FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
30
 突然、ドアが開いて女の人が入ってくる。
 でも、排泄は止められない。
 その人を目で追うだけ・・・・

「カメラで見てたんだけどさ。
 困るんだよね。
 お部屋汚されちゃ」
 ピンヒールの踵でわたしの背中を踏みつける。

「ご・・・ごめんなさい・・・」
 見上げると、髪がショートの30歳くらいの妖艶な女の人・・・・
 右唇の端が吊りあがっている。
 完全にSの表情・・・・

「オーナー・・・ごめんなさい。
 こいつら堪え性のないマゾなの・・・」
 愛香が女の人に言う。

「まあ、いいわ。
 あなたたちは未成年だから・・・・」
 わたしの方を睨む。
「でも、この子は大人よねっ。
 こんなことして恥ずかしくないの?」
 グリグリと背中の肉の少ないところをヒールで踏みつける。
「ごめんなさい・・・・」

 そのとたん最後の便が落ちて・・・
 洗面器の液があふれる・・・・

「きたないわねっ!」
 わたしの髪をつかんで、洗面器の傍に顔を近づける・・・・
「ごめんなさい。ちゃんと掃除します・・・・」
 許しを乞うしかない・・・・
「いわれなくてもやってもらうわ。
 それから、このお部屋、今日はもう使えないわね」
「あぁ・・・ごめんなさい・・・」
「ちゃんとその分は責任とってもらうからね」
 もう、顔の直前に洗面器・・・・
 髪の毛がつきそう・・・・
「お金ならあとで払います・・・」
「ふぅん、でもそれはダメ」
「あぁ・・・・」
「ここで、その分働いてもらうからね」
 手が離される。
 顔を上げるわたし・・・・

「じゃあ、ついてきて・・・」
 わたしは、身体を隠しながら、オーナーと呼ばれる女の後につき従った。
 


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/355-daa861df

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。