FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
34
「いやらしかったぜ。姉ちゃん」
「愛香に捨てられたら、いつでも拾ってやるぜ」
 満足そうに声をかける少年たち・・・・
 わたしはコーラを運んで、オーナーのところに戻る。

 浴びた精液をお絞りで拭く。
 オーナーにお礼を言って部屋に戻ろうとする。
 オーナーもビアンのSでわたしの予約を入れようとしたけど、
 抽選で外れたらしい・・・・
 わたしを抱きしめて、唇を重ねる。

 部屋に戻ると、絵里菜が責められている・・・・・
 おしりとあそこにバイブを入れられて・・・
 胸には洗濯バサミ・・・・・
 クリットにローターが貼り付けられている・・・・・
「あぁっ・・・また・・・いっちゃう・・・あん」
 

「おかえりっ」
 愛香が振り向く。
 わたしのところに近寄って、ニンマリと笑う。
「何もされてないよね?」
 コクンと首を縦に振る私。
 愛香とあゆみはわたしの口、アソコ、お尻を調べる。
「あぁっ・・・」
 あそこやお尻を見られる時小さくあえぐ。
「ヌルヌルじゃん。
 見られて感じてたんじゃないの?」
 あゆみの言葉をわたしは否定できない。
「まあ、使われてないみたいだし、いいじゃん。
 もし、使ってたらあいつら半殺しだったけどね」
 愛香は幼い顔で言う。
 半殺しって・・・・
 あの男の子たちも恐れてたけど、この子そんなに怖いの?

「じゃあ、そろそろ行こうかっ」
 京子が絵里菜のバイブとかを抜いて立ち上がる。
 ふらふらとした脚でいっしょに立ち上がる絵里菜。
 
 絵里菜は服を着始める。

 わたしは????
 体操服を探す。
 あれっ???
 さっき脱いだところにない。

 うしろからわたしの肩を叩く手・・・・
「今度はこれっ」
 振り返ったわたしの手にあゆみが競泳用水着を手渡した。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/359-82806124

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。