FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
20

 彼女たちは、昨日の痴漢プレイみたいにはしてこなかった・・・・
 携帯の写真を切り替えながらクスクスと笑う・・・・
 時々、わたしを蔑むような言葉が聞こえる・・・・
 
「ねぇ、栞さん・・・今日のお客さまはわたしたちよ」
「えっ・・・・」
 一番少女っぽい子が言う。
 他の子もティーンズ雑誌のモデルみたいな可愛い子ばっか・・・・
「たっぷりと可愛がってあげるね」
 そんなこと言う様に見えない子・・・・
 まるで、映画の悪魔が取り付いた子みたいに言う・・・・
 言葉を失ってしまう・・・・
「楽しみだなぁ・・・」
 そういいながら、わたしに封筒を渡す・・・・
 いま流行りのキャラクターの絵のかわいい封筒・・・・
 その中には、今日の待ち合わせ場所が書いてある・・・・
 ティーンズの子のメッカって言われているビルの前・・・・
「遅れないでねっ」
 電車から降りると軽く頬にキスして、友達と一緒に駆けていく・・・・
 そんな後姿を呆然として見送るしかなかった。



 夕方・・・・例のビルの前・・・
 キョロキョロと彼女たちを探す・・・・
 噴水の前のひときわ目立つ集団・・・・
 そう、可愛い子を集めたような。
 男の子たちが彼女たちを遠巻きに見ている。

 その中の一人がわたしに手を振る・・・
 あの子だ・・・・
 中学生にも見える身長・・・・
 でも制服は名門高校のものだ・・・・
 他の子たちも振り返る・・・
 朝見た肌が黒くて派手な感じの子。
 眼鏡をかけたおとなしそうな子。
 ショートでスポーツマン系の子。

 わたしが近寄ると、彼女たちもわたしの方へよってくる。
「待ったよっ」
 満面の笑顔で小さな子がわたしの腕に巻きつく・・・

「わたし、愛香だよ。可愛がってあげるねっ。」
 タンニング肌の子も反対の腕に巻きつく。
「わたしは絵里菜。よろしく」
 上目遣いにわたしを見ながら・・・
「あの、京子です。よろしくお願いします。」
 眼鏡の子は正面で丁寧にお辞儀をする。
「わたしっ。あゆみです。」
 ショートの子も体育会系って感じ。
「わたし・・・・栞です・・・」
 わたしも一応挨拶する。
「うん、知ってるよ。マゾなんだよね。あとでマゾらしい挨拶させてあげるよ。」
 そう、今日はこの子たちに・・・・
 わたしは楽しそうに話しながら歩く彼女たちに付き従った。

スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/345-c9758d42

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。