FC2ブログ

プロフィール

Author:闇縄悪夢
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


★カウンター★


■ フリースペース ■

 はじめまして、闇縄★悪夢です。  DTIブログでSM小説を書いていましたが、ブログサービスをやめるらしいので、お引越ししてきました。  ちょっとスランプ気味なんですが、がんばって更新しますので、よろしくお願いします。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08

 宴もたけなわって感じで、わたしは聞き役に徹する。
 おじさんたちの話って、すごい別世界っていうか、わたしたちの考えと次元が違うって感じ。
 それから、こういう人たちってお金に関する感覚が違う。
 たぶん、ITって良くわかっていないと思う。
 でも、ビジネスに関しての嗅覚はすごい、わたしの言葉に対する意見も鋭いところを突く。

「では、そろそろ次の勉強会に入りましょうか?」
 中山先生の言葉に、みんな頷く。
「こっちが今日の本題やからな」
 次の勉強会って?

 齋藤会長が手をたたくと、隣の部屋のふすまが開かれる。

 となりの部屋、そこは同じ和室なんだけど、少し薄暗く、朱塗りの柱やむき出しになった梁がある。
 土蔵のような感じ。
 こんなところで勉強会って。

「じゃあ、美樹さんもこちらに」
 3人は腰をあげて、隣の部屋に移る。
 わたしも、わからないけどついていく。
 
 部屋の真ん中にはソファーがあり、次々とそこに座る。
 わたしも、促されるままソファーに座る。
 ここのお店はバーも兼ねてるの?
 ここで2次会って感じなの?

「では、今日のメインディッシュといきましょうか」
 3人はわたしを見る。
「しかし、これだけの美人を調教できるなんてね」
「そうやな。この前の女優。なんて言ったかな。
 せっかく取り立ててやったのに、薬におぼれよってな。
 新しい奴隷を探してたんやが、こんな別嬪さんがお相手してくれるとはな」
「今度の奴隷は真性みたいですな。ビデオで見ましたが、なかなか」

 何の話???
 何言ってるの???
 奴隷とか、調教とか。
 まさか。そんな。


 女将さんが、おおきなモニターを操作する。
 そして、画面に映し出される映像。
 鼻にかかった甘い声を出して、足を開いて秘部をいじる女。
 それは、深夜の社長室でおこなわれる私の痴態であった。


 
07

 赤坂の料亭。
 それも裏通りにある、一見お店ってわからないような隠れ家的な感じ。
 IT系の経営者は有名でおしゃれなレストランを好む。
 それに対して今日は年配の経営者たち。
 こういう一味違ったお店を使う。
 それは、世代の違いとビジネスの仕方の違い。
 今はそんなことはないけど、昔はビジネスと政治が直結していた。
 だから、こういうところでの密談みたいなものも必要だった。
 
 せまい戸口を入って、女将さんにお部屋に案内される。
 庭には小さな日本庭園。
 本当に大人の場所って感じでちょっと緊張感すら感じる。

 今日のメンバーを頭に叩き込んである。
 
 齋藤会長、70歳くらいのおじいさんって感じ。
 関西の大手鉄道会社の会長。
 沿線に百貨店も経営する。
 でも、百貨店は最近頭打ちだから、最近は若者向けのファッションビルに力を入れている。
 若い女性の指向をつかむのはわたしたちの得意分野。
 スポンサーになってもらえる可能性はある。

 それから、体格のがっちりした中堅商社の石津社長。65歳だったっけ。
 歴史のある会社だけど、最近eコマースの会社に押されている。
 特にファッション分野が弱いらしい。

 中山議員。禿頭の太った政治家。
 金権政治家って感じで、いい噂は聞かない。
 なんかぎらぎらしてエッチそうで苦手な感じ。
 でも、今の政治の世界ではそういうイメージってあんまり受けなくて、
 ちょっと主流からは外れているって感じ。
 まあ、今日はオブザーバーってとこか。
 
 紗枝の作ったデータはこんな感じ。

 お部屋に入ると3人は先に来ていて雑談中。
 とりあえず、挨拶をして、中山先生のとなりに招かれて座る。
 なんか、違和感を感じる。
 そう、中山先生のわたしを見る目が一瞬細まる。
 まるで、品定めをするように…
 でも、わかっている。
 勉強会とは名前だけ、ここでは仕事の話にはならない。
 相手はわたしをホステスとしてしか見ていない。
 でも、仕事の話のとっかかりはできる。
 そして、つま先をドアの中にいれたら、あとは優秀なスタッフがうまくやってくれる。
 事務レベルの話はこの人たちと話してもしかたない。

「これはテレビで見るより別嬪さんやな」
 齋藤会長が口を開く。
「あっ、それほどでも…」
「私も女優さんと御一緒することもありますが、これほど清楚でかわいい人はいないですね」
 石津社長もわたしをほめる。
 ビジネスのことでなく容姿をほめられる。
 最初はそういうのに反発を覚えていた。
 でも、それも慣れた。
 広告塔になりきるのも戦略だ。
 わたしは卆なく名刺交換を済ませる。
 それから、ビールをひとりひとりについでいく。
「では、美人社長との出会いに乾杯しましょうか」
 中山先生の音頭で、乾杯をして、今夜の宴は始まった。



 
6

「今日は、午前中は定例会議。
 ファッション雑誌の取材受けて、ランチ。
 昼からはテレビの収録。
 8時から接待となっています」
 紗枝がスケジュールを告げる。
 今日もハードだなぁ。
 でも、昨日は久しぶりにリフレッシュしたし、ガンバロウって感じ。
 接待って、また気を使うやつかな?
「今日の接待は、赤坂の料亭ですね。
 中堅商社の社長と大手流通業界の社長とでSNSの将来についての勉強会です」
 あーあ。やっぱ、おじさんたちの接待かぁ。
 あいつら、固いことばっか言って若い意見とか取り入れようとしないんだから…
 まあ、自分たちでできないからわたしたちの存在余地があるんだけど…
 それと、大事なスポンサーなんだから仕方ないか。
 マスコミに露出しているせいか、私を指名で勉強会を申し込んでくる人が最近増えているような気がする。
 ニコニコしてれば、スポンサー契約してくれるんだから無下にはできない。
 コミュニティの収入は広告収入が主となっている。
 データを解析してのアドバイザー契約も展開している。
 すべて、スポンサーあってのこと。
 これも、紗枝の作戦の一つだし。
 さすが、名参謀ってとこ。
 それに、相手は紗枝によって厳選されている。
 つまらない相手は紗枝のとこでブロックしているらしい。

 定例会議はガチだ。
 わたしも、ただのお飾りじゃない。
 数々の案件を裁いていく。
 基準は面白いか面白くないか。
 面白くないことをやっても絶対いいものはできない。
 これがわたしの法則。
 そしてゴーをだしたら、とことんまでやる。
 それがカリスマ経営者としてのわたし。
 思い切ってやる。
 でも、それも紗枝があってのこと。
 わたしが間違っている場合はきちんと意見をしてくれる。
 
 その後は取材モード…
 キチンとメイクをして、グレイのミニのスーツに着替える。
 髪は紗枝がやってくれる。
 プロのスタイリストにも引けをとらないテク。
 ランチの前に撮影だけ済ませる。
 ちょっとしたメイクのテクとかは、紗枝の受け売りだ。
 そういうのをちょっと話したりして、
 ちゃんと姫ネットの宣伝も忘れずに…
 わたしのファンの書き込みがまたビジネスになったりする。
 あくまで普通の女の子を集めるのがわたしのビジネス。
 そのために私はカリスマモデルを演じる必要がある。

 ランチはこじゃれたイタリアンレストラン。
 本当は和食派だったりするけど、これも演出。
 綺麗な盛り付けの料理が並べられる。
 食事のシーンやショッピングのシーンも撮影される。
 作られた日常…
 でも、同年代の女の子はわたしの生活に夢を持つ。

 撮影が終わって、そのままテレビ局へ。
 髪とメイクだけを直してスタジオへ。
 今日はバラエティの収録。
 でも、わたしはフェミニンなキャラを演じる。
 経営者とか女医とかの人は普通きつめのキャラの人が多いけど、
 わたしの場合は天然でゆるいキャラ。
 天然の部分は地でいけるんだけど。
 まあ、そのキャラが人気となっているんだけど…
 最近、自己主張の激しい人が多いから…
 わたしみたいなのが、かえって新鮮なのかもしれない。
 ひな壇タレントだけでなく、ドラマとかのオファーもあって、レッスンの時間も増えている。
 まあ、紗枝がやれって言うんならなんでもやるけど…
 女はこういうことに関しての度胸は据わっている。

 収録が終わって、テレビ関係者やタレント特にお笑い芸人からの誘いをやんわり断って外にでる。
 こういうのも出会いだけど、軽すぎてダメ。
 足が地についていない感じがする。
 それに、まだスケジュールは詰まっている、あとは接待。
 憂鬱だけど、がんばらなきゃ。
 わたしは紗枝といっしょに車に乗り込み、次の場所に向かった。
 
 
05

 けだるい身体で、後片付けをする。

 全裸のまま、廊下に出て…
 トイレに汚物を捨てに行く…
 深夜の誰もいないオフィス…
 それは、いつもみんなと仕事をしている場所…
 そんなところで、全裸で歩くいやらしいわたし…
 だれもいないけど、ドキドキする。
 トイレまでおしりを振って歩いていく…
 外で露出なんてできないけど、露出気分を楽しんでしまう。
 深夜の牝犬のお散歩…
 それも汚物の入った洗面器を持って…
 
 トイレの前…
 わたしは男子トイレの中に入る…
 キレイに掃除されているけど、女子トイレと違う匂いを感じる…
 男性用の小用の便器…
 そして、わたしは個室の方に入って、トイレに汚物を捨てる・・・
 水を流すとクルクルと渦を巻いて汚物は吸い込まれていく…

 そして、便器にまたがって腰を落とさずに…
 あそこに指を添える…
 そのまま、指を開く…
 わたしの花びらを引きつるくらいに…
 そのまま……
 プシャアアア~ッ!
 おしっこが便器に飛び散る。
 立ったままの放尿。
 恥ずかしい子。
 会社でこんなことをして興奮して…
 アイドル社長とか言われている子がこんなに恥ずかしいマゾだなんて。
 最後の雫が落ちると、わたしはトイレットペーパーをたたんでアソコを拭く。
 
 手を洗うところで、洗面器を洗って部屋に戻る。
 火照った体に下着をつける。
 これが、わたしのストレス解消法。
 誰にもいえない秘密。
 わたしはスーツを着て、片付け忘れがないかどうか確認して部屋を出る。
 セキュリティをセットして、エレベーターで降りて夜の街に飛び出す。
 すれ違う人たちの視線。
 それは、恥ずかしい私を嘲るような視線に思えた。

 
04

 逝った
 あとは排泄を見てもらう。
 机の下からビニールのバケツを取り出す。
 タイルカーペットを汚さないように新聞をひいて、その上に置く。

「あぁ…もう我慢できません。
 排泄させてください」
 おしりを左右に振ってお願いする。

「いいだろう。
 いやらしいマゾの排泄を見てやろう」

「ありがとうございます」
 バケツにまたがるわたし。
 おしりの筋肉を緩めると、シャーとおしっこのように液をバケツに吐き出す。
 それが止むと、おなかの中の汚物がおしりから垂れ下がる。
 それがボトンとバケツに落ちると、また液を吐き出すお尻。

「可愛い顔をして、こんなに汚いものを出すんだ。
 臭いもすごいな」
「あぅ、ごめんなさい、ごめんなさい」
 でも、おしりは便を吐き出し続ける。
 
 屈辱の排泄が終わり、最後の雫がバケツに落ちる。
「ハハハ…相変わらず汚いな。
 かわいい顔をしてこんな汚いものをひりだすんだ」
 バケツを見るとわたしの汚物が茶色い液体の中に浮いたり沈んだりしている。

 やさしくたたんだティッシュでおしりを拭われる。

 わたしは甘えるようにご主人さまを見る。
 ご主人さまはわたしの濡れきったあそこを撫でる。
 亀裂を開くように、おしりを責められて感じてしまうわたし…
 そんな自分が恥ずかしくて、でも胸がドキドキして…
「あぁ…入れてください。
 淫乱でマゾな美樹のあそこに…
 おちんちんを入れてください…」
 いやらしい願望を口にするわたし…
 それも、媚びるように身体をくねらせて…
 おしりを振る…

 イボイボのバイブを取り出す・・・
 それから段のついたお尻用のバイブも…

 前と後ろにバイブを入れる…
 もう緩み切っている2穴は簡単に異物を飲み込んでいく・・・
 そしてスイッチを入れる・・・
 ブーンって音がなって、後ろにいれたものと壁を隔てて擦れる・・・
「あっ……あうぅ……んんんっ……」
 もう声が止まらない…
 鏡にうつるわたし…
 それは涎を垂らして、普段の清楚なアイドル社長とは思えないいやらしい顔…牝犬のように…
 これが本当の私…
 いやらしい私…マゾな私…
 そして、絶頂が訪れ…頭の中が真っ白になった。 

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。