FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
38

 お風呂から上がると食事の時間・・・・
 絵里菜とわたしの前には犬用の食器・・・・
 その中にピザとサラダが乗せられる・・・・
 わたしたちは手を使わずにそれを食べる・・・
 本当の犬みたいに・・・・・

 それが終わると、愛香のベットで愛し合う・・・・
 抱き合い、唇を重ねる・・・・
 わたしは犬になってご主人様に甘えるようにキスをせがむ・・・・
 あゆみもそれに加わる・・・・
 うつ伏せになったわたしのおしりをあげさせ・・・
 双頭のバイブの細い方を自分の中に入れて・・・・
 極太の方をわたしのあそこに当てる・・・・・
 そのまま腰を押し出してくる・・・・
 太いバイブは簡単にわたしに入り込む・・・・
「あぁぁ・・・・・」
「あぁん・・・・」
 わたしとあゆみの声がハーモニーを奏でる・・・・・
 そのまま、あゆみはいたずらっぽく・・・・
 もう1本手にした玉がつながったようなバイブをわたしのおしりに・・・・
 それが、私の中に入ってくる・・・・
 愛香はわたしの胸の先をつねるように攻めながら、
 わたしの唇を塞ぐ・・・・
「あぁっ・・・あぁっ・・・・」
 身もだえするしかないわたし・・・・
 あゆみは腰を前後に動かし始める・・・・
 バイブの突起が膣壁を擦る・・・・
 だめっ・・・・
 だめっ・・・・
 気持ちいいよ・・・・
 わたしも喜ぶようにおしりを振ってしまう・・・・
 後ろのバイブも抜き差しされる・・・・
 抜くときにいやらしい快感を脳髄に送り込まれる・・・・
「あぁぁぁぁん!」
 わたしは切羽詰ったような声を上げるしかない・・・・
「だめよ。わたしが逝くまで・・・・」
 そう、男の人と違ってわたしたちの欲望は満ちることを知らない・・・・
 いつのまにか背中には、ポタポタと蝋が落ち始める・・・・
 愛香が赤いろうそくを手に持っている・・・・
 熱いっ・・・・
 でも、そのジーンって熱ささえ快感に変わる・・・・
 もう、わたしはマゾだって認めるしかない・・・
 わたしは2人に責められながら、何度も何度も絶頂を迎えた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/363-1c1a4047

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。