FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12

 わたしは、寝台に座らされる。
 病院においてあるようなレザーの寝台。
 それに、手かせ足かせがついている。
 そのまま、寝かされる。
 あお向けのまま、寝台にまきつくように枷がつけられる。
 身体を動かせないようになるわたし。

 もう隠せないわたしのあそこに齋藤会長が顔を寄せる。
 わたしの楕円形に手入れされたヘヤーを撫でる。
「なんで、こんなもん生やしてるんや」
「アァ…」
 そのまま、つかんで引っ張る。
「やめて」
「奴隷のくせにこんなところに毛があるっておかしいやろ」
 そのまま、思いっきり。
「痛いっ。やめて」
 何本か抜けて齋藤会長の手に絡みついたままの毛。
「ぬかなあかんな。それとも剃るか?」
 また、ヘヤーに指を絡める。
「ああっ…はぁ…やめて、お願い」
 そのまま、また引っ張る。
「痛いっ。痛い。許して…」
「抜いてほしいんやろ」
「いやっ・・・いやっ・・・」
 涙をためた顔を左右に振る。
「そしたら、剃ってほしいんか」
「あぁ…はい。そのほうが」
「ちゃんとお願いせな。わからへんがな」
「剃って…ください」
「なにを?」
「あそこの毛を…そってください」
「わからへんな。それじゃ」
 また、毛に指を絡める。
「ぁぁ、美樹のオ○ンコの毛…剃ってください。
 マゾにふさわしいツルツルのオ○ンコにしてください」
「ちゃんといえるやないか」
 黄色くにごった目がわたしを見る。
 蛇ににらまれた蛙のようにわたしはおびえることしかできない。
「きれいにしてやろうな」
 毛に絡めた指を解き、その部分を骨ばった皺の指でなでる。
 
 シェービングクリームでなく、白い陶器の容器にシャボンが泡立てられる。
 太い筆のようなシェービングブラシでかき混ぜる。
 そのまま、わたしのアソコにブラシが当てられる。
 お湯で溶いてあるのか、暖かい泡がわたしのヘヤーに塗られていく。
 そして、剃刀が当てられる。
 いつも無駄毛処理につかっているT字のではなく、プロが使うようなまっすぐの刃の剃刀。
 わたしのヘヤーの部分に当てられる。
 
「じっとしてな、あかんで
 よー切れる剃刀やからな」
 指で押さえながら、わたしのヘヤーを剃り落としていく。
 毛と泡が混じった黒い泡を紙で拭きながら。
 何度もわたしのヘヤーの部分を往復する冷たい刃。
 ざっとそり落とした後、熱いお絞りでその部分を拭く。
 それだけではなく、指で剃り跡を確かめながら、剃刀を当てる。

「つるつるになったわ。
 よかったな」
 会長の声にその部分を見る。
 きれいにそられたあそこはマゾ奴隷となった証のように、毛があったときよりも卑猥さを増している。

「ほら、お礼は」
「ありがとうございました…あぁ…」
 石津の声にわたしはお礼の言葉を口にした。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/413-41a0b109

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。