 木籐もタバコをくわえてくつろいでいる。
「あっ・・・あぁん・・・沙耶は・・いつもオナニーばっかしている・・・いやらしい子です・・・」
 こいつらを喜ばせないと、考えられる限りエッチになって・・・
 亀裂を開いて中指を滑り込ませる・・・
 ヌルヌルのあそこ・・・
 でも自分の指を締め付けるのが痛ましい・・・
「んっ・・・あっ・・・あぁ・・・」
 酔ったような顔であえぐ・・・
 うなされるように・・・
 恥ずかしいのに感じてしまう・・・・
 指を二本にしてゆっくりと出し入れする・・・
 中の蜜がかき出されて溢れる・・・
「う・・・あぁ・・・んぁぁ・・・気持ちいい・・・あん・・・気持ちいいの」
 もう、やつらを喜ばせるためじゃなくて、自然に腰をくねらせる・・・
 クチュクチュ・・・・
 あそこはいやらしい音を立てる・・・
 苦しそうだったわたしの表情が恍惚としたものになる・・・
「あぅ・・・ん、はぁ・・・いっちゃう・・・だめっ・・・だめっ・・・」
 甘えるようにあえぐ・・・
 男たちのギラギラした視線・・・
 女の見下げるような視線・・・
 出し入れする指の動きを早める・・・
「ああんっ!・・・いい!いくぅ!いっちゃう!」
 わたしは身体をビクンって震わせて、絶頂を迎えた。
 指がキュッって締め付けられ・・・
 身体の力が抜けるのを感じた。


眉目秀麗な才媛・美幸の、平凡だが幸せに充ちた日常は悪夢へと一変した。恋人の目の前で無惨に穢されたあの日から……。淫魔は言う。「結婚式の夜、夫が眠ったら俺達のところへ来い。尻の穴を捧げるために!」女として最高の祝福を受けるはずの日が、美幸にとっては終わりなき牝生活への記念日となるのだ。もう逃げられない。美幸に宿ったおぞましい欲望が秘菊をムズつかせ、行きたい行きたいと歔くから……。そして今夜、夫を裏切り、雪肌も露わな牝仕立てのドレスに身を包んで、屈従へのバージンロードを歩む美幸……佳奈淳、待望の凌辱大長編!

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

■ No title

相変わらず…o(;-_-;)oドキドキ♪しちゃうねぇ~(*^m^*) ムフッ

■ No title

to トンさん
うん、やっぱこういうのって・・・
強制されて、むりやり・・・だけど感じてしまう・・・
(゜・゜*
だんだん、沙耶も堕ちていきます・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/316-a5626fd2

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。