FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
22
「飲ませてあげて」
 美奈先輩の言葉に木籐と恵美さんが動く・・・
 木籐は真由子先輩の後ろ・・・・
 恵美さんはわたしの後ろにしゃがむ・・・
 木籐の手にはポンプつきのチューブ・・・
 恵美さんは洗面器から注射器に薬液を吸い上げる・・・
 それを悲しそうに振り向くわたしたち・・・
「4リットルだけだ。ぜんぶ飲めよ」
「50%に薄めてあげたよ。」
 二リットルボトルが2本分・・・
 それがわたしたちの身体に入るの?
 どうなるかわかんないけど・・・・
 不安に支配される・・・
「あぁ・・・沙耶は許して・・・」
「じゃあ、全部飲むの?」
「うぅ・・・はい・・・・」
 後ろから見下げる美奈先輩・・・・
「好きなんだ。浣腸」
「はい・・・真由子はお浣腸すきです。たくさん飲ませてください。」
「ハハハ・・・だってさ。恵美」
「追加だね」
 薬のボトルが開けられ、さらに洗面器にぶちまけられる。
「うぅ・・・」
 言葉もなくなる・・・
「嬉しいでしょ。もっと入れてやろうか」
 たぶん、いくら飲んでも無理なんだ・・・
「わ・・・わたしも浣腸してください」
 そう言うしかない・・・
「沙耶も。クスッ・・・変態だね。入れてやりなっ」
 真由子先輩のおしりにチューブがつきたてられる・・・
「もし、漏らしたら最初からな。量は倍で」
 嬉しそうに言って木籐がゴムボールをつぶし始める・・・
「あっ・・・あぁっ・・・」
 たぶん、先輩の身体の中に液体が入ってるんだ・・・
 手をつっぱってそれに耐える先輩・・・
「こっちも入れてやるよ。望みどおりにねっ」
 恵美さんがわたしのおしりにガラス管をつきたてる・・・
「あぁ・・・」
 冷たく固いもの・・・・
 異物なんて座薬くらいしかいれたことのないところ・・・・
「すぐに好きになるよ・・浣腸・・・」
「ぅぅ・・・・」
 シリンダーが押されると薬液がはいってくる・・・
 冷たい液が流れ込んでくる・・・
 その感触に太股に鳥肌が立つ・・・
「あん・・・だめっ・・・だめっ・・・」
 力が抜けそう・・・
 必死で手をつっぱる・・・・
「フフ・・・気持ちいいんでしょ」
 笑いながらシリンダーをゆっくりと押し込む・・・・
「あぁ・・・許して・・・・あん・・・」
 甘えるように許しを請う・・・・
「だめ、この浣腸器・・・500ccだから4本は飲まないとね」
 えっ・・・・そんな・・・・
「真由子はもう1リットルくらいいってるよ」
 木籐は休まずにゴムボールを押しつぶす・・・・
「あぁ・・・もっと飲ませて・・・沙耶の分まで・・・」
 先輩の甘いあえぐような声・・・・
 でも、わたしを守ろうとしてる・・・・
「わたしも・・・もっと入れてください・・・」
 わたしも必死で言う・・・・
 どんなことになるかわかんない・・・
 どんなに苦しいのかも・・・
 でも、庇いあうしかない・・・・
 感じるしかない・・・・
「そうなの。変態ね。こいつら」
 あきれたように言いながら、シリンダーを最後まで押し込む・・・・
 お腹に鈍い圧迫感・・・・
 注射器は引き抜かれて、新しい液が吸い上げられる・・・・
 脚がガクガク震える・・・・
 お腹の中で薬液が動くとギュルって音が鳴る・・・・
 意識してお尻を締めてないとダメ・・・・
 便意が高まってくる・・・・
 身体を動かすたびに・・・・
 でも身悶えるしかない・・・・
「あっ・・・あっ・・・ダメなの・・・あん・・・・」
 声を出して、おしりを振る・・・・
「感じてるよ。こいつ」
 恵美さんがわたしのアソコを撫でる・・・・
「こっちもだぜ。」
 木籐もゴムボールをつぶしながら、局部に手をあてる・・・・
「フフ・・・恥ずかしい子たち・・・」
 美奈先輩は腕を組んで、満足そうに笑う・・・
 わたし・・・本当に・・・マゾなの・・・・
 そう思ってしまうほど、感じてる・・・・
 そのわたしのおしりに、またガラス管がつきささり・・・
 新たな薬液が注入され始めた・・・・



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/320-6ba8708a

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。