FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
26
「あっ・・・いっちゃう・・・あん」
 絵里菜が先に絶頂を迎える・・・・
 仔犬のようにブルブルと身体を震わせる・・・・
 わたしも背中を反らせる・・・・
「わたしも・・・あん・・・いっちゃうぅ・・・・」
 胸で挟んでたローターが下に落ちる・・・
 
 あゆみが2人のバイブを抜く・・・・
 わたしと絵里菜は、余韻を楽しむように唇を重ねあう・・・・

 パシッ・・・
「あぅっ・・・」
 絵里菜の顔がゆがむ。
「なんか気持ちよさそうジャン」
 絵里菜の後ろに黒いバラ鞭を持った京子・・・
 口元は笑っているのに、目は笑っていない。
「ごめんなさい・・京子さま・・・」
 絵里菜が謝る。
 でも、鞭は背中、お尻、太ももを打つ・・・
「気持ちよかったんだよね」
「はい・・・わたし・・・逝っちゃいました・・・」
 絵里菜の泣きそうな声。
「誰が逝っていいって言ったの?」
「ごめんなさい・・・クスン・・・」
 
 わたしは、絵里菜をかばうように絵里菜を上から包み込む・・・

「なに・・庇ってるの?」
 そのわたしの背中に鞭が飛ぶ。
 バシッ・・・・
 痛いっ・・・・
 こんなに思いっきり打ってるの?
 でも、痛みが引かないうちに、次の鞭・・・・
 今度はおしりに2発・・・・
「ごめんなさい・・・わたしが・・・あっ・・・悪かったです」
 この子たちがバイブとか渡したのに、わたしたちが謝る。
「フフ・・・栞はお仕置きを受けたいんだねっ。それじゃあ、ちゃんとお願いしないとねっ」
 冷たい声で京子がが言う。

「栞さん・・・ごめんなさい・・・・」
 潤んだ目でわたしを見る絵里菜。
 わたしはいいのよって感じでやさしく彼女を見る。

 身体を起こして、3人の前で正座する。
 絵里菜もわたしの横に並んで同じように。

「あの・・・わたし・・・絵里菜さんと・・・気持ちよくなって・・・ごめんなさい・・」
 手を前の床に重ねて置いて・・・・
 頭を床につける・・・・
 
「どこが気持ちよかったの?」
 わたしの背中をなでる鞭。
 鞭はあゆみの手に渡っている。

「あそこ・・・です」
 答えるとすぐにお尻を鞭が弾く。
「あそこってどこ?いいなさい!」
「あぁ・・・お○んこ・・・です」
 恥ずかしい言葉・・・
 彼女たちはドッと笑う。
「本当に恥ずかしいマゾだねっ」
 今度はわき腹・・・・
 肉の薄い部分・・・
 痛いっ・・・・
 ジーンとした痛みが後を引く・・・
「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・クスン・・・クスン・・・」
 謝りながら涙がこぼれてくる。

 絵里菜が心配そうにわたしを見ている。
 子犬みたいな目で・・・・

「おしりを上げな!」
 後ろに立って命令。
 わたしは頭を床につけたままお尻を上げる。
 
 あゆみは嵐のように私のおしりを打ち続けた。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/351-0615e1e9

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。