FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
32
 銀色のトレイに飲み物を乗せて廊下を歩く。
 これだけで、もう誰かがきても身体を隠せないのはわかる。
 203号の扉を探しながら不安な足取りで進む。
 ようやくお部屋を見つけて、ノックする。

 ドアを開けて中に入る。
 中には茶バツの不良っぽい男の子が3人・・・・
 カラオケの画面を向いている。
 この間に・・・・・
 ドキドキが最高点に達する。

「あの、コーラ2つとアイスコーヒーひとつですよね。
 置いておきます」

 その声に一人が振り向く。

 仲間の袖をひっぱる。

 そのとたん、
 歌は停止して、カラオケだけが流れる。

「ヒュー」
 3人は立ち上がってわたしの方を見る。

 でも、まだトレイをもってるから隠せない。

「すげえっ!」
「めっちゃ美人じゃん」
「おねえさん、いくつ」

 口々にわたしに言う。

 身体中を舐めるような視線。

 さっきの部屋より狭い部屋。
 わたしは事務的に仕事をこなそうとする。

「ちゃんと目の前においてよ」
 トレイからテーブルに置いておしまいにしようとするけど、
 その目論見はばれてる。
 はやく、この部屋から出ないと・・・・

 一番奥は彼らの膝の上に乗らないと届かない感じ・・・
 一番奥の子がコースターを一番奥にずらす・・・・

「あぁ・・・・」
 わたしは手前から置いていく。
 2人目のとこに置くだけでも、胸がテーブルにつきそうになる。

「あのっ。立ってもらえません?」
 いちばん手前の男の子に声をかける。
「このままでいいじゃん」
 意地悪げにわたしを見る。
 わたしは、あきらめたように身体を精一杯伸ばして、コップを一番奥のコースターに・・・・
 
 その時、わたしの足が払われる・・・・
 いちばん手前の男の子に・・・・

「きゃっ!」
 彼らの膝の上に倒れてしまう。
 その弾みにコーラを落としてしまう。
 割れるグラス・・・・
 尻肉を掴む手・・・・
 胸を揉む手・・・・
 前から秘部を触る手・・・・
 わたしは混乱のあまり、そこに静止するしかなかった。
 6本の手がわたしを弄び始めた。



 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/357-5f956352

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。