FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「あぁ・・・・・」
 桂子は小さなうめきを上げる。
「奥さん、いい身体をしてるな。」
 酉島の手が桂子の胸を持ち上げる。
「あぁ・・・だめっ・・・・」
 全裸で両手は吊られている。身体を捻るしか出来ない。おぞましい感覚。まさかこんな男に。
「最初から奥さんを狙ってたんですよ。高野を罠に嵌めたのもあなたのせいですよ。初めてパーティで出会ったときからこうなる運命だったんですよ。」
 後ろから身体を抱かれて、首を左右に振るだけ・・・・・
 綺麗にセットしていた髪が乱れる・・・・・
「ケダモノ・・・・」
 吐き捨てるように言う。
 でも、睨む目は弱弱しい・・・
 荒々しく揉まれる胸・・・・
「しかし、自分から彼のために生贄になるなんていじらしいですね。さっきのストリップ・・・すばらしかったですよ。ククッ。」
 そう、この男の前で全裸になったわたし・・・・
 主人の会社を助けてくれるという条件で・・・・
 極限的な羞恥を受けた・・・・
 でも、それに身体が反応しているのも気づいている・・・・
 たぶん、胸を揉む手もわたしの感じきった乳首に気づいているのだろう・・・・
「あぁ・・・もういいでしょ・・・・」
「約束では、奴隷になる・・・でしたよね。一生・・・・。」
「あぁん・・・・」
 そう、酉島の奴隷になること・・・・・
 それしかなかった・・・・
 だまされて巨額の借金を背負った尚也・・・・
 それにやさしく手を差し伸べた酉島・・・・
 わたしが身売りすることを条件に・・・・
 尚也はそれを拒否した・・・・
 でも、わたしは今日、彼に内緒でここに来た・・・・
「すばらしい身体です。それに反応も・・・・・」
「あぁ・・・・あぁ・・・・・」
 夫の犠牲になって、忌み嫌うべき男に身を任せる・・・・
 初めて会ったときから、酉島の邪悪さをなんとなく気づいていた・・・・
 わたしを見る欲情的な目にも・・・・
 わたしの身体のラインに沿って這う毛深い手・・・・
 そのなぞり方は尚也のように愛に満ちたものではない・・・・
 奴隷を品定めするような冷たさを感じる・・・・
「フフ・・・素晴らしい・・・この身体を自由に出来るなんて・・・・」
「あん・・・・・」
 酉島はわたしの前にかがむ・・・・
「もっと脚を開いてください。」
「あぁん・・・恥ずかしい・・・・」
 わたしは少しだけ脚を開く・・・・
 あそこに添えられた指は引きつるくらいに亀裂を広げる・・・・
「綺麗ですよ・・・・ピンク色で・・・・人妻だなんて思えないくらい・・・」
 突き刺さる視線・・・・
「あぁ・・・見ないで・・・・」
「それに・・・・クスッ・・・・・」
 酉島の笑いの意味はわかる・・・・
「ドロドロですよ・・・・見られて感じてるんですか・・・・」
 トロッとしたものが太股を伝う・・・・・
「あん・・・・恥ずかしいの・・・・・」
 もう、オシッコがもれそうな感覚・・・・・
 酉島の指がその淫液をすくうように動く・・・・
「あぁっ・・・・・」
 身体に電気が走る・・・・
 触られただけなのに・・・・
 どうして、こんなに感じちゃうの・・・・
「身体は正直です・・・・触って欲しいってね・・・・」
「あぁ・・・ちがいます・・・・あぁん・・・・」
 脚が小刻みに震える・・・・・
「だめですよ。自分に正直にならないとね」
 バシッ・・・おしりに平手打ちが飛ぶ・・・
 それも跡が残るくらい強く・・・・
「きゃ・・・あん」
「いい声だ」
 また、さっきより強い平手・・・・
 バシッ・・・
「いやっ・・・痛い・・・やめて下さい」
「おやっ。まだ自分の立場がわかっていないようですね」
 バシッ・・・・・
 バシッ・・・・
 強い平手が何発も・・・・
「あぁっ・・・うぅ・・・・・」
「ほら、何発でも叩きますよ」
「あぁぁ・・・・」
 手にもっと力がこもる・・・・
 思いっきりって感じ・・・・
 スパンキングの音が地下室に木霊する・・・・
「きもちいいんでしょう」
「あぁ・・・気持ちいいです・・・あぁ」
「桂子は変態のマゾだからね」
「はい、わたしは変態のマゾです・・・」
「そうだ、それがお前の本性だ」
 そういわれると、そんな感じがしてくる・・・
 ううん、違う、圧倒的な立場の違いと暴力・・・・
 それに怯えてるだけ・・・・
 でも、それはアソコの痺れとあふれる愛液のいいわけに過ぎなかった。




書籍紹介
登場人物 :
ちさこ(32歳)未亡人 、あゆみ(25歳)人妻 、えりこ(20歳)女子大生 、としこ(28歳)人妻 、さちこ(20歳)その他

あらすじ :
最愛の夫・克義を亡くし、莫大な借金を残された羽鳥千紗子。窮地に追いこまれた未亡人に、克義の部下だった梶尾が、悪魔の誘いをかける。「私の女になれば、借金も肩替わりし、お子さんの身分も保証しますよ」「……お願いします。言う通りになります」血を吐く思いで口走った千紗子。亡夫の思い出が染みこんだ社長室でストリップショウ、誰にも見せたことのない菊花を自ら開陳させられ、獣牢生活の中でアナルの快楽を覚えこまされる恥辱、屈辱、嬲辱!! 昼夜を問わず、千紗子の身も心も貪り尽くした新社長一族のおぞましい魔手は、若妻・亜由美、女子大生・江里子にも向けられていった。三者三様の緊縛図が哀しくも美しい、ボンデージレイプ!

シチュエーション :
肛姦 凌辱 露出(下着・水着・裸) 自慰 縄・緊縛 鞭・スパンキング 浣腸 処女 言葉嬲り 羞恥プレイ 

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/326-be0af9aa

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。