FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02
 
 そんな私にも、秘密がある。

 それは・・・・

「社長、お先に失礼します」
「おつかれさま。
 わたしはもう少し仕事してかえるよ」
 紗枝は社長室を出て行く。

 都心の高層ビルの最上階にある社長室。
 ガラス張りのその部屋から綺麗な夜景が見える。

 わたしは、椅子にもたれて一息つく。

 紗枝は帰ったかなっ。
 
 そろそろ・・・・
 わたしは鍵のかかる引き出しからトートバックを取り出す。

 一応、入り口のドアまで行って、オフィスを覗き込む。

 うん、誰もいない・・・

 ドアの鍵をカチャリと閉める。

 ロッカーから大きめのトートバックを取り出す。

 もう、ドキドキして心臓がつぶれそう。

 シンと静まり帰ったオフィス・・・・

 社長席の大きな椅子の横に立つ・・・・
 大きな姿見の前・・・・

「ぬぎなさい・・・」
 ご主人さまの命令・・・

「ここで?」

「ああ・・・変態の美樹ならできるだろう・・・」

「あぁ・・・・はい・・・」
 そんなことを頭の中で想像する。

 スーツの上を脱ぎ・・・・
 机の上に置く・・・
 薄いブルーのブラウスのボタンを上から外していく・・・
 震える指で・・・
 だんだんはだけていく胸元・・・・
 最後までボタンを外して・・・・
 ブラウスを羽織ったまま、
 黒のタイトスカートに手をかける・・・
 ホックを外して・・・
 横のファスナーを下ろす・・・
 足元にスカートを落とす・・・

 つぎはストッキング・・・・
 おしりを突き出すような感じにして・・・
 両親指で剥いていく・・・
 おしりを露出して、太股を滑らせていく・・・
 足首までいくと片方ずつ足を上げて抜く・・・

 そのまま、ブラウスも脱ぐ・・・・
 下着だけのわたしが鏡に映る・・・
 お気に入りのローズピンクのレースのおそろいの下着・・・
 わたしの白い肌にマッチしている。

 そのまま、気をつけの姿勢・・・・

「全裸になれって言ったはずだよ」

「ごめんなさい。でも、恥ずかしいの」

「淫乱なマゾのくせに恥ずかしいのか?
 本当は見てほしいんだろ、グチュグチュのオ○ンコを」

「あぁ・・・・」
 詰られるだけで、身体の芯が熱くなる。

「早く脱ぐんだ!」
 ご主人様は鞭を構える。

 わたしは仕方なく・・・
 俯いたまま、後ろに手をまわしてブラのホックを外す・・・
 片手で胸を隠したまま・・・
 指をわき腹に沿って這わせる・・・
 後ろの割れ目に沿って指を下着にすべりこませる・・・
 そのまま、下着を下ろしていく・・・
 おしりを露出して・・・
 そのまま太股を滑らせる・・・
 膝をすぎると急に小さくなる下着・・・・
 それを片足を上げて抜き取る・・・・
 もう一方は足で踏みつけて抜く・・・・
 すかさず、あそこを右手で隠す・・・

 鏡の中には、全裸で胸とあそこを隠している、
 いやらしい私が映る・・・

「隠すんじゃない!」
 
 わたしはその場で気をつけの姿勢をとる・・・
 脚をぴったり閉じて・・・
 楕円形のヘヤー・・・
 丸い胸・・・・
 その先は興奮しきって上を向いている・・・・

「こんなになって、
 見てもらいたいんだろ!」
 自分で胸の先をつまむ・・・
 つねるようにきつく・・・

「あぁ・・・はい・・・」
 わたしがMな答をするまで、許されない。
「変態でマゾな美樹は恥ずかしいアソコを見られるのが大好きです」

「しかたねぇな。
 見てやるよ。
 汚ねえオ○ンコ。
 そこの椅子に座って、見せてみろよ」

 鏡の正前の社長椅子に座る。

「あぁ・・・ご覧ください。
 美樹のいやらしいアソコ」

 私は椅子の肘掛に足を上げる。

 ピンクの開ききったアソコが鏡に映る。

「きたないオ○ンコだ。
 もっと、自分で開くんだ。
 よく見えるようにな!」

「あぁ・・・恥ずかしい・・・・
 でも、見て下さい。
 わたしのあそこ」

 人差し指と中指であそこを開く。
 ぬるぬるしたものが指に絡みつく。

 もう一方の手で胸を揉む。
 できるだけいやらしく、身体をくねらせて。
 
「いやらしいマゾだな」
 そのまま、感じ続けるわたしを軽蔑した目で見下ろす彼。

 トートバックから首輪を取り出す。
 赤くて金具のついた大型犬用の首輪。

「牝犬らしく首輪をつけてやるよ」
 わたしは首輪を巻いて金具をとめる。

 鏡の中は、太くて赤い首輪をした私。
 SM雑誌のモデルみたいに・・・・

 リードをつけて・・・・
 4つんばいになる。

 そしてお部屋の中を歩く・・・・
 
「あんまり、犬らしくないな・・・
 こうすれば、それらしくなるかな」

 バックの中から丸いボールがつながったようなものを出す。
 それをおしりに埋めていく・・・・
 1個、2個、3個、4個・・・・

「こんなものか」
 尻尾のようにのこりのボールをおしりから垂らしたわたし・・・
 そして、またお部屋のなかを4つんばいで歩き続けた。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

■ 引っ越しお疲れ様

お久しぶりです。
お元気で、続けられているようで、ご同慶の至りです。
DTIには泣かされますが、タダだからしょうがないですね。
私の「奥の院」の方も、結局FC2へ引っ越しました。
小説はもともとFC2だったので、使い勝手は分かっていますが、
面倒なことこの上なし。お客様にも迷惑をかけてしまったようで、なかなか元には戻りません。

悪夢さんには向いてないサイトですが、FC2の方にもお出かけ下さい。
これからも宜しくお願いします。

■ コメントありがとうございます

きゃぁぁぁ masterblue様お久しぶりです。
なんとかお引越しできました。
やめようかって思ったけど、案外来てくれる人多かったので、
ちょっとづつだけど、進めていこうと思っています。
masterblue様もお元気そうでなによりです。
今後もよろしくお願いしますねっ。(^▽^)/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/403-ec83cde6

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。