FC2ブログ

プロフィール

闇縄悪夢

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
18
「有里・・・かわいいよ・・・」
 その言葉にはにかみながら微笑む私。暖かい胸に頬を当てて、幸せに浸る。この時間が一番好きっ。終ったあと、何度もキスをして、彼に甘えた。そして、その時間は破られる。
「じゃあ・・・そろそろ行こうか。」
「えっ・・・・」
 もうすこしこうしてたい。子供がイヤイヤをするように顔を振る。でも、彼はベットの脇に立ち上がり服を着る。その間、じっとさみしそうに彼を見つめている。服を着終わると彼はわたしを抱きかかえるようにして立たせる。そして彼によりそうようにして部屋をでる。
 少し廊下を歩くと、さっきの調教部屋・・・・。わたしはその中に押されるように入る。部屋の中央には信じられないようなオブジェクトがぶら下がっていた。薄暗い部屋の中央に先輩が逆さまに宙に浮いていた。まっすぐ下に伸びる髪。苦しそうな顔。縄でくびりだされた胸。脚はV字型に開かれている。その無防備な中央にはバイブらしき黒いものが埋まっている。その上、おしりからも大きなパールネックレスみたいなものが垂れ下がっていた。
「あああ、くううん・・・」
 先輩の声とともに黒いものが、先輩に叩きつけられる。それは先の割れた鞭、でも房がさっきまでのものより少ない。それも大きな音。あまり手加減をしているようには思われない。その鞭を持つ人は和服に身を包んだ老人であった。山崎先生・・・矢沢さまや前田さまがそう呼んでいた人。さっきまでは、わりと柔和そうな顔だったのに。厳しいサディストの顔になっている。男達はその先生のプレイに見入っている。
「があ・・く・・・グああ・・」
 先輩の咆哮、そして鞭の音。先輩の身体が鞭を避けようと左右に揺れる。眉間の皺が苦しさを物語っている。でも、わたしはその先輩を惨めだとかそんなふうに思わなかった。ただ、その美しさに息を飲んでいるだけだった。
「!! あ、いやあぁ! 」
 鞭はあらゆるところに打ち付けられる。その打ち付けられた部分にピンク色の筋が走る。そのまっすぐな筋はすぐに広がっていく。だんだん普通の肌の白さの部分がなくなってくる。それに、ところどころ血が滲んでくる。先輩は口をあけてはぁはぁと息をするだけになる。許しを乞う弱弱しい視線。先生は、その傷だらけの身体に鞭を這わせる。ゆっくりと鞭の先は首から胸へそしておなかへと上がっていく。その度に先輩は打撃を覚悟して体を硬くする。でも、鞭は先輩の身体を這うだけ・・・後ろにもまわり背中、おしりを撫でていく。それから、先生はいきなりもう一方の手で、バイブを抜いて、床に放りなげる。おしりから垂れているものについても同じようにする。鞭の先はそのバイブが抜かれた跡をやさしく撫で始める。女の一番敏感な場所。
「えっ、なっ、ひいっ!」
 いきなりそこに鞭が振り下ろされる。バシッ。
「きゃうぅっ! 」
 先輩の甲高い声。他の男達のように、羞恥をあおらず無言で女体を責める先生の真剣な横顔。その鞭は一撃では終らない。
「きゃっ・・・ひっ・・・うう、もう、もうやめてぇ・・・」
 先輩の涙声。でも鞭はだんだん激しくなっていく。そこだけでなく。お尻、背中にも乱れうちが飛ぶ。なにもしていない先輩に加えられる理不尽な百叩き。だんだん先輩の声が弱弱しくなっていく。壮絶な責めに誰もが言葉を失っていた。静寂の中、いきなりの水音。ジョロ、ジョロ・・・。先輩の身体が淫靡な噴水となる。先輩から湧き出した水は身体の凹凸を伝わって下に落ちていく。そして首筋・・・髪の毛を伝い。先輩が吊られた下に黒い水溜りを拡げていった。そして、先輩は白目をむいたまま・・・失神していた。その髪の毛の先からボタボタとしずくがまだ滴り落ちていた。

「フフ・・・失神したようだな・・・・」
 スルスルと慣れた手つきで縄を操ると先輩の身体は水溜りの中にゆっくり降りていく。その水溜りの中に横たえられると簡単にロープははずされていく。鞭と縄の跡のついた痛々しい身体。でも眩しいくらいに美しかった。わたしは自然に立ち上がり、先輩の方へ歩き始める。先輩の横にかがむと、そっと髪の毛を撫でる。先輩、がんばったね。次はわたしだよ。そういうように先輩の唇に唇を重ねる。そして、顔を上げると、山崎先生を見上げた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

■ 正直な感想

悪夢さんへ、今回の正直な感想を言いますね。
SMじゃなくて、拷問しているのを読んだ気分です。
逆さ吊りにして、ムチ打ちして、血まみれにして、気絶させるのは、拷問としか思えません。SMのつもりなら、明らかにやり過ぎだと思います。
プレイをするときに女性に肉体的苦痛を与えたとしても、しばらく経ったら、またプレイできる程度にしないといけないと思います。何日か寝込まないといけないような状態にしては、女性を壊しているのと同じように思います。それが、わたしの考えです。
わたしは、SM小説は読みますけど、拷問の話を読む趣味はないです。
ちょっと不快な気持ちになりました。読後感は、よくないですね。

■ ごめんなさい

やっぱ わたしSMってよくわかってないのかもしれませんねっ・・・(_ _。)・・・
でも、ミディアムテイストの小説なので、このまま続けます・・・
山崎先生・・・ってすごく厳しいプレイをする人っていうのを描きたかったんですけど、あんまりうまくいかなかったみたいです・・・次もたぶん拷問になってしまいます・・・たぶん読後感よくないと思います・・・すこし悲しいけど・・・(ρ_;)

■ こちらこそ

今日は、残業なしの夜勤明けです。最近、夜勤明けで帰ると、朝ごはんのおかずにいかなごの釘煮がついています。もう春なんですね。(^_^)
わたしの感想は、あまり気にしないで下さい。あくまでわたしの立場から書いたものですから。悪夢さんが書いた通りでいいという方もおられると思います。ただ、わたしのSMは、ソフトなSMで、ムチとかろうそくとかいうハードなプレイには、あまりなじみがないから、ちょっとびっくりしてしまったようです。それと、わたしは、先輩のファンなので、ちょっと感情的になって、きつい書き方をしてしまいました。その点は、あやまります。ごめんなさい。
悪夢さんが小説を書くじゃまをしてはいけないと思いましたので、花園についての感想は、ちょっと書くのを控えたいと思います。
悪夢さん、自分の思った通りに、小説を書いて下さい。
どうも、申し訳ありませんでした。m(_ _)m
では、また。

■ 百人百様

悪夢(あむ☆)さん、彩りんさんこんにちは。

「日々の妄想を形にして」のmasterblueです。
横から、差し出がましいのですが、失礼します。

MもSも、百人いれば百の好みがあると思います。
血を見るようなハードなものから、セックスのつまにちょっと手首を縛るようなものまで。
一人ひとりがご自分の好みの世界を持ち、その中で楽しんでいるようです。
悪夢(あむ☆)さんも、彩りんさんも、ご自分の好みの中で、存分にお楽しみください。

日活ロマンポルノが華やかだった頃、団鬼六氏がある映画評の中で、「ある人は、このシーンが良い、ある人はこっちのシーンが好きと、ひとつの映画の中でも、違っているものです。」と述べていたことがあります。とても印象に残っています。

■ No title

to 彩りん
 うん、拷問かもしれないけどとりあえず自分の思うとおりに書いてみます。それで、酷いとか言う声が多かったらカキナオシ…φ(゜ロ゜*)ノ⌒@ポイ かも・・・・。でも麻美先輩も案外強いんですよっ。22回が最終回です。最終回だけでも読んで欲しいです・・・(*^-^)でも、すごく感情移入していただいて嬉しかったです・・・・

to MasterBlueさま
 ありがとうございます。わたしもその通りだと思います。ちょっと、Mの気持ちって経験ないからわかんないのかもしれないけど・・・・。でも、みんなのSM感って違っていて、それで先の予想ができなくて面白いのだと思います・・・

■ レスです

>悪夢さん
わたしも人のこと言えなくなっちゃっいました。だって、まさみを第31話で、ノズルで排泄できなくして、失神させてしまったから。(^^;;)ということで、わたしの最初のコメントは一切無視して下さい。
それから、第31話はいい話(書いていて涙が出てきました)だと思うので、よかったら、読みに来て下さいまし。

>MasterBlue様
確かに、百人百様ですね。SMというものは、SMマニアなどを読んでいても幅広いものということがよくわかります。

それから、話は変わりますが、日活ロマンポルノですか。懐かしいですね。団鬼六の「花と蛇地獄編」の麻生かおり主演のを映画館で見たことあります。わたしがロマンポルノをよく見に行っていた頃には、麻生かおりのほか、赤坂麗、清里めぐみ、滝川真子などの女優が活躍していました。わたしは清里めぐみのファンでしたけれど。その後、今住んでいる町に来てからは、ポルノ映画を見に行くこともなくなりました。
最近は、SM小説を書いているので、DMMの動画を見たりTSUTAYAでSM作品などのDVDを借りて見ています。

■ No title

to 彩りん
 よみましたよ~でも、それはまさみさんをMにさせないためだし・・・酷いとか拷問とか思いませんでした(⌒∇⌒)。
 ポルノとかわかんないですけど、「花と蛇」ツタヤにおいてあるの見ました。借りたいなぁ。とか思いましたけど勇気なかったです(_ _。)・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://anjyou.blog.fc2.com/tb.php/64-2b56babf

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。