FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
6
 ピッタリ密着した車内・・・・
 後ろには背の高い男・・・・
 それにもたれるようにして囲まれている・・・・
 4人で作る壁の中・・・・
 白のフリルブラウスにピンクの膝上のティアードスカートのわたし・・・・
 痴漢にとって都合のいい格好・・・・
 まるっきり無防備・・・・
 電車のドアが閉まると・・・
 いきなり後ろから手が伸びる・・・・
 腰からブラウスの中に強引に胸に手が入り込む・・・・
 そして、前からと横からスカートに入り込む手・・・・
「あぁ・・・やめて・・・」
「声を出すとこまるのはあんただぜ」
 耳元でたしなめる言葉・・・・
「・・・・・」
 小さく頷くしかない・・・・
 もし、痴漢と叫んでも、駆けつけた人はあの動画を見たら、やらせとしか思わないだろう・・・・
 おとなしくしてるしかない・・・・
 いきなり下着がストッキングごと膝まで下ろされる・・・
「あっ・・・・・」
 でも声を出せない・・・・・
 そう、次にドアが開く18分の間、嬲られるしかない・・・・
 お尻をなでる手・・・・
 あそこをなぞる手・・・・
 胸を揉む手・・・・
「あぁ・・・・」
 小さい息遣いのような声がでてしまう・・・・
 だめ、がまんしないと・・・
 こんなところで、下半身を剥き出されて・・・・
 痴漢にも何度か遇ったことあるけど・・・・
 スカートとかジーパンの上から触る程度・・・・
 こんなに大胆なのは初めて・・・・
 周りの人はどう思ってるの・・・
 ちらちらとうつむいたまま周りを見回す・・・・
 でも4人の壁であんまり見えない・・・・
 その隙間から見える人も無表情で無個性ないつもの人ごみ・・・・
 人のことに関心などない・・・・
 虚ろに景色をみているか・・・
 込んでるのに携帯をいじったり・・・
 折りたたんだ新聞を読んでいたり・・・・
 まるで昨日も一昨日も見た光景・・・・
 だれもわたしに注意を払う人なんていない・・・
 そして、こんなところで下着を下ろされて・・・
 そう考えただけで、羞恥で顔が熱くなる・・・
 それだけじゃなくて、下半身もジンジンするような感じ・・・・
 その敏感な捲くれあがった粘膜をなぞる指・・・・
 それから、その上のクリットをいじる指・・・・
 胸に入った手は敏感な胸の先をもてあそび始める・・・・
 おしりを触る手も割れ目に近づいていく・・・
 だめっ・・・声がでちゃうよ・・・・
 でも、必死でこらえる・・・・
 こんなレイプまがいのことが起きてるのに、誰も気づかない・・・・
 指があそこに入り込む・・・・
 あぁ・・・・だめっ・・・・・
 あきらめたように目を閉じる・・・・・
 その指が出入りし始める・・・・
 1本・・・・そして2本に増える・・・・
 中をかき回すように・・・・
 わたしの蜜はその動きをスムーズにする・・・・
 太ももをかきだされた液が濡らす・・・・
 その液を掬うもう一人の指・・・・
「こっちも好きだったな」
 ささやくように耳元で言う・・・・
 そのままおしりの中心にあてがわれる・・・・・
 あっ・・・だめっ・・・そんなとこ・・・・
 ほぐすように動きながら、うしろに入り込む指・・・・
「あぅ・・・・・」
 小さな声を出してしまう・・・・
 そして、歯を食いしばる・・・・
 目を硬く閉じて・・・・
 後ろの指もスムーズに出入りする・・・・・
 深く突っ込まれて、抜かれる・・・・
 そして、前の指と壁を隔ててくっつく・・・・・
 もう、たってられない・・・・
 膝を軽く曲げて、後ろの男にもたれるしかない・・・・
 耐えるわたしの表情を楽しむ男たちの目・・・・・
「許して・・・」
 小さな声で男に伝える・・・・
 でも、男たちの指の動きは激しくなるだけ・・・・・
 この人たちはSなんだ・・・・
 クチュクチュと言う音が身体に響く・・・・
 この音は電車の音にかき消される・・・・
 でも、恥ずかしい・・・・
 羞恥と屈辱もわたしを責めだす・・・・
 耐えようとするほど敏感になる身体・・・・・
 背中に電流が走る・・・・
 いっちゃう・・・いっちゃう・・・・
 そして、あそこは男の指をキュッと締め付けた・・・・
 
 でも、まだ半分くらいの景色・・・・
 一度抜けたと思ったら、ほかの指が入り込む・・・・
 おしりの方も・・・・
 この人たちはわたしの動画をネタにして、わたしを好きなようにできるんだ・・・・
 呼び出して抱くこと・・・
 奴隷のように扱うこと・・・・
 その奴隷の身体を確かめるように指が動く・・・・
「締まりはいいな」とか・・・
「あんまり経験がないな」とか
 品定めをしているよう・・・・
 そして、また絶頂がおとずれる・・・・
 ぶるぶると身体を震わせながら逝くわたし・・・・・
 窓から見える景色はまだ目的地の半分くらい・・・・
 こんなに感じる自分が怖くなる・・・・
 でも、男たちの指は止まらない・・・・
 わたしの締め付けを楽しむように、男たちの指はわたしの身体を蹂躙し続けた・・・・




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/331-ad494cd0

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。