FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
27
 おしりがはれ上がったみたいに熱を持っている。
 うしろに愛香がしゃがみこむ。
「もういいじゃん。
 これくらいで・・・」
 わたしのおしりをなでる小さな手・・・・
「うん・・・そうねっ・・・」
 鞭を置くあゆみ。

「よく耐えたねっ」
 幼い声でわたしを慰める。
 頭をゆっくりと撫でて、わたしの頬を流れる涙を舐める。
「ごほうびあげるねっ」
 わたしに向かって微笑む。
 やさしい言葉にまた涙がこぼれる。
 
「喉かわいてるよねっ」
 うん、もう喉がカラカラだった・・・
 もしかして、休憩なの?

 わたしと絵里奈の前に洗面器が置かれる。
 お風呂で使うやつじゃなくて、口の広がった洗面器。
 そこにボトルのウーロン茶を注ぐ。

「飲みなよ。犬みたいにねっ。」
 意地悪そうに笑う愛香・・・・
 そんな・・・・
 でも、逆らったら・・・・

「絵里菜も飲んでいいよ」
 京子も笑いを含みながら、絵里奈の髪を掴んで洗面器の前に顔を持ってこさせる。

 わたしと絵里奈は仲良く顔を寄せて洗面器のお茶に口をつける・・・
 ピチャピチャと犬みたいにお茶を飲み始める・・・
 
「あっ、この洗面器ってこの前絵里菜がトイレに使ったやつじゃん。
 ちゃんと洗ったの?」
「うん、水で流したよ」
「洗剤とかは?」
「使ってないよ。だってスポンジとか汚れるし・・・」
「トイレ兼食器だね・・・まあ、こいつらにはいいかもね」
 笑いながらの京子とあゆみの会話・・・・
 蔑んだ目にさらされながら、わたしたちはお茶を飲み続けた。


スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/352-8a09b01d

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。